タグ:ヤマバト ( 19 ) タグの人気記事

もうすぐだね...

 昨日は雨の冷たい日だったので、我が家でストーブを使い始めました。
 ラジオから「冬が始まるよ」の歌声も聞こえてきました。
 もうすぐ冬ですね。
 寒いのはしかたないけれど、ほっこりと暖かくなるようなことがたくさんありますように...
 でも、世の中は衆議院の解散でほっこりという気分ではないですね。

 我が家で産まれたヤマバトの2羽のヒナちゃんは順調に大きくなりました。
 孵ってから2週間ですから、もうすぐ巣立ちとなります。
 親子の絆の強さを毎日見せてもらってほっこりとさせてもらいました。
 巣立つ時を見ることができるかわからないので、今日は記念写真を撮りました。

 きっと寒いよ、きっとエサも少ないよ、でもきっと頑張れるよね。
d0164761_163515.jpg

[PR]
by miyamayoshi | 2014-11-21 16:38 | 暮らし

ヤマバトの親子

 暑いような日あり、冷え込む日あり、雨が降る日ありで、秋の天気は何か(誰か)に似ているようです。
 そんな天候の中でも、自然界の生き物はじっと耐えて命を守っています。
 我が家で産まれたヤマバトのヒナちゃん2羽は順調に育っています。
 親がエサをやっている所をなんとか撮ることができました。

d0164761_827324.jpg

 これからが安心できないところで、いつ何が起こるかわからないのが自然界です。
 ただそっと見守ってやるだけです。


 いつ何が起こるかわからないのは私達も同じですね。
 一昨日、私はスーパーでかなり大量の買い物をして、その荷物をカートに積んで駐車場まで来る時のことでした。その駐車場は店から道路を隔てた所にあるのです。その道路はボコボコしていて段差があるので、気をつけてはいたのですが、あっと言う間にカートと私はぶっ倒れてしまったのです。
 痛かったけれどちょっと恥ずかしいし、涼しい顔で起き上がって散乱した荷物を拾っていると、近くにいたガードマンさんが手伝って拾ってくれました。「ありがとうございます」と言うのが精一杯でした。
 怪我もなくてよかったのですが、いつ何が起こるのかわからないものですね。
 皆さんも気をつけてくださいね。
[PR]
by miyamayoshi | 2014-11-12 08:49 | 暮らし | Comments(10)

段々...

 今年も紅葉と富士山を追っかけては、その素晴らしさに感激しておりますが、最近になって身体にいろいろと異常が出てきました。元気だけが私の取り柄と思っていましたから、それはちょっと具合が悪いです。

d0164761_1471926.png

  瞼のピクピクがずっと続いているのです。
  原因はパソコンかな?
  でも、そんなに長い時間じゃないし...
  と言うわけで、目医者さんにいきました。
  いろいろ検査をしていただいた結果は
  「大丈夫です、段々そういうこともありますよ」
  
  それって、加齢だから仕方ないってことでしょうか?


 d0164761_14132586.gif
 今度は耳です。
 一日中「ジ~ン」と聞こえています。
 そんなに大きな音ではないけれど、ずっと続くのです。
 耳鼻科へ行ってきました。

d0164761_14163547.gif

 またいろいろ検査をしていただきました。
 先生は私をじっと見て
 「大丈夫です、
  段々そういうこともありますよ」


 それって、加齢だから仕方ないってことですよね。
 自分はいつまでも若いと思っていたけれど大間違いでした。
 私ももうそういう年齢になったのだと確認しました。

 あまり神経質にならなければ日常生活はクリアできます。
 物事をあまり悲観しない方だからまあ大丈夫でしょう。

 NHKの朝ドラで「だんだん」というドラマがありましたが、だんだんの意味は「ありがとう」ということだそうですから、私も今まで元気でいられたことや、目も耳も大丈夫ですと言われたことにありがとうと言います。


 2,3日前、今年初めて我が家でヤマバトのヒナが孵りました。
 何組かのカップルが使った巣が壊れてしまっていたので、2羽がせっせと枝を運んで巣を作ったのですが、これがかなりお粗末でヒナが孵ったら落ちてしまうんではないかと心配していました。
 今のところは大丈夫のようですが、巣を作った場所が写真を撮りにくい所なのです。

d0164761_1435887.jpg


 これは卵を抱いている時に撮ることができました。


 







 
[PR]
by miyamayoshi | 2014-11-09 14:48 | 暮らし | Comments(8)

また産まれたよ!!

 我が家でヤマバトのヒナが孵るようになってから、もうかなりの年月になりました。
 今年の第1号さんが孵ったのを今朝確認しました。
 5月7日に卵を産み、半月後にヒナが孵ったわけですが、二つの卵の内、まだ一つは孵っていません。

 d0164761_8554769.jpg


 親鳥が留守の間にそっと覗いてみました。








        親鳥はすぐ戻ってきました。
d0164761_857153.jpg


 家族でヒナが無事に巣立つまでそっと見守っていくのですが、この親子から学ぶことの多いmiyama家です。



 【追記】 5月24日

 起きてすぐ、ヤマバトの巣の様子を見に行ったら...
 
 いない、いないよ、ヒナがいないのです。
 2,3日前に、怪しげなネコさんがいたからいろいろと防護柵をしておいたのに...
 卵のカラが一つ寂しげに落ちていました。
 親鳥は遠くから空になった巣をじっと見ていました。
 今までもこういうことは何度かありました。
 これが自然界なのですね。
 
[PR]
by miyamayoshi | 2014-05-23 09:06 | 暮らし

ヤマバト騒動記

 家の裏の藤の木の巣で育っていたヤマバト(キジバト)が、11月30日に巣立ちましたが、今まで見てきたハトとは、今回は様子が違いました。

 今まで見てきたハトさん達は、巣から出てからしばらくは家の近くにいて、親鳥が時々来てはエサを与えていました。2,3日もするとにどこかへ飛んで行ってしまったものでしたが、今回の2羽のハトは我が家の庭の隅に何と12日間もいたのです。昼間は2羽が寄り添って庭の隅に、夜になるとちょっと高い所で寝ていました。

       11月30日 巣立ち
d0164761_13471991.jpg

       こんな所でこんなふうにして12日間...
d0164761_13485782.jpgd0164761_1349228.jpg

              夜は高い所で...
d0164761_1351552.jpgd0164761_13521938.jpg









12月13日に1羽が飛び立っていきましたが、もう1羽はまだ躊躇していました。
d0164761_13553569.jpg


 1日遅れのハトさんも今朝(12月14日)ようやく飛び立っていきました。

 家の隅っこに2羽が寄り添っている姿は、とても可愛らしかったのですが、かなり寒くなってきていたし、何かアクシデントがないだろうかとか、気になってしかたありませんでした。外出から帰ってくれば、まずハトの居所確認という具合でした。

 とにかく無事飛び立ってくれて一安心しています。
 
 ハトちゃ~ん よいお年をね。
[PR]
by miyamayoshi | 2013-12-14 14:12 | 驚き

大きくなったよ!

 裏の藤の木の巣で育っているキジバト(ヤマバト)はそろそろ巣立ちそうな気配です。
 卵からヒナに孵るのが2週間くらい、それから巣立つまでは、時期により多少の差がありますが、14~18日くらいですからもうそろそろです。

 昨日は枝を伝って歩く練習をしていました。
d0164761_934133.jpg

 今朝はかなり冷え込んで心配しましたが、2羽はキョロキョロとあっちを見たりこっちを見たりして、仲良く座っていました。ヒナに孵ってから1週間もすると親鳥はエサをくれに時々来るだけで夜も来ませんでした。産毛もほとんど抜けて立派な羽になってきました。
d0164761_9401166.jpg


 急に冷え込んできたのが心配ですが、もうそろそろ飛び立って行くと思います。ここひと月の間、自然界に生きる生き物の強さや親子の愛情の深さを身近に感じさせてもらいました。

 飛び立つところを必ず見ることができるわけではないのですが、やっぱり見送ってやりたいし、また卵を産みに帰ってきてほしいです。


 おまけ
 いよいよ冬の始まりのようです。寒さとともに美しくなってくるのは富士山です。
 昨日は妹の家(日本平のそば)に用事があり行きがけの駄賃で日本平ホテルの前から撮った清水港と富士山です。
d0164761_9572855.jpg

[PR]
by miyamayoshi | 2013-11-29 09:58 | 暮らし | Comments(12)

ヤマバトの親子

 家の裏の藤の木に巣を構えたヤマバトは、10月30日に卵を産んで、11月14日にヒナが孵りました。卵の時期やヒナが孵ってからしばらくは、親はひたすらじっと座って子を守っていますが、1週間くらいたつと、巣を留守にする時間を徐々に長くしていきます。

d0164761_941070.jpg
 親鳥のいない間、2羽のヒナはじっと身を寄せ合っています。冷たい風も吹いているし、藤の葉もそろそろ落ち始める時期なので、大丈夫だろうかと心配ばかりしている私です。




 でも、心配には及びません。親は巣が見える所でそっと見守っているようです。
 ヒナに与えるエサ取りにも忙しいのでしょうね。もちろんオスとメスが交互に世話をしています。

 親鳥が帰ってくると私も一安心です。
 昨日はこんな写真を撮ることができました。
 何度もヤマバトの子育てを見てきましたが、こういう写真はなかなか撮れませんでした。
d0164761_9142143.jpg

  たぶん今月末か来月初めには巣立ちだと思いますが、急な寒さが来ないことと藤の葉が落ちないことを祈っています。
[PR]
by miyamayoshi | 2013-11-22 09:28 | 暮らし | Comments(8)

冬がはじまるよ

 今年の夏の猛暑には、もう寒くなることはないかもしれないと思ったりしましたが、そんなわけはないですよね、急な冬将軍様がおいでになりましたね。私は身を縮めていたので、すっかり肩が凝ってしまいました。

 最近、紙ふうせんの「冬が来る前に」や槇原敬之の「冬がはじまるよ」がラジオ等からよく流れてきます。どちらもかなり古い曲なのに、今の時期に聞くととても新鮮な感じがするし、それと同時に今まで自分が過ごしてきた冬の情景が、目に浮かんできたりします。

 私には「冬が来る前にもう一度会いたい人」もいないし、冬の日に「ビールを飲む横顔がいいね」なんて言ってくれる人はいないけれどねえ...

 でも私には、「冬がはじまるよ」と大きな声で言ってあげたい親子がいるのです。

 我が家の藤の木のヤマバトの巣に入居したカップルが、10月30日に卵を産みました。昨日(11月14日)にヒナが孵ったのです。ここ3,4日の急な寒さの中を身動きもしないで親鳥は交代で卵を温めていました。

    寒さの中を前から見ても、横から見てもまん丸になってじっと座っていました。
d0164761_8462018.jpg
d0164761_8463945.jpg






















 孵った卵のカラを親鳥は口にくわえてどこかへ運んで行くのです。ヒナが傷つかないようにとか、下に落とすとネコなどに狙われるからでしょうか。

 我が家では、これからヒナが巣立つまで、ヤマバト一家を守る体制を強化します。

 もう冬が始まるよ、大丈夫?ヒナちゃんはちゃんと育って巣立って一羽立ちできるようになるかしら。
 静岡は暖かいと言ってもね、「冬がはじまるよ」
[PR]
by miyamayoshi | 2013-11-15 08:46 | 暮らし | Comments(8)

頑張ったのにね、残念だったね

 我が家の藤の木には立派なヤマバトの巣があります。
 ここでヒナが孵り、無事に巣立っていくのを何度も見てきました。
 その度に巣は立派になっていきました。

 4月の半ば過ぎのことです。
 巣作りなんかしなくても良いほどの立派な巣を偵察していたヤマバトが卵を産みました。

 普通、ヤマバトの夫婦はとても仲良しで卵を交代で抱えます。
 いつも交代する時の変わり身のよさを、そっと眺めては感心していました。
 もちろんヒナが孵ってからも交代で温め、成長するにつれて段々離れていく様は、人間も見習えばいいと思うほどの微笑ましいものでした。

 今回はちょっと違っていました。
 1羽の親鳥しか見当たらないのです。
 親鳥が食事にでも行っている時は卵は晒されたままでした。
 このヤマバトさんは「シングルで育てるつもりなんだね」と思いました。
 そうか、「頑張れよ」と密かに応援していたのに...
 卵から離れている時間が段々長くなり、ある晩はとうとう帰ってきませんでした。
 1日たち、2日たっても帰ってはきません。
 とうとう抱卵を放棄してしまったのです。
 やっぱりシングルでは大変だったのでしょうね。

 それから数日後にそっと巣を覗いてみると...
 真っ白な卵が二つ寂しそうに並んでいました。

d0164761_14475749.jpg


 「シングルのヤマバトさん、無事ヒナを孵す!!」と、いう大スクープ記事を書きたかったのに残念でした。
[PR]
by miyamayoshi | 2013-05-10 14:52 | 暮らし

ヤマバトの巣立ち

 不安定な天候が続いていると、精神的にも肉体的にも疲労を感じますが、我が家ではこの2,3日の間、ヤマバトのヒナちゃんに振り回されて、すっかり疲れてしまいました。

 ヤマバトが巣を作り、卵を産み、ヒナが孵り、毎日そっと巣を覗き込んでいました。
 卵を二つ産むのですが、2羽が無事孵ることは少ないのですが、今回は2羽孵りました。
 かなり大きくなってきたので、そろそろ巣立ちかなとは思っていました。

 7月4日 
   ちょっと体の大きい1羽が、巣から少しずつ離れて木の枝の上に移動を開始
   だけど、まだ巣立つには少し早いんじゃないの?(まだ産毛が残っているよ)
d0164761_14302833.jpg

 7月5日
 木の枝の上にいた1羽が突然飛び立ったと思ったら車の上に座り込んでしまった。
 巣の中にいるもう1羽は全然動こうとはしない。
d0164761_1445559.jpg

 長い時間、そこにじっと座っている。
 どう見てもまだ巣立つには早そうなので、家人が巣に戻してやろうと思い手を出すと、なんと羽を広げて威嚇姿勢になる。
d0164761_14482359.jpg

 その晩は車の上やベランタの手すりの上や洗濯竿の上ですごしたらしい。

 7月6日
 時々親鳥が来て鳴いて誘導していたようだが、朝になったら2羽が揃って、巣の近くの木の枝の上に仲良く座っていたので、一安心をした。
d0164761_14534643.jpg

 ヤマバトの様子を交代でそっと見ているのも結構疲れるものです。
 2羽一緒に巣立ってほしいと思っていたのですが、夕方になったら近くの家の屋根に、仲良く並んでいるのを発見し、安心しました。

 巣立ってしまうと、もう巣には戻らないのが習性らしいです。
 ヤマバトちゃんのためにも、梅雨明けが待たれます。
[PR]
by miyamayoshi | 2012-07-07 15:03 | 暮らし

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧