カテゴリ:おでかけ( 151 )

天皇誕生日一般参賀

 12月23日
 天皇陛下の84歳のお誕生日に皇居に行ってきました。
 「天皇b誕生日一般参賀と師走で賑わう浅草・築地場外市場」というJRのツアーのちらしを見て、一度は皇居の中を見学させていただきたいと思っていたので、早速申込みをして仲良しさんと行ってきました。

 静岡発7時3分の新幹線で出発、9時には手荷物検査やボディーチェックを受け、長い長い列に並びはじめました。とにかく大勢の人です。
d0164761_10321852.jpg

 9時半頃になると、列の先頭にいた人達が二重橋を渡り始めました。
d0164761_10323098.jpg

 警備も厳重です。その中に何と警察犬もじっと座っているのです。
d0164761_10324356.jpg

 先頭集団が皇居の正門に入るのが見えます。私達はまだまだ後方に並んでいます。
d0164761_10325310.jpg

 私達もやっと皇居内に入ることができ、その広さ、美しさ、厳かさはやっぱりすごいものです。
d0164761_10330390.jpg

 私が写真を撮ることができたのはここまでで、宮廷東庭の参賀会場は人、人、人で身動きができません。「押さないでください」という声があちこちから聞こえます。気分が悪くなって救護所に運ばれる人もいます。10時20分に天皇陛下、皇后陛下、皇太子様、雅子様、秋篠宮様、紀子様、眞子様がお出ましになられました。一斉にスマホが高く上げられて、前は何も見えないのです。見えるのは前の人達の頭ばかりです。ここまで来て何も見えないとは残念なので、何とか前方へ移動して2回目(11時)のおでましを待ちました。待った甲斐があり、今度はほんのちらっとですが天皇陛下、美智子様、皇族の皆様にお会いすることができました。それはそれは感激でした。

 参賀を終え、戦い済んで日が暮れてのような感じで、皇居を後に歩いて行く人達です。
d0164761_10331665.jpg

 皇居を後に今何かと話題の築地市場に行きました。
 一般の人が利用できる場外市場は大賑わいで、お寿司を食べてきました。
d0164761_10332911.jpg

  お腹が一杯になった所で浅草に行きましたが、ここも人、人、人でした。
  浅草は何度も来たところなので喫茶店に入り外の雑踏を眺めていました。
d0164761_16105717.jpg

 東京駅に着いた頃には辺りは真っ暗になっていました。新幹線の出発時間までは、日本郵便のビル「KITTE」の中に作られた、本物のモミの木で作った屋内では日本最大級の白銀のクリスマスツリーを見ました。
d0164761_16112040.jpg

  この白銀のツリーがこんなステキな色に変わります。
d0164761_16113511.jpg
      
d0164761_16114588.jpg
 
 一般参賀では感激し、師走で大賑わいの築地・浅草を散策し、きれいなクリスマスツリーを見ることができ、本当にいい1日でした。皇居一般参賀も一度経験するのもいいことだと思います。中には毎年来ている方もいるようですし、外国の方も大勢いらしていました。年の瀬にいい体験をしてきました。


  
 

[PR]
by miyamayoshi | 2017-12-26 16:32 | おでかけ | Comments(4)

江の島・鎌倉

 12月10日(日)
 江の島・鎌倉を散策してきました。
 まだまだ紅葉が楽しめるということで、12月の鎌倉行きは今年で3回目です。

 江の島大橋を歩いて行くと青銅の鳥居が見えてきます。ここが江の島の玄関口です。
d0164761_08333338.jpg

  江の島には三つの神社がありますが、どの神社も華やかさがあります。
d0164761_08334628.jpg

 ここから見える富士山は、私がいつも見ている富士山の後側になり雪がたっぷりついています。
d0164761_08335550.jpg

 江の島からの海の景色は素晴らしい!! この断崖絶壁はすごいですね。
d0164761_08340345.jpg

 上の写真の釣り人をズームにすると・・・ よくこんな場所でと思います。
d0164761_08341042.jpg

  江の島の中はこんな小路を歩いて行きます。
d0164761_08341765.jpg

 江の島散策を終え、江の島大橋から望む海と富士山を見納めて、鎌倉に向かいます。
d0164761_08342507.jpg

 江ノ電で鎌倉駅で下車、本覚寺です。
d0164761_08343751.jpg

   妙本寺の二天門 
d0164761_09405745.jpg


 妙本寺の紅葉は本当に素晴らしかった。
d0164761_08592731.jpg

d0164761_08593528.jpg

d0164761_08594440.jpg

 ぼたもち寺(常栄寺)はひっそりとしていました。
 幕府を批判して捕えられた日蓮が刑場にいく途中、尼さんがぼたもちを捧げたという伝説があるそうです。
d0164761_08595837.jpg

  かなり傾斜のある山道を20分程登り、祇園山展望台まで行きます。
  富士山も何とか見えましたが、写真にはうまく撮れませんでした。

  安養院には北条政子の墓がありました。
  政子の墓は何か所もあるのですね。
d0164761_09000826.jpg

 境内には樹齢700年の槇の木があり、時代の変遷をじっと見守っていたことでしょうね。 
d0164761_09001852.jpg

 12月になって、厳しい寒さが日本列島を包んでいますが、この日は暖かくて散策しやすかったです。早朝の江の島観光だったので、静かな江の島をゆっくり散策できました。鎌倉の寺院散策は、あまり知られていない所で、拝観もできないから外観を見ただけでした。12月でもこんなに素晴らしい紅葉を見ることができる鎌倉でした。

 

[PR]
by miyamayoshi | 2017-12-17 09:32 | おでかけ | Comments(6)

雁堤(かりがねつつみ)のコスモス 富士市

 10月1日(日)
 皮下腫瘍の手術をしたばかりですが、爽やかな秋の風に揺れるコスモスを見たくて、かりがね堤を少しだけ散策してきました。花の咲き具合は、5~6分咲きでした。

   愛鷹山をバックに、プランターに植えられたコスモスが長く続いています。
d0164761_13571133.jpg

     この日は富士山がお休みで残念でした。
d0164761_13572161.jpg

   コスモスと言ったらやっぱりこの色がいいね。
d0164761_13572891.jpg

     美しい秋の空の下ではコスモスが一段と映えますね。
d0164761_13573669.jpg

[PR]
by miyamayoshi | 2017-10-04 14:08 | おでかけ

潮騒橋(掛川市)・御前崎海岸

 台風18号は日本列島を大混乱させましたね。
 私の地域では被害はなかったものの、お祭りがスムーズにできず、役員さん達の気苦労は大変なもののようでした。気温もかなり下がったり、真夏のような暑さが戻ったりと大変でした。

 家の周りでは彼岸花が咲き始めたので、遠州森町の彼岸花群生地に行ってみようと思い立ち出かけてみました。ところが、ちらほらと咲いているだけです。写真を撮る気にもなりませんでした。それなら「潮騒橋を見に行こう」ということになりました。

    車の窓からはきれいな茶畑が見えます。
d0164761_15035187.jpg

  「潮騒橋」は菊川の河口にかかる自転車と歩行者の専用道路橋です。
d0164761_15040154.jpg

   逆アーチのこの形、ステキですよね。
d0164761_15041158.jpg

   ここは遠州灘、風の強さは半端ではなかったけれど、砂丘が美しかった。
d0164761_15042138.jpg

   海岸に沿って伸びるこの道路は太平洋自転車道の「浜松御前崎自転車道」です。
d0164761_15042982.jpg

   御前崎海岸に寄ってみました。
   台風が通過したばかりなので、波はかなり高く風は軽量の私は飛ばされるほどでした。
   でも、富士山がこんなに大きく見えるなんて...感激です。
d0164761_15043883.jpg
 
  台風通過後なので、サーファーのいない海は静かでした。
d0164761_15044535.jpg

       かなり秋めいてきました。
       でも、夏に戻る日もありますね。
       体調を崩し易い時かもしれません。
       皆様どうぞご自愛くださいませ。
    
    


[PR]
by miyamayoshi | 2017-09-20 15:41 | おでかけ | Comments(4)

法隆寺・中宮寺

 6月18日(日)
 昨日は宿坊「恵光院」で静かでゆっくりとした眠りにつくことができ、高野山巡りの疲れもなく、気持のよい目覚めでした。6時半からの朝の勤行と7時からの護摩祈祷に参加してから、朝食をいただきました。

           朝食です。
d0164761_13534791.jpg

 昨日と違ってちょっと曇っていますが、雨の心配はなさそうです。
 静岡市から高野山まで車で来ましたが、新東名ーー伊勢湾自動車道ーー東名阪自動車道ーー名阪国道25号線ーー西名阪自動車道ーー京奈和自動車道24号線ーー370号線ーー480号線と走ってきました。帰り道はその逆になるわけです。
 とにかくよく調べてくれた夫にありがとうです。いろいろ検索中に夫は西名阪自動車道に法隆寺ICがあることに気がついたのです。そこで帰りは法隆寺に寄ることになりました。

       法隆寺の南大門   (法隆寺の駐車場までは宿坊から2時間弱かかりました)
d0164761_13535680.jpg

 法隆寺は、日本で最初の世界文化遺産になった所です。世界最古の木造建築物で、聖徳太子と推古天皇によって607年に建立された寺院というのですから1400年の歴史があるのですね。私は法隆寺を訪れるのは3回目ですが、始めて来たような気持になりました。この日は一般の観光客は少なかったのですが、修学旅行の中学生が大勢いました。

      五重の塔と金堂 
d0164761_13540441.jpg
       

       大講堂 
d0164761_13541274.jpg

西院伽藍を見学して夢殿のある東院伽藍に向かいますが、ぐるっと周りを土塀が囲んでいます。
d0164761_13544552.jpg

 夢殿 739年に聖徳太子を供養するために建てられた八角円堂の建物は、人を惹きつけますね。
    夢殿という名前も優しさがあり、躍動するような形は素晴らしいですね。
d0164761_13542413.jpg

 法隆寺と切っても切れない聖徳太子ですが、最近教科書では「廐戸皇子(うまやとのみこ)」と書かれているとか聞きました。聖徳太子という名は死後につけられた名前だそうですね。聖徳太子のお母さんが馬屋の前で産気づき、そこで出産したからという逸話があるそうですが、キリスト教みたいですよね。

 夢殿を見学してから、そろそろ駐車場に戻ろうかにと思っていると、そのすぐそばに(法隆寺の敷地内かと思える所)、中宮寺の案内板があるではありませんか。実は以前からここへ行きたいと思っていたのです。あの「半跏思惟像」を見てみたかったのです。と、いうわけで「中宮寺」に寄ってみました。

 中宮寺の拝観料は、法隆寺参拝者は100円安くて500円です。ちなみに法隆寺は1500円でした。少々お高いと思いましたが、あの広い敷地の管理等やっぱりお金がかかるのでしょうね。

      中宮寺本堂 (尼寺なので優しい感じのお寺です)
d0164761_13550002.jpg

 私が見たいと思っていた半跏思惟像ですが、興福寺にも同じものがありますね。
 この中宮寺の半跏思惟像は「本尊菩薩半跏像(如意輪観音菩薩[国宝]」で、飛鳥時代後期の作だそうです。

 この国宝の菩薩半跏像は「古典的微笑(アルカイックスマイル)」と言われ、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれております。

 写真撮影はできないので、中宮寺のHPからお借りしました。
d0164761_13552266.jpg

d0164761_16301244.jpg

 
約2時間で法隆寺と中宮寺を見学し、昼食を摂り帰宅の途につきました。
静岡県に入った頃から雨がポツポツと降ってきました。
でも、この雨は家に帰ってからプランターの花等の水やりを免除してくれてありがたかったです。
自宅着は 16:40 でした。
 
 

[PR]
by miyamayoshi | 2017-06-25 16:32 | おでかけ | Comments(6)

高野山に行ってきました

 今年の梅雨は少雨で、各地では取水制限等が行われていますが、昨日はようやく梅雨らしい天気になってきたかと思えば、梅雨というよりは台風のような強風と大雨の一日でした。
 雨が降らなくては困ることがたくさんありますが、旅行等を計画している時は、やっぱり晴れてくれることを望みますね。

 6月17日(土) 晴れ
 高野山に行ってきました。
 中学生の頃に社会科の勉強で、最澄は比叡山に延暦寺、空海は高野山に金剛峯寺、なんて暗記したことがあります。信仰心の薄い私ですから、仏教の聖地に行って何かを悟ってきましょうというような立派な気持ちではないのですが、一昨年に比叡山に行ったので、今度は是非とも高野山に行ってみたいと思っていました。
 自宅から高野山までは360キロ、休憩を入れて6時間かかって車で行ってきました。

 家を午前3時に出発して、この日宿泊する宿坊の「恵光院」に9時に着きました。
 外国人観光客がとても多いのには驚きました。宿坊にも大勢が泊まっていました。
d0164761_13263488.jpg

高野山は標高約1000mの山々が囲む山上の盆地に開かれた宗教都市です。
広大な高野山ですから見学場所は多々ありますが、主だった所を見学してきました。
   金剛三昧院 (北条政子が頼朝の菩提を弔うために建立)
      多宝堂 1223年建立 高野山で現存する最も古い建立物(国宝)
d0164761_13264359.jpg

     六本杉(樹齢500年) 圧倒されました。
d0164761_13265242.jpg

     金剛峰寺(高野山真言宗総本山)
d0164761_13270358.jpg

    大玄関(左)と小玄関
    屋根の上には木製の大きな樽が置かれている。火事の際には屋根に水をまき類焼を防ぐ。
d0164761_13271749.jpg

   お庭もきれいです。
d0164761_13273711.jpg

 金剛峰寺ではお茶とお菓子がいただきながら、お坊さんが弘法大師のお話をしてくださいます。
 豊臣秀吉に追放され、高野山に来た秀次が自刃した「柳の間」もあります。
 金剛峰寺をゆっくり見学してから次に向かいます。

 標高が1000m近いので季節の移ろいが少し遅れていて、新緑が美しい道を歩きました。
d0164761_13275233.jpg

  こんな道を歩くと心が癒されます。白装束でお参りの人もいます。
d0164761_13280454.jpg
 
 高野山のシンボルの朱塗りの根本大塔がそびえる 壇上伽藍 圧巻です。
d0164761_13281431.jpg

  2015年の高野山開創1200年を記念して170年ぶりに再建さされた 中門 
d0164761_13282679.jpg

 とにかく広大です。そして山の上があんなに平で広いとは驚きでした。
 朱塗りの巨大な建築物は寺院と言うよりは神社のように感じました。
 よく予習をしていけば、理解できたことがもっと多かったかもしれません。
 6月とは思えない晴天の中で、じわじわと湧き上がる感動を覚えました。

そして、午後はいよいよ奥ノ院です。
樹齢数百年の杉木立に包まれた聖域には、今も弘法大師様が生きているという大師信仰の中心地。
奥ノ院に向かう参道は約2Kmです。
参道沿いには戦国武将や歴史的に有名な人の供養塔や墓が並んでいます。

d0164761_14424195.jpg
 
 織田信長の墓所  (遺骨が埋葬されているのではないから供養塔ですね)
d0164761_16185171.jpg


 上杉謙信、武田信玄、石田光成、明智光秀、伊達正宗等々...
 とにかくすごい数です。20万とか言われています。
 そして、どれもびっくりするくらい大きいのです。
 有名な会社や芸能人の墓もたくさんありました。
 でも、御墓巡りばかりではちょっと辛いです。
 こんなかわいい地蔵さんも並んでいました。

       仲良し地蔵
d0164761_16190375.jpg

 ここは弘法大師様がまだ生きていらっしゃる聖域ということで、信仰心の篤い人は熱心にお参りしていました。雨の日も風の日も一年中毎日2回お食事を運んでいるそうです。

 さて、この日の宿は恵光院の宿坊です。静かでお庭の眺めもよく、清潔でお坊さんたちも親切でゆっくりと泊まることができました。気になる食事ですが精進料理です。お酒等も飲むことができます。味もよく私には量もちょうどよかったです。ご飯はかなりたくさん出してくれますから、若い人でも大丈夫でしょう。

 標高の高い所です。6月でも厚い羽毛布団でぐっすりと寝ることができました。

             夕食です。 一の膳と二の膳です。
d0164761_16192588.jpg

d0164761_16191434.jpg



 


[PR]
by miyamayoshi | 2017-06-22 16:44 | おでかけ | Comments(8)

バス旅行(三島スカイウォークと箱根大涌谷)

 5月28日(日) 
 わが町の恒例の婦人部バス旅行です。行先は三島と箱根なので、バス旅行としては近場です。出発時間も8時とやや遅いので、朝の忙しい主婦集団にはうれしいことでした。

 まず、全長400mの三島大吊橋です。
 空を歩いているようだと言うことで「三島スカイウォーク」と言う名が選ばれたそうです。
 ここには三つの日本一があります。
 まず、歩行者専用としては日本最長(400m)の吊り橋で、日本一の富士山と日本で最も深い駿河湾(水深2500m)を望むことができます。

 と、言っても富士山はそうそうお顔を出してはくれません。この日は残念ながらお休みでした。
 駐車場には、かなり遠くからの車やバスが置かれていましたから、私達静岡県人と違って残念度は相当なものだと思います。
d0164761_09183832.jpg

 立派な吊り橋でも、少しは揺れるし足もとを見れば70m下が見えるので高所恐怖症の人は大変でしょうね。 天気が良ければこんなふうに見えるのです。(三島スカイウォークのHPから)
d0164761_09495179.jpg


 婦人部のバス旅行と言えば、何と言ってもお土産売り場を隈なく見ることです。
 ここには「花が降るショップ」 スカイガーデンがあります。
 天井を埋め尽くす花のシャンデリアは素晴らしかったです。
d0164761_09184798.jpg

 次に、バスは芦ノ湖に向かって走って行きます。
 富士屋ホテルチェーンの「箱根ホテル」 でランチバイキングです。
 このバイキングは主婦にとっては重要な楽しみの一つですね。芦ノ湖が望めるホテルもステキだったし、お料理は本当に美味しくて、皆さんちょっと食べ過ぎのようでした。

 ホテルから元箱根港まではバスで、そこから桃源台までは海賊船です。
 海賊船は外国からの観光客で超満員でした。
d0164761_09185790.jpg

 船から下りて、またバスで箱根ロープウェイ駅の早雲山までです。
 2015年5月から立入禁止になっていた大涌谷ですが、2016年7月から一部エリアを除いて規制解除になり、早雲山から大涌谷まではロープウィエです。 

 ロープウィエから見える白煙が立ち込める景観に緊張しました。
 とにかくすごいです。あちこちから噴煙が上がっているのです。
 世界でもこんな景観は見られないということで、外国からの観光客の多さにもびっくりでした。
d0164761_09190844.jpg

 硫黄の匂いもきつかったですね。
 黒卵を買う人の列の長さもすごかった!!
 この卵を食べれば7年は延命だそうですよ。(卵は食べたけれど、写真は撮り忘れ)
d0164761_09191563.jpg

 わが町の婦人部のバス旅行は私が嫁に来る前から続いているようです。
 近くにいても、普段はなかなか会う機会がないご近所さんとの楽しいバスの旅でした。
 とにかくおしゃべりとお土産買いが忙しくて、写真を撮るのを忘れるほどでした。
 みんな7年は命の保証があるから、これから7年間はバス旅行は続くよ。(平均年齢〇〇才)
 あっ、そうそう私は来年は幹事のようです。
 来年はどこへ行くのでしょうか?(今から考えないと・・・)

[PR]
by miyamayoshi | 2017-05-31 11:00 | おでかけ | Comments(6)

熊野(ゆや)の長藤・西光寺(静岡県磐田市)

 5月8日(月)
 今年のゴールデンウィークは、お天気にも恵まれましたね。
 藤の花やツツジの花の観賞に行った方も多かったと思います。
 藤と言えば、磐田市の熊野(ゆや)の長藤は有名で、その見頃もゴールデンウィーク中というので、大勢の人達で賑わったようです。
 先日、一緒に桜散策をした親友が、今度は「熊野の長藤に行きたい」と・・・
 さてさて、「連休中は激混みだから、連休明けならOKだよ」
「だけど、花はかなり終盤だと思うよ」と、伝えると「それでもいいよ、行きたい」と。
 と、言うわけで行ってきました。

 思っていたように、花は終盤を迎えていましたが、まだ見に来ている人もかなりいて、それなりに楽しむことができました。
 
d0164761_14145236.jpg

d0164761_14150163.jpg
 
 白藤だけは丁度見頃で素晴らしかった!!
d0164761_14144085.jpg
 
 実は、私の人生の大先輩の「ぽちさん」が4月28日に行っていらして、素晴らしい写真や、熊野の長藤の説明を丁寧にされているブログがあります。どうぞご覧ください。   せっかく磐田市まで来たのだから、神社仏閣が大好きな親友を、どうしても連れて行きたいお寺がありました。何年か前に訪れて、また訪ねてみたいと思っていたお寺は「西光寺」といいます。

 1280年前後に、踊り念仏で有名な一遍上人によって開山されたといいますが、現在、縁結び・恋愛成就パワースポットとして、かなり有名のようです。また、本堂の中にある「日限地蔵」も訪れる人が多いようです。

 パワースポットがどうのと言うよりは、拝観料なしで、お寺の中を自由に見学でき、しかも、「どうぞごゆっくりしていってください」と座布団を置いてくださってあり、とても優しい寺院なのです。

 この立派な表門は家康が磐田市中泉地区に築いた「中泉御殿」の大手門を移築したものです。 
d0164761_14151011.jpg
  

そして、この大楠が縁結びのパワースポットだそうです。
私達も「縁結びのお参り順路」のとおりにやってみました。
実は、縁結びだけでなく、縁切りの場合は逆にするそうです。
世の中、縁を結びたい人ばかりではないのですね。
d0164761_14151840.jpg

 樹齢500年というこの大楠はとにかく大きいです。
d0164761_14152715.jpg

 お庭もきれいに手入れされていました。
d0164761_14153615.jpg

 私の説明ではこのお寺のよさを充分に伝えられませんが、優しく迎えてくださる寺院です。

 お寺からいただいたパンフレットによれば
 パワースポットとは、願いを叶える場所と言うより、「明日また、自分を信じてがんばってごらん」・・・と。そっと背中をおしてくれるところだと信じています。生きる苦しみ、心の寂しさにたまらなくなった時は、一年中開放されたお寺、西光寺の仏さまに会いに来てくださいね。と書かれていました。
 

[PR]
by miyamayoshi | 2017-05-12 15:05 | おでかけ | Comments(6)

満開の桜の下で!!

 ようやく桜が満開になりました。
 それにしてもよく雨が降りましたね。
 小学校1年生からの大親友と「雨が降っても一緒に桜を見に行こうね」と約束をしていました。
 私達にとって、今年は記念すべき年なんです。(巷では古希と言うらしいです)
 その桜の下で、どうしても二人並んで写真が撮りたかったのです。
 成人式の時も還暦の時も、二人で並んで撮った写真があるのです。
 と言うわけで、4月10日(月)に富士市の公園の桜見物に行ってきました。
 雨は降らなかったものの、青空ではなかったのが残念でした。

 前日の日曜日には大賑わいだった広見公園ですが、この日は静かにゆっくりと桜を愛でることができました。桜は正に満開で素晴らしいお花見ができました。

   舞い散る桜の花びらを見上げるHちゃん。
d0164761_07173435.jpg

  この素晴らしい景色の中で〇〇のお祝いの記念写真です。
d0164761_07174586.jpg

 広見公園には歴史的建造物がたくさん紹介されていますが、その中の一つの「眺峰館」です。
d0164761_07175562.jpg

        この公園にはいい香りがするジャコウスイセンが咲いています。                 
d0164761_07180561.jpg

            馬酔木(アセビ)も満開でした。 
d0164761_07181564.jpg

 次に岩本山公園です。平日でもお花見をする人で賑わっていました。 
d0164761_07182320.jpg

お花見しながらお弁当を食べている仲良しさん。
d0164761_07183557.jpg

 芝桜もきれいに咲いていました。
d0164761_07184460.jpg
 
 最後はかりがね堤です。
 ようやく富士山が顔を出してくれて待望の写真が撮れました。
d0164761_07185458.jpg

運転手とカメラマンを引き受けてくれた夫が、最後に案内してくれたかりがね堤はこの素晴らしさ!!
d0164761_07190448.jpg

 最後には富士山も私達を祝ってくれるかのように顔を出してくれてラッキーでした。
 こういう形で古希の祝いができたことに感謝しています。
 Hちゃん、これからもずっとずっとよろしくね。
 Yさん、いつもありがとうね。

[PR]
by miyamayoshi | 2017-04-12 10:03 | おでかけ | Comments(6)

身延山のしだれ桜

 4月2日(日)
 今年は桜の開花がとても遅いですね。
 わが静岡市は例年なら3月中には満開になるのですが、今年は昨日ようやく開花宣言が出たところです。でも、入学式にはきっといい写真が撮れるね。
 毎年桜の追っかけを楽しみにしているけれど、どこも開花が遅れているということで熱が入らず、昨日やっと身延山に行ってきました。身延山と言えば、枝垂れ桜ですね。
 身延山の桜もいつもは3月の末が見頃になるのですが、今年はやっぱり大分遅れていました。

 9時からは車の規制があるので、早朝に家を出て7時からの桜散策でした。
 前日は雨で、やっと雨は上がったものの陽がうすく、よい写真が撮れませんでした。

 久遠寺境内の枝垂れ桜は5、6分咲きでした。
d0164761_14395536.jpg

d0164761_14403075.jpg

d0164761_14403965.jpg

 久遠寺の西側の西谷地区の宿坊にはたくさんの桜が咲いていてカメラマンで賑わっています。
d0164761_14403333.jpg

d0164761_14404772.jpg

d0164761_14405733.jpg

d0164761_14411065.jpg

「三福団子」を焼いているお兄さんが振る舞ってくれた「桜花びら茶」がとっても美味しかった。
d0164761_14414786.jpg


西谷地区の桜を上から望むと...
d0164761_14412925.jpg
 

[PR]
by miyamayoshi | 2017-04-03 15:08 | おでかけ | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧