カカ姉ちゃんも一安心

 師走の厳しい寒さがやってきました。
 そんな中ですが、股関節手術をした妹が、3週間ぶりで本日退院いたしました。 完全に痛みが無くなったわけではないので、ちょっと気の弱い妹は不安も抱えているのですが、家に帰って徐々に日常の生活にもどることが大切だそうです。
 前回のブログを見て、私の知人からもメールや電話で「妹さん頑張って」とあたたかい励ましをいただき、ありがとうございました。

 担当医の先生や、看護師さん、いろいろお世話してくださった病院の方々にお礼申しあげます。
 
d0164761_16022430.gif

 私の家と違って妹の家はとても日当たりがいいです。
 そんな暖かい家で、夫婦協力して、あせらないでゆっくり普通の生活に戻ってほしいです。
d0164761_16023829.png



    それがカカ姉ちゃんの願いです。

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-12-11 16:18 | 暮らし

私は ”カカ姉ちゃん”

 あっという間にもう12月です。
 私にとってこの一年の大きなことは、皮下腫瘍摘出手術でしたが、入院も一泊だけという手術としては簡単なものでした。ところが、私の妹は長年の股関節の痛みが相当なものになり、11月21日に手術ということになったのです。

 
d0164761_09193943.png

  入院する時は車イスで病院に」はいりました。









d0164761_09195066.jpg
股関節の手術は人工股関節手術(置換術)ということです。手術室に入ってから出てくるまでの時間は4時間でした。手術の次の日にはもう立つこともでき、今の医学の力はすごいなあと感心しました。リハビリもどんどん進みました。

 二日目は歩行器を使って歩くこともできました。
 





 d0164761_09195923.jpg

四日目くらいからは杖歩行でも、かなりうまく歩けるようになりました。


 でも、リハビリで少し頑張り過ぎたのか、十日くらいが過ぎると痛みが出てきてしまいました。
 妹にとってはかなりショックだったようです。







d0164761_09200746.png



 気持ちが消極的になってきました。




妹と私は1年1ヶ月違いの年子です。
 末っ子の妹はみんなから可愛がられ、少々我儘の所もありました。
 その我儘が可愛いと父はいつもニコニコしていました。
 私も妹が可愛くていつもお姉さんぶっていました。

 今、大変な手術をして、自分が考えていたように快方に向かっていないことが気になっている妹です。妹は夫との二人暮らしなので、我が家が病院に近いということもあって、入院中のお世話は私が買って出ています。
 母が亡くなってから、私は姉と言うよりは母のような気持で妹に接している自分に気がつきました。子供の頃の妹の口癖は「私はお母さんと一緒にいられるのが一番短いのだよ」というものでした。 

 私に比べていい加減さがないので、ついつい先の明るさが見えにくいらしいです。そんな妹に、「いい先生や看護師さんがついていてくれるのだから大丈夫、そんなにすぐにはよくなるわけないでしょ。」「一人で留守番している夫さんもいるでしょ」ついつい母と同じ口調で話しています。

d0164761_09201698.png


  妹に本来の明るさが早く戻ることを願っている「カカ姉ちゃん」です。


  







  
  
 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-12-04 10:09 | 暮らし

私の大事な物「ケイタイ裁縫セット」



 紅葉のたよりや、雪のたよりが一緒に届く季節ですね。
 山が好きだと言っても、私のような軟弱者は厳しい冬山なんかには行けません。
 これからの季節は天気の良い日の里山歩きか、ちょこっとの雪遊びを楽しもうと思っています。
 山に行く時も、旅行に行く時も、いつもお供に連れていく物があります。
 携帯のお裁縫セットです。
 実際に使うことは時たまですが、これを持っていけば安心感が違います。

 中学時代の同級生の仲良しさんは、手芸の達人なんです。
 いろんな物を作っては送ってきてくれます。
 手紙の文面も優しさで一杯ですし、何と言っても字がとてもきれいです。
 いつもしゃれた封筒に、きれいな切手を必ず貼ってくれます。
 そして、こんなステキな「携帯お裁縫セット」を作って送ってくれました。

 
d0164761_08484306.jpg

 早速必要な物をセットしてみました。
d0164761_13113599.jpg

場合によっては、針と糸を使って繕わなければならないこともありますが、ゴムヒモや小さな安全ピンで急場をしのぐこともあります。何はともあれ、私にとってはどこへ行くにも連れていきたい大事な物です。
 「Eちゃん、いつもありがとうね。大事にするよ。」
 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-11-28 13:23 | 暮らし

身延山の紅葉

 11月19日(日)
 3週連続の紅葉追っかけです。
 昨年、身延山であまりにも素晴らしい紅葉を見ることができたので今年も行ってきました。

 ロープウェイで行けば、久遠寺駅から奥之院駅までは7分ですがいつも山道を歩きます。
 登りはハイキング東コース、下山は西コースです。
 山門から歩き始め、久遠寺を拝観して奥之院までは2時間半かかります。

 身延山久遠寺は日蓮宗の総本山ですから、こんな光景が見られます。
d0164761_10170828.jpg
 
 ここは枝垂れ桜で有名な所ですが、寒さの中に冬桜が凛と咲いていました。
d0164761_10171856.jpg

 東コースは常緑樹の林が続いているので紅葉は所々に見えるだけです。
 かなり登って木々の間にこんな富士山が見えてきたら奥之院はもうすぐです。
d0164761_10172715.jpg

 奥ノ院に着けば素晴らしい富士山が待っていてくれました。
d0164761_10173527.jpg

 奥之院を参拝し、南アルプスが見える展望台に行きます。
 北岳、間ノ岳、農鳥岳、悪沢岳が望めました。
d0164761_10174532.jpg
 
 歩いて登る人はほんのわずかですが、ロープウィエ駅からは大勢の観光客が下りてきます。
 駅の展望台から見える富士山も素晴らしい!!
d0164761_10175358.jpg

 西コースを下っていきますが、今年も見事な紅葉を見ることができました。
d0164761_10360490.jpg

d0164761_10361265.jpg

d0164761_10362210.jpg

d0164761_10363554.jpg
 
 今年の秋は本当に「短い秋」でしたね。
 穏やかな秋がなかったような気がします。
 冬支度ができてないのに、急に冬のような寒さが来て慌てています。
 何はともあれ、美しい紅葉巡りができたことに感謝しています。

 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-11-22 10:51 | | Comments(4)

竜ヶ岳(山梨百名山)

 11月12日(日)
 たぶん紅葉は終盤かなと思いながらも、山梨県の竜ヶ岳に行ってきました。
 人気の山なのでいつも大勢の登山者がいます。登山道の混雑を避けたいので、キャンプ場からの登山ルートではなく、本栖湖を眺めながら林道を30分くらい歩き「端足峠(はしたとうげ)・竜ヶ岳登山口」から登ります。
d0164761_13543003.jpg

 残念ながら林道の紅葉も、端足峠までの登山道の紅葉もすでに落葉していましたが、なんとか
名残りの紅葉を見ることができました。
d0164761_13571531.jpg

 端足峠からは素晴らしい富士山を望むことができます。
d0164761_13572409.jpg

 峠から竜ヶ岳に向かっていきますが、4,5人の人に会っただけで、静かさの中を南アルプスや刻々と変わっていく富士山をゆっくりと堪能することができます。
d0164761_13573320.jpg

d0164761_13574355.jpg

 登山道は1枚も葉が残っていないような木々ばかりです。
d0164761_13575164.jpg

 頂上近くまで来ると八ヶ岳が見えてきました。
d0164761_13575921.jpg

 富士山は雲の下に隠れてしまいそうです。
d0164761_14115197.jpg

  2時間半かかって頂上に着いてみると、残念ながら富士山は顔を隠してしまいそうです~
d0164761_14121255.jpg

 キャンプ場からの一般ルートからは、大勢の人が登ってくるので山頂は賑やかです。
 コーヒーを飲んでからキャンプ場までの道を下りますが、登る人とのすれちがいが大変です。
 キャンプ場についてみると、素晴らしい紅葉が待っていてくれました。
d0164761_14124573.jpg
 
 紅葉追っかけのつもりでしたが、残念ながらすでに終盤でした。刻一刻と変わっていく富士山を眺めることができました。

 静岡市清水区で土砂崩れがあり、国道1号線が通行止めというので、国道300号線を通って帰ることにしました。その沿線で見たのは素晴らし過ぎる紅葉でした。本当に見事な紅葉でした。でも、走る車の中から撮った写真にはその素晴らしさを出すことができませんでした。

 
d0164761_14422699.jpg

d0164761_14433497.jpg

d0164761_14434564.jpg

 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-11-14 14:48 | | Comments(8)

八紘嶺

 11月5日(日)
 皮下腫瘍の手術をしたり、雨が多かったこともあって、なかなか山には行けませんでしたが、ようやく2ヶ月ぶりに八紘嶺へ行ってきました。天気予報では晴れ予報だし、紅葉も丁度見頃だろうと思って出かけました。

 梅ヶ島温泉から林道に入ると天気はすっきりとしていません。
 木々の葉は色づいてはいますが、霧がかかってちょっと残念です。
d0164761_13565363.jpg

 八紘嶺登山口の駐車場のカエデは真っ赤ですが、山の上部は霧です。
d0164761_13570028.jpg

 山はかなり色づいているようですが、霧がかかってちょっと残念です。
d0164761_13570961.jpg

 頂上までは霧のベールの中を歩いたことになります。
 頂上近くのこの景色もこんな色合いでした。
d0164761_13571776.jpg

 心配した肩も痛くならず、結構早いタイムで頂上まで登りました。
d0164761_13572827.jpg

 天気はイマイチでも、2ヶ月ぶりにここまで登れて満足でした。
 下り初めてみると、段々と霧が晴れてきたのです。
 頂上から富士見台までは、もうすでに落葉していました。
 登りの時は全くみることができなかった富士山が顔を見せてくれました。(うれしかった!!)
d0164761_13574422.jpg

 富士見台からはルンルン気分で紅葉散策でした。
 霧に洗われた木々の葉が生き生きとしていました。
d0164761_14230437.jpg

d0164761_14231305.jpg

d0164761_14232488.jpg

d0164761_14233257.jpg

 天気もよくなってきたので、安倍峠まで行ってみることにしました。
 残念ながら紅葉はもう終盤でしたが、素晴らしい富士山を見ることができました。 
d0164761_14234365.jpg

d0164761_14235532.jpg
 
 
 安倍峠から大光山への急坂をしばらく登り、平坦な場所に出た所が富士山の絶景スポットです。
 手前の山の紅葉が明るく輝いている時ならもっとよかったのですが。

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-11-07 14:44 | | Comments(6)

ドミノ編みの座布団

 10月も終わりですね。
 大きな台風が続けてきたり、今年は全く異常気象です。
 雨の多い今年の天気に愚痴ばかり言っていましたが、ちょっと寒さも感じるようになり、編み物をしてみたい気分になってきました。編み物と言っても、とりあえずは残り毛糸を利用して小物作りですが。
 
 大好きなドミノ編みで座布団を作ることにしました。
 すべて適当に並太2本取りで35目の作り目でスタートです。
 久しぶりのドミノ編みなので本を引っ張り出して・・・
 モチーフを4枚編めばいいかな?
 ちょっと小さいかな。
d0164761_15120642.jpg

 4枚編みつないで見るとかなり小さいです。
 それなら、かぎ針でぐるぐるフチ編みです。
 使った毛糸の量は150gです。
 雨の音を聞きながら無心で編みました。
d0164761_15121515.jpg

 これでできあがりではないのです。
 洗濯機で3回程洗ってフェルト化させます。(とてもいい風合いになります)
 できれば裏布もつけてみたい。
 とりあえず、私のPC用のイスにセットしてみました。
d0164761_15122318.jpg

 趣味は外でできるものと、室内でできるものがあればいいと聞いたことがあります。
 手芸が苦手だった私に「編み物を習ったら」と言ってくれた母と、懇切丁寧に教えてくれた編み物教室の先生に感謝です。空の星になっている二人を思い出した一日でした。  

 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-10-30 15:36 | 暮らし | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧