転ばないようにね

「転ばないようね」いつも妹との電話の最後はこの言葉です。
股関節の痛みに悩まされている妹は、長い距離を歩くのも大変だし、体をかばって歩くので腰や膝や背中まで痛くなると言います。そんなこんなの今日この頃、骨折した友人や知人が続出してしまいました。
d0164761_09171083.gif
d0164761_09170120.gif

 近所のまだ若い女性は、ママさんバレーで転んで骨折
 友人のSちゃんは、お孫ちゃんと遊んでいる時に、後を振り向いた際に体をひねって骨折
 友人のNさんは、手首を骨折したばかりなのに、またまた大腿骨を骨折
 ある知り合いは、くしゃみをして圧迫骨折

 皆さん松葉杖のお世話になりました。   
d0164761_09171949.gif
私達の年では簡単に骨折してしまうようです。
だからいつも電話の最後は「転ばないようにね」で締めくくります。

転ばない歩き方を考えたり、足の筋力を強くする運動やストレッチをしたりしてはいますが...
食事の内容を考えることも大事ですよね。
野菜たっぷりに、やっぱり肉や魚は大切ですよね。
d0164761_09172723.gif







 そして私は、山歩きでは転ばないように十分気をつけようと肝に銘じています。
 
 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-28 09:50 | 暮らし | Comments(4)

飯盛山 ー長野県南牧村ー

3月18日(土)
 雪がたっぷりある頃の飯盛山には、スノーシュー歩きがしたくて何度か行きましたが、今年は気がつけばもう3月も半ばです。雪とは全く縁のない所に住んでいるので、飯盛山の雪の状態等よくわからないまま、冬の装備もして行ってみました。

 雪が多くて駐車場に入れない時もあったので、まずは駐車場の状態が心配でした。
 でも、雪は全くなしで目の前には素晴らし過ぎる八ヶ岳がデ~ンと迎えてくれました。
d0164761_09083382.jpg

 登山道はまだ雪が残っていましたが、カチカチです。
 凍っている所もありますが、アイゼンなしで歩くことができました。
d0164761_09085116.jpg

雪も融けて道はどろんこ状態の所も多く慎重に歩いていきますが、空は青く八ヶ岳があまりにも美しくて気持ちが高ぶりました。
d0164761_09055864.jpg

前方に飯盛山と富士山が見えてきました。
d0164761_09091125.jpg

以前は頂上で360°の大パノラマを満喫しながら、コーヒータイムでしたが、今はきれいに整備されていて座る所がありません。
d0164761_09092966.jpg

 この素晴らしき八ヶ岳を見ながら下山しますが、凍結している下り道は恐々歩きました。
d0164761_09093807.jpg

 春になればハイカーで賑わう飯盛山もこの日は静かでしたが、春の兆しも感じられました。
 帰りは「黄色の橋(八ヶ岳高原大橋)」を通り、八ヶ岳、南アルプスの絶景を満喫しました。
d0164761_09095572.jpg


 春になる前に、もう一度雪の上を歩いてみたいという思いは叶えられました。
 寒い冬も終わり、いよいよ春本番です。
 いろんなお花たちに会いに行きたいなあ~ 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-22 09:51 | | Comments(4)

マスクケース

だいぶ春めいてきました。
3月も半ばですものね。
暖かくなってうれしいのですが、花粉がたくさん飛んでいます。
大勢の人がマスクをして歩いています。
日常の生活にマスクは切り離せないものになりましたね。
花粉症対策ばかりではなく、あの御嶽山の大噴火から山に行くにもリュックの中には必ずマスクを入れています。

リュックに入れたり、ハンドバックに入れたりするマスクケースがほしいなあと思っていたのですが、グットタイミングでこんな物が妹から送られてきました。
d0164761_16302032.jpg
ミシンの苦手な私には、この妹がいてくれて本当に助かるのです。
妹は、私と違って何でも作れるのです。
裾上げ等もすぐやってくれるちょっと自慢の妹です。

このマスクケースは新聞で見たとかで、すぐ作ったということです。
中にクリアファイルを切って入れてあるので、型崩れ防止と使用済みと未使用のマスクを分けて入れることができます。
d0164761_16303438.jpg
鼻水は、自分の意志とはお構いなしに出てくるのですよね。
本当に助かっています、このマスクケースには。
orchidありがとうね!!
 
 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-15 16:44 | 暮らし | Comments(8)

京都 -南禅寺・禅林寺・知恩院・銅閣寺・伏見稲荷ー

2月26日(日)
京都の二日目、この日も暖かないい天気に恵まれました。

まずはもう一度訪ねてみたいと思っていた南禅寺です。
南禅寺は地下鉄の蹴上駅から10分くらいですね。
南禅寺というより琵琶湖の湖水を京都市へ流すために作られた琵琶湖疏水の水路閣を見たかった。
朝も早かったので、静かな中をゆっくりと散策できました。
水路閣は南禅寺とよく調和しています。 
d0164761_07193876.jpg
次は南禅寺の北側にある永観堂に行きます。
お寺なのに変わった名前だなと思っていましたが、正式名は「禅林寺」です。
永観律師が寺内に薬王院を建て施療所を設け(11世紀後半)、貧しい人達を救ったことから永観堂と言われるようになったそうです。

大きな立派なお寺で、「モミジの永観堂」と言われるほど紅葉が素晴らしいそうです。
紅葉の季節には大勢の観光客で、御本尊の「みかえり阿弥陀」をゆっくりと拝見するのは大変だそうです。この日は、静寂さが漂う境内をゆっくりと歩くことができ、首を左にかしげ、振り向いた姿が優しい「みかえり阿弥陀」を充分に拝見させてもらいました。

     禅林寺のお庭
d0164761_07194743.jpg
  
紅葉の時にはこの多宝堂を真っ赤に染まったカエデが包み込むようです。
d0164761_07195375.jpg
ここからは琵琶湖疏水の脇を通り歩いて知恩院まで行きます。
d0164761_07200343.jpg
知恩院は徳川家とのゆかりが深く、大政奉還150年の今年は、大方丈・小方丈・方丈庭園が特別公開されていました。
d0164761_07201594.jpg
知恩院と言えば「三門」ですね。
d0164761_07202903.jpg
ここから東山界隈をぶらぶら歩いていると、ちょっと変わった建物が目に入ってきました。
この辺りは京都に来るたびに歩いているのですが目に止めたのは初めてです。
金閣寺、銀閣寺があるのなら銅閣寺もと、造ってしまった人がいたのです。
d0164761_07203659.jpg
これを造ったのは帝国ホテル等の創始者の大倉喜八郎で、この塔のような建物は屋根が銅ぶきで「祇園閣」というそうです。大倉邸の別荘地に建てられたということです。が、織田信長、信忠親子の菩提寺である「大雲院」がここに引っ越してきたので、銅閣寺は大雲院の所有になったとか。ここは普段は非公開のお寺なので、あまり知られていないのですね。

大倉喜八郎と言えば、明治28年に大井川上流域の南アルプスの山林を買い取った人ですね。静岡県側の周辺の山域は今も東海フォレストの社有林で、大倉喜八郎はその創業者です。大正15年88才の時に自分の持っている一番高い場所に登ってみたいと言って、何と総勢200人を引き連れて、駕籠に担がれて赤石岳(3121m)に登り、そこで五右衛門風呂に入ったそうです。今も赤石岳に登るには「大倉尾根コース」がありますね。

二寧坂もぶらぶら歩きました。ここはやっぱり京都らしいですね。
d0164761_07204727.jpg
そして、最後は外国人に大人気の伏見稲荷です。
本当に外国人が多くてびっくりでした。
d0164761_07205666.jpg
2008年には、伏見稲荷大社からたしか2時間近く山の中を歩いて東福寺まで行ったので、
今回は千本鳥居の入口までです。
d0164761_07210505.jpg
伏見稲荷の参道のお店で”おいなりさん”を食べて京都駅に向かい、帰路につきました。
今回もよく歩きました。
今までの冬の京都と違って、早春の京都の旅でした。
何度訪れても楽しむことができるのが京都の魅力でしょうか。


[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-08 14:52 | おでかけ | Comments(8)

京都 -北野天満宮・二条城ー

2月25日(土)
午前中は嵐山を歩きましたが、午後は北野天満宮と二条城に行ってきました。

嵐電嵐山駅付近はとにかくすごい人出です。
そんな賑わいの中でも、「友禅」を用いたポール約600本が飾ってあり、京都らしいさがありました。
d0164761_13343586.jpg
嵐電は今まで経験したことがないような超満員で、息も普通にはできない感じでした。
「北野白梅町」で下車、またまた人混みをかき分けて天満宮へ。
京都に来れば必ず寄っていた天満宮ですがこの人出は初体験でした。
d0164761_13344290.jpg
天満宮と言えば「牛」ですね。皆さん”なでなで”していました。
梅の花も満開でした。
d0164761_13345131.jpg
天満宮を何とか脱出(?)して、お茶屋などの風情のある「上七軒」を通り、今出川通りに出てバスを待ちましたが、バスを待っている人達が長い列を作っています。とても乗れそうにない。そこへ運よくタクシーが走ってきて、思わず手を上げ乗ることができました。

次は大政奉還から150年、その舞台となった二条城です。
何度か訪れた場所ですが、150年という節目なので是非寄ってみたかった。

豪華絢爛の唐門とその向う側は二の丸御殿です。
d0164761_13350543.jpg
唐門の豪華さには本当に驚かされました。
d0164761_13352385.jpg
今回は特別公開されている二の丸御殿の中庭(御殿の裏側)を見ることができました。
この大きな木は、時代の移り変わりをじっと見ていたでしょうね。
d0164761_14551475.jpg
もちろん、御殿の内部も拝見しました。
最後の将軍徳川慶喜が大政奉還を表明した大広間を見た時は、慶喜はどんな気持ちだったろうかとか思いました。維新後、慶喜(ケーキ様)は静岡市に住んだのですから、私達静岡市民にとっては親しみのある人なんです。屋敷跡は今は静岡随一の名園「浮月楼」で、立派な料亭です。

この日の宿は二条城から歩いて行ける場所です。その途中の住宅街の中に、金色の鳥居の神社があるのです。強力な金運上昇のパワースポットとかで賑わっているのです。御金(みかね)神社です。
d0164761_14552815.jpg
京都の旅の一日目が終わりました。
二日目の京都散策は次回アップします。

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-04 15:53 | Comments(4)

京都 ー嵐山を歩くー

2月25日(土)晴れ
静岡発6時7分の新幹線に乗れば7時56分には京都に着いてしまいます。
京都駅からJR山陰線で嵯峨嵐山までは15分です。(乗換口では切符の取り忘れにご用心)

まずは大覚寺まで歩きます。
大覚寺は初めて訪ねたお寺ですが、その規模の大きさと美しさにはびっくりしました。
平安初期に嵯峨天皇の離宮として建立されたので1200年以上たっているわけです。
いけばな発祥の花の寺でもあるそうです。

     大覚寺 正寝殿
d0164761_11095355.jpg
   襖絵が見事でした。
d0164761_11100067.jpg
   動物が可愛く描かれています。
d0164761_11100702.jpg
     境内の東にある大沢池は日本最古の人工池だそうです。
     この池に船を浮かべて「観月の夕べ」を楽しまれたようです。
d0164761_11101670.jpg
 次は、春を思わせるようなぽかぽか陽気の中を清涼寺まで歩きます。
 「嵯峨の釈迦堂」の名で知られているそうです。

    清凉寺の仁王門
d0164761_11333781.jpg
   清凉寺の多宝塔 境内は梅の花が満開でした。
d0164761_11334589.jpg
 嵐山で有名なお寺と言えば、世界遺産の天龍寺ですね。
 天龍寺には2008年2月24日に訪れたことがあります。
 とても寒い日で雪が降っていました。
 滅多に見ることのできない「雪の金閣寺」も見ることができましたが、天龍寺に着いた時には雪は更に激しく降っていて、その寒さは相当なものでした。どういうわけだったのか、この時は参拝することができなかったのです。

  2008年2月24日 降りしきる雪の中の天龍寺   
d0164761_16380830.jpg
あの時のことを思えば、今年は春の京都を楽しんでいるみたいです。
天龍寺の庭園は素晴らしかった!!
     2017.2.25
d0164761_11340459.jpg


d0164761_11341760.jpg
 うれしいことに福寿草の花が咲いていました。
d0164761_11343028.jpg
 天龍寺の北門から竹林を通って「大河内庭園」に行きます。
 この竹林も2008年には雪を被り、歩く人もなく静かでした。
 今は外国の観光客で賑わっています。日本に来てくれる外国人が多くてうれしいことですね。
d0164761_19004405.jpg
かつての時代劇の名俳優の大河内傳次郎が30年をかけてこつこつと創りあげた庭園です。
昔の俳優さんてすごい力があったのですね。
京都の町が一望できる小高い山に四季折々の木々や花々を植え、茶室や持仏堂があり、個人が作った庭園とはとても思いない。
d0164761_19005514.jpg

d0164761_19010720.jpg
 大河内山荘は入山料金が1000円(抹茶、お菓子付き)で、鑑賞する人はちょっと少なかったですね。
 
 保津川(大堰川(おおいがわ))下りの屋形船を見ながら、渡月橋まで歩いて行きます。
d0164761_19394463.jpg

d0164761_19395928.jpg
 渡月橋を眺めることのできるレストランで昼食です。やっと午前の部が終わりました。
 
 この後は、北野天満宮と二条城です。(次回アップします)



 
 

[PR]
# by miyamayoshi | 2017-03-01 19:46 | おでかけ | Comments(4)

京都に行ってきました

2月25日(土)、26日(日) 京都に行ってきました。

 2007年から2013年まで冬の京都に続けて行っていましたが、昨年と一昨年は都合で行けませんでした。冬の京都は凛とした寒さの中に趣があり、何と言っても静かでゆっくり散策できるし、旅行費も安いのが魅力でした。
 今回は、どこへ行ってもびっくりするくらいの大賑わいで、春を思わせるぽかぽか陽気の中を足早やに歩きました。

静かな散策路のイメージの竹林は外国人で賑わっていました。
d0164761_08560720.jpg
2月25日は北野天満宮の「梅花祭」で、その混みようはすごかった!!
d0164761_08561841.jpg
南禅寺の「水路閣」を再度訪ねてみました。ここは静かでした。
d0164761_08563591.jpg
詳細はゆっくり投稿していこうと思います。


[PR]
# by miyamayoshi | 2017-02-28 09:07 | おでかけ

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧