2018年 03月 05日 ( 1 )

冬の京都(非公開文化財特別公開)

 京都の二日目です。

 2月25日(日)
 昨日はとてもよい天気でしたがこの日は曇空です。
 でも、雨の心配はなさそうなので一安心です。

 毎年必ず行く場所があります。それは北野天満宮です。
 2月25日は「梅花祭」で大賑わいの日です。
 その人混みをさけるには、とにかく早朝に出かけました。
 早朝でもかなりの人でした。
d0164761_13391406.jpg

 梅の花は満開に近い木もありましたが、全体的には三分咲きくらいでした。
d0164761_13392284.jpg

 天満宮の周りはたくさんの出店があり、古着、器、アンティーク玩具、茶道具などいろいろな掘り出し物が並んでいます。それらを眺めながら歩くのも楽しいものです。

 いよいよ「非公開文化財特別公開」のお寺巡りです。
 まずは「宝鏡寺(ほうきょうじ)」です。代々皇女が住職を務めたことから「百々(とど)の御所」と呼ばれ、「人形の寺」としても親しまれているそうです。徳川14代将軍家茂に降嫁した皇女和宮が遊んだ場所であり、兄の孝明天皇の遺愛の御所人形などが特別展示されているので、是非見てみたいと思ったのです。

 宝鏡寺の大玄関
d0164761_13392933.jpg

 「人形の寺」と言われているので可愛い「人形塚」がありました。
d0164761_13393955.jpg

 本堂や書院には素晴らしい「襖絵」「杉戸絵」「小壁画」がありますが、写真撮影はダメです。
 唯一撮影していい場所はここだけでした。
d0164761_13394893.jpg

 今年の「京の冬の旅」のテーマが「明治維新150年記念」ということなので、皇女和宮は江戸城無血開城に尽力されたと言われていますから、今回この宝鏡寺が公開されたのですね。

 さて、次は相国寺の塔頭の「林光院(りんこういん)」です。
 まずは相国寺の法堂の前を通ります。
d0164761_14375846.jpg

 さて、林光院ですが、写真撮影はすべてダメということでした。
 薩摩・島津家とのゆかりが深い寺院で、薩摩藩士の墓所があり、今年のテーマに合っているのでしょうね。
 本堂・書院には、藤井涌泉さんが4年がかりで描かれた見事な襖絵が飾られていて、それはほんとうに見事でした。昨年完成したばかりで、涌泉さんは中国の方ですが、日本に来て25年くらいで、まだ50代の若い方だそうです。
 「京の冬の旅」のパンフレットの表紙を飾っているのが、この襖絵の虎です。
d0164761_14391273.jpg

 三条でお昼を食べてから、京都の風情ある路地裏通りを通りながら八坂の塔まで歩きました。
 先斗町です。こんな所でランチでもしたいけれど、お高いでしょうね。
d0164761_14392428.jpg

 八坂の塔  ここも毎年来ている場所です。
d0164761_14393349.jpg

 次は「泉涌寺(せんにゅうじ)」です。ここも写真撮影はできません。
d0164761_14394343.jpg

 泉涌寺は皇室と関連が深く、御寺と言われています。
 公明天皇や皇女和宮ゆかりの寺宝も展示されいました。
 重要文化財の「楊貴妃観音像」があり、その美しさはさすがでした。

 最後は「東福寺」です。禅堂と経蔵を公開していました。
 東福寺の通天橋です。京都の紅葉の名所として大人気の所ですね。でも今は...
d0164761_14395355.jpg

 私、実は通天橋の燃えるような紅葉を、2012年11月21日に見ましたよ。
d0164761_14400613.jpg

一度に400人以上の僧が修行していたという「禅道」の広さにびっくりしました。写真ダメです。
そして経蔵には、1000余りの経典を納めた八角形の回転式輪蔵が据えられていました。
d0164761_14401525.jpg

 非公開文化財をみることができるのは本当にラッキーなことです。
 説明してくださる方がいらっしゃるのもうれしいです。
 たぶん来年も冬の京都に行きたくなるでしょうね。

  
d0164761_14402588.jpg
 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-03-05 16:08 | おでかけ | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧