乾徳山(2031m)

 6月3日(日)晴れ 
 ひと月ぶりに山に行ってきました。 
 山梨県山梨市にある標高2,031mの乾徳山です。 
 標高差約1200m、往復の歩行距離は約10Kmで、標準タイムで約7時間です。 
 岩場の難所もかなりある山なので、気持を奮い立たせて行ってきました。
 2004年に登っているのですが、政治家と同じように「あまり記憶がございません」 
 4時半に自宅を出発し、塩山の「すき家」で朝食、徳和の駐車場に7時ちょっと過ぎに到着。

     穏やかな懐かしいような景色を眺めながら歩き始めました。
d0164761_11084903.jpg

    駐車場から登山口までは20分くらいかかります。
d0164761_11085760.jpg

   樹林帯を歩いて行きますが、フタリシズカの大群生にはびっくりです。
d0164761_11090671.jpg

     名前のとおりのフタリシズカですね。
d0164761_11091326.jpg

 美しい新緑を見ながら1時間半程歩くと「国師ケ原」です。広~い!!
 遠くに見える山が目指す「乾徳山」です。
d0164761_11092181.jpg

  高原の中を何匹かの鹿がゆっくりと歩いていて、時々私達を見ています。
d0164761_11093032.jpg

  登山者は中高年よりは若者達が大勢で賑やかです。富士山の展望も素晴らしい。
d0164761_11093828.jpg

  国師ケ原から40分くらいで「月見石」に出ました。でっかい岩です。
  岩の裏側からは簡単に登れるので私も登ってみました。ここから月を眺めるのかな。
d0164761_11094690.jpg

    ここは「扇平」です。草原エリアです。頂上までは後1時間くらい。
d0164761_11095867.jpg

  この日は素晴らしい富士山を所々で見ることができました。
d0164761_11100507.jpg

    いよいよ岩場が始まりました。覚悟を決めて歩きます。
d0164761_12344874.jpg

 カミナリ岩です。主な岩には名前がついていますが必死で登るので標識なんか見えません。
d0164761_12354780.jpg

  岩と岩の間にはハシゴがかかっている所もあります。
d0164761_12350062.jpg

     ツルツルした岩です。滑りそうで怖い~
d0164761_12361030.jpg

     こんな岩の端っこに立っている人がいますが怖くないの?  富士山最高!!
d0164761_12362385.jpg

  最後の難関の鳳岩(おおとりいわ)です。
  20mのほぼ垂直の岩です。古希の私ですが登りました。
  岩の割れ目(クラック)に足を置けば大丈夫でした。
  14年前(2004年)に登っているのですが、50代より今回の方が楽でした。
d0164761_12363736.jpg

   難関を突破したら、乾徳山の頂上です。バンザ~イ ヽ(^。^)ノ
d0164761_12365643.jpg

  天気がよかったので、素晴らしい景色を眺めながら、スリルを味わいながらも標準タイムより少し早く楽しく登ることができました。頂上は大勢の人で賑わっていました。360度の展望を楽しみながらのコーヒーは格別でした。でもゆっくりはしていられません。下山が待っています。これが想定外の大変さでした。

 さて、下山は上りルートとは違う道を選びました。
 この道がガレ場の急坂で、地図によると上りも下りも同じタイム、ということは下りはかなり大変なんですね。私にとってはあの岩場登りより大変だったのです。
d0164761_13342284.jpg

 この道を利用する人はほとんどいないようで淋しい感じの道でした。国師ケ原までは1時間半の予定です。こんな看板が出てきたのでほっとしました。 
d0164761_13355407.jpg

 20分くらいよりもう少し歩いてやっと国師ケ原に到着。またまた鹿さんに会いました。
 ここからは道満尾根を歩いて徳和の登山口に下りました。
 途中「道満山」の標識が出てきたので、「2座登ったね」ということになりました。
d0164761_13360444.jpg


   道満山から40分くらいでやっと下山口へつきました。
   徳和の集落を歩いていると、こんな看板が...
   うれしかったです。のどが渇いていたので本当に美味しい水でした。
   ありがとうございました。
d0164761_13362107.jpg

乾徳山は魅力一杯の山です。
樹林エリア、草原エリア、岩峰エリアと変化に富んだ山です。
私が標準タイムで登れたことで、夏に予定している北アルプス登山への不安も少し薄らぎました。
乾徳山さん、ありがとうございました。
 
 
 
   

   


 




   


    


   
[PR]
Commented by orchid at 2018-06-06 15:04 x
miyamaさん
まず、スゴイ!
miyamaさん毎年、歳を逆さにとっているのかなぁ?と
思えるほどの体力、恐れ入りました。
岩場登りは、「エッ、殆ど垂直じゃないの?」って
感じで、よくぞご無事でお帰りでしたね~

フタリシズカの群生は見事ですね~
お花の房が二つに分かれているんですね。
初めて知りました。

この日はお天気にも恵まれて、富士山も歓迎してくれて
良かった 良かった!!(^-^)
充分にお疲れを癒して、夏の北アルプスに
備えてくださいね。
Commented by man at 2018-06-06 19:16 x
こんばんは~

乾徳山は懐かしいです。
登ったのは40年以上前なので岩場の事は
少し覚えていますが他の事はすっかり
忘れています。(^^ゞ
今でも行きたい山の一つですよ。
miyamaさんは頑張るね~
天気も良くて富士山も見えて良かったね。
ご褒美かな?

Commented by miyamayoshi at 2018-06-07 07:30

orchidさん
今のところは健康に自信があります。
こうしてまだ山に行けることに感謝です。
みんな協力にしてもらっているのですよね。
あのほぼ垂直の一枚岩をよく登ったと思います。
大変な時もあるけれど山に行けば元気になれます。
いつもありがとう!!
Commented by 山の神 at 2018-06-07 07:40 x
懐かしく拝見しました。20年前に登りましたが、部分的にしか覚えていません。
鳳岩では、早く登るために鎖に頼りすぎて先輩から注意されたのを覚えています。
静岡から日帰りできる山です。同じコースを下りました。
今後も、山登りの記事を楽しみにしています。
Commented by miyamayoshi at 2018-06-07 07:51
✿manさん
40年も前に行ったのですね。
manさんは立派な山男だったのですね。
この山は中高年より若者が大勢でした。
あの岩場はおば様ではちょっと大変だよね。
私は立派なばあ様だけどね。
天気に恵まれてよかった。
前に登った時は曇り空で何にも見えなかったから。
フタリシズカの群生はすごかったよ。
花もたくさん住んでいると思います。
Commented by ぽち at 2018-06-07 09:44 x
miyamaさん 
まず、miyamaさんの若さとバイタリティに拍手喝采、敬意を表します。
フタリシズカの群生は、miyamaさんご夫妻を賛美しての出現だったのではないでしょうか。
険しい岩登りも体験されて、今夏の北アの再チャレンジも楽勝ですね。
miyamaさんの山便りに励まされます。
ありがとう。
Commented by miyamayoshi at 2018-06-07 10:58
✿山の神さん
20年前に登ったのですか。
私も14年前にも登っているのですが、あまりはっきりと
覚えていません。
あの岩場の連続は圧巻ですよね。
乾徳山っていい山だと思います。
中部横断道が完成すれば山梨や長野の山も近くなりますね。
もう少し山歩きを頑張りたいと思います。
Commented by miyamayoshi at 2018-06-07 11:09
✿ぽちさん
いつも山だよりを待っていてくださってありがとうございます。
山はまず天気ですね、晴れていれば結構頑張れるものです。
花や動物との出会いもうれしいものです。
山からいただくパワーで元気になれます。
ぽちさんから教えていただくことも私のパワーの源です。

Commented by ほらみ~ at 2018-06-10 21:41 x
みやまさん:お疲れ様でした。山頂に近い所の鎖か梯子の有る山と記憶していましたが、梯子でしたね。12年前でしたからね。
      年々元気になって行きますね。素晴らしい!小生は刈羽黒姫山にいってきましたが90分程で登れる山ですので比較になりませんね。
      良い写真を見せてもらいありがとうございました。
Commented by miyamayoshi at 2018-06-11 06:56
✿ほらみーさん
そうそう、12年前にみんなで行きましたね。
あの頃の私はほらみーさんに引っ張ってもらったと思います。
今の私はあの頃よりは、歩くコツがわかってきました。
と言っても、もうじき71才です。
よく登ったものだと思います。
刈羽黒姫山ってどの辺の山ですか?
また便りくださいね。
by miyamayoshi | 2018-06-06 13:57 | | Comments(10)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧