人気ブログランキング |

カテゴリ:山( 244 )

富士山麓散策

 5月30日(土)
 すべての都道府県の緊急事態宣言が解除になりましたが、コロナウイルスは終息したわけではないので、まだまだ油断はできません。静岡県知事は山梨県を除く他県との行き来は自粛するようにと言っています。
 今まで、ほとんど家に閉じこもっていて、歩く道は平らな所ばかりでした。今年は富士登山もできない現状ですが、新緑のこの時期に富士山を見ながら山麓をゆっくり歩きに行こうと思い立ちました。久しぶりに兄との三人組で、もちろん静岡県内です。

   歩き始めは素晴らしい富士山頂が見えていました。
富士山麓散策_d0164761_08390249.jpg

    新緑とコケの美しさに心が和みます。
富士山麓散策_d0164761_08391160.jpg

    木々の間に見えるミツバツツジに癒されます。
富士山麓散策_d0164761_08391968.jpg

   少し高度を上げて行くと美しいカラマツに出会います。
富士山麓散策_d0164761_08392728.jpg

    久しぶりに兄と一緒なので積もる話がたくさんです。
富士山麓散策_d0164761_08393342.jpg

   あらあら、かなり上まで登ってきてしまったわ、「フジハタザオ」に会いました。
富士山麓散策_d0164761_08394129.jpg

    ゆっくり歩きを楽しんでいたのですが、急に空が曇ってきました。
富士山麓散策_d0164761_08395184.jpg

 雨かと思っていたら、小さな雪の玉(アラレかな)が落ちてきて地面を転がっていきます。山の天気は急にかわるものです。そのうちに雷の音が響いてちょっとビビリました。
 もちろんどこに行くにも雨具は持っていますから急いで着るのですが、やっぱり少しあわてました。私としては雨具だけはかなり奮発して買ったものなので、雨、雷、雪の中の下山でしたが大丈夫でした。
 
  山の空気と風、新緑、小鳥のさえずり、小さなお花、歩けるうれしさを満喫しました。
  そして、雨の中で会った「ヤマシャクヤク」に大感激しました。
富士山麓散策_d0164761_08395944.jpg

   久しぶりの山散策でした。
   マスクや三密を気にしないで山歩きできる日が早く来るように祈るばかりです。
   何しろ、平均年齢75才の三人組ですから、早く来ないことにはね...
 


  
  


 


by miyamayoshi | 2020-06-02 09:23 | | Comments(8)

冬の越前岳

 暖かい冬に慣れてしまっていましたが、やっぱり寒さがやってきました。
 新型コロナウイルスも心配ですね。
 一日も早く終結してほしいです。

 2月2日(日)
 富士山がどか~んと見える山、越前岳に行ってきました。
 今年は雪が少ないだろうと思っていましたが、頂上付近にはかなりありました。
 アイゼンなしで登れましたが、雪道に慣れない私は下りだけは付けました。

 駐車場に着いた時、富士山は最高の美しさで迎えてくれました。
 歩きにくい階段を登って展望台に着き、そこからの富士山は更に素晴らしかった!!
冬の越前岳_d0164761_15480818.jpg

  展望台から30分くらい歩くと雪が出てきました。
冬の越前岳_d0164761_15481852.jpg

     雪は段々多くなってきました。
冬の越前岳_d0164761_15482996.jpg

  降ったばかりの雪ではないのでカチカチに固くなっていて歩きにくい。
  体中に力を入れて踏ん張るように歩いてしまうのです。
冬の越前岳_d0164761_15483864.jpg

  天気は良いので南アルプスもよく見えました。
冬の越前岳_d0164761_15485003.jpg

   頂上近くになって来ると更に雪は深くなってきました。
   雪に慣れていないので歩くのは大変ですが、景色の美しさににっこりです。
冬の越前岳_d0164761_15490063.jpg

 頂上までは雪のない時の登り時間より少しオーバーしました。(15分くらいかな)
 頂上の雪はみんなに踏まれてグチャグチャでした。
冬の越前岳_d0164761_15490902.jpg

   頂上には誰が作ってくれたのか、こんな可愛いお地蔵さんが待っています。
冬の越前岳_d0164761_16052575.jpg

   頂上でこの富士山を見ることができて本当にラッキーでした。(越前岳1504.2m)
冬の越前岳_d0164761_16053380.jpg

下り道で滑るのが怖いので私はアイゼンをつけましたが、夫はつけずに下りました。
何回も登っている越前岳ですが、こんなに美しい富士山を見ることができたのは初めてです。
帰りの展望台でも「またおいで」と言ってくれているような富士山ですた。
    富士山、ありがとうございました。

冬の越前岳_d0164761_16054063.jpg

   固い雪道歩きは大変でした。
   体に力を入れ過ぎたのが原因かしら、肩から首にかけて痛みが出てしまいました。
   でも回復も早い私です。

   

  

タグ:
by miyamayoshi | 2020-02-08 16:27 | | Comments(6)

登り始めは満観峰

 1月11日(土)
 2020年の登り始めは満観峰です。
 頂上できれいな富士山を眺めたいと思っていましたが、残念ながら叶いませんでした。でも、帰り道の車の中からは素晴らしい富士山を見ることができました。

   歩き始めはしっとりとした花沢の里からです。
登り始めは満観峰_d0164761_15153059.jpg

  花沢の里の川沿いでは、たくさんの立派な南天が迎えてくれます。
登り始めは満観峰_d0164761_15153775.jpg

   いつもと同じように日本坂峠経由です。
   このコースは急登の階段歩きが多く、結構大変なコースだと思います。
   今回階段の登り始めには段数を書いてありました。
   最初の階段  165段+α  次の階段わずか40段  最後の階段64段です。
   階段の終わりには「お疲れさま」と書いてありました。
   私はこの階段歩きがとても苦手です。
   このコースにはこんな立派な階段だけではなくて他の階段もありますよ。
登り始めは満観峰_d0164761_15154456.jpg

  途中富士山がよく見える場所がありますが、今回は残念ながらこんなでした。
登り始めは満観峰_d0164761_15155217.jpg

    駐車場から約2時間で頂上です。
    あずまやが新しくなっていました。頂上では富士山お休みでした。
登り始めは満観峰_d0164761_15160141.jpg

   さて、今年はどんな山に行けるでしょうか。
   
    

 

タグ:
by miyamayoshi | 2020-01-14 15:46 |

竜ケ岳(山梨県)

 11月10日(日)
 紅葉を見たくて山梨県の竜ヶ岳に登ってきました。
 竜ヶ岳という名の山三重県にもあるようです。

 竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08201538.jpg

 我が家は端足(はした)峠から登ることが多いのですが、竜ヶ岳の一般的な登山口は本栖湖のキャンプ場からです。







台風になぎ倒された木々が何か所ありました。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08202022.jpg

  本栖湖が見えてきました。ここまでの登りはちょっときつかった。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08203229.jpg

  あずまやのある展望台までは穏やかな山道です。
  つぼみがまだ固いリンドウですが色がきれいです。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08204243.jpg

   富士山は見えるのですが逆光なのでうまく撮れません。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08204983.jpg

  私の足で展望台までは1時間弱ですが、ここから頂上までは頑張りどころです。
  八ヶ岳や南アルプスが見えてきたら頂上はもうすぐです。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08205681.jpg

竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08210454.jpg

  富士山の展望が素晴らしい頂上です。この日の登山者はかなり少なかった。(1485m)
  今年はなかなか山に行けなかったけれど、ここまで2時間かからずに登れて嬉しかったです。 
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_08211176.jpg

竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09021323.jpg


頂上のベンチに座りゆっくりとコーヒーを飲んで下山です。
ぐるっと山を廻って下ります。
端足峠経由で本栖湖に出て、湖畔歩きで駐車場へ。





  端足峠(はした峠)からの富士山 
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09021869.jpg

 山の上では紅葉はすでに終盤でしたが、峠から下ではいい紅葉を見ることができました。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09022914.jpg

竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09023780.jpg

 竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09025008.jpg

 この場所に下りてきました。
 最近はここから登るほうが多かったですが、たまには逆方向を歩くのも楽しかった。







   穏やかで美しい本栖湖です。
竜ケ岳(山梨県)_d0164761_09030050.jpg


   ぐるっと廻って4時間半の山歩きでした。
   夫の膝もようやく治ったようです。  
  

タグ:
by miyamayoshi | 2019-11-17 09:57 | | Comments(8)

乳岩・乳岩峡

 11月3日(日)(祝)
 愛知県新城市の乳岩峡に行ってきました。
 国指定の天然記念物だそうです。
 乳岩と書いてちいわと読むそうです。
 乳岩川に沿う3キロの峡谷を乳岩峡と呼びます。
 その奥に乳岩山があります。
 乳岩峡は流紋岩質凝灰岩だそうですが、岩石のことはさっぱりわかりません。
 ブラタモリのタモリさんは岩石のことには本当に詳しいですよね。
 タモさんのようにはいかなくても少し勉強したいと思うのですが...

 登山口です。
 ここから明神山(1016m)に行く本格的な登山スタイルの人が大勢いました。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10060634.jpg
 
  すぐ乳岩川を渡ります。水の色がとてもきれいです。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10061213.jpg

  乳岩川の岩床は平坦な一枚岩です。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10062579.jpg

  紅葉はまだでしたが、とにかく絶景です。こんな橋も架かっています。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10063707.jpg

 大きな岩の横や間を歩いていきます。(今回は乳岩一巡のハイキングコースです)
乳岩・乳岩峡_d0164761_10065007.jpg

 ハイキングコースと言っても大岩の上にはこんなハシゴがかかっています。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10065747.jpg

  膝痛もほぼよくなっている夫ですが、大丈夫かな。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10070539.jpg

  大岩の間を身を細くするようにして歩いていたのですが、突然展望が開けてきました。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10072158.jpg

  乳岩山の頂上には通天門というびっくりすような大きな自然石門があります。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10073112.jpg

  ハイキングコース?と思ってしまうほど、ハシゴの連続はかなりスリルがあります。
  通天門を見たら下りです。長いハシゴを歩いて行くと鍾乳洞です。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10074790.jpg

鍾乳洞の中には子安観音がたくさんありました。
はっきりは見えなかったのですが、天井部には凝灰岩中に含まれる石灰分が溶け出して乳房状の鍾乳石が作られていて、乳岩という名の由来だそうです。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10080105.jpg

    鍾乳洞の中から外を見ると...
乳岩・乳岩峡_d0164761_10075357.jpg

 とにかく大きな岩ばかりでした。自然の力のすごさを感じますね。
乳岩・乳岩峡_d0164761_10081459.jpg

 1時間半の軽いハイキングとは言っても、ちゃんと登山靴を履いてよかったです。
 
 




 

 

タグ:
by miyamayoshi | 2019-11-11 10:57 | | Comments(4)

満観峰 ~久しぶりの山歩き~

 10月6日(日)晴れ
 夫の膝痛もかなり良くなったので、久しぶりに山に行ってきました。
 と言っても近場の満観峰で、ぐるっと周って3時間半です。

      花沢の里ーー日本坂峠ーー満観峰ーー鞍掛峠ーー花沢の里

  今年の暑さにはうんざりしていたけれど、10月になったらようやく涼しくなりました。
  花沢の里は、いつ来ても心が穏やかになる場所です。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08384457.jpg

    満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08385000.jpg


 
 日本坂への入口の「法華寺」では、
     ぐち聞き地蔵さんに
     ぐちを聞いていただいて…




  法華寺の境内にはこんな花が咲いていました。
  いろいろ調べたけれど、私には名前がわかりません。
  ノゲイトウ(野鶏頭)manさんから教えていただきました。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08385863.jpg

 山道に入り、乙女坂(18曲がり)を登りきると、素晴らしい展望が開けます。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08390621.jpg

  日本坂峠から満観峰までは長い階段ありの大変な道ですが、花が楽しみの所です。
  スズランみたいに白い可愛い花をつけた「ツリガネニンジン」が咲いていました。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08391228.jpg

  見晴らしのいい尾根道に出ると、富士山が少しだけ頭を出してくれていました。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08391981.jpg

  ゆっくり歩いて約2時間で満観峰山頂です。
  広い山頂は大勢の人たちで賑わっていました。
  遠くから来た人たちは富士山を見ることができなくて残念でしたね。
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08392548.jpg

   帰りのお駄賃です。
   焼津市の150号線沿いの「ひまわり畑」に寄ってきました。
   遠方から来た人もいて大賑わいでした。
   花はちょっと背丈が低く小ぶりですが、ちょうど見頃で素晴らしかった!!
満観峰 ~久しぶりの山歩き~_d0164761_08393561.jpg

    急に涼しくなってきました。
    いい時期がきたなと思っていたら、また台風です。
    どうぞ被害がなく通り過ぎてくれますようにと祈るばかりです。




タグ:
by miyamayoshi | 2019-10-10 15:30 | | Comments(6)

美ヶ原トレッキング

 8月の大型連休の前半は好天に恵まれましたが、後半は台風が心配ですね。
 高齢者にとっては毎日がお休みみたいなものですが、連休と言う言葉に、少しワクワクします。

 8月10日(土)
 ずっと行っていた「北アルプス登山」でしたが、体調・体力を考えて今年はお休みにしました。
 でも、どこかに行きたいです。
 行きたい場所は、今年の猛暑を忘れさせてくれる涼しい所です。
 「そうだ、美ヶ原に行こう!」ということになりました。

 自宅を4時半に出発、新東名ーー中部横断道ーー中央道の諏訪ICで下り、すき屋で朝食、ビーナスラインを走って美ヶ原までは約3時間でした。
 
 駐車場を8時出発、びっくりするような涼しさです。
 牧場の牛を眺めながら歩き始めます。
美ヶ原トレッキング_d0164761_13563705.jpg

  美ヶ原と言えば「美しの塔」ですね。
美ヶ原トレッキング_d0164761_13564766.jpg

 牧場では牛がのんびりとしています。その向こうに「王ヶ頭ホテル」が見えます。
美ヶ原トレッキング_d0164761_13565686.jpg

 美ヶ原の最高地点の「王ヶ頭」は2034m。
美ヶ原トレッキング_d0164761_13571088.jpg

  とにかく涼しいです。高山植物もたくさん咲いています。
  一番展望が良いと言われている「王ケ鼻」まで歩いていきます。
美ヶ原トレッキング_d0164761_14045910.jpg

  この場所の素晴らしさはこんなふうに書かれています。
美ヶ原トレッキング_d0164761_14052469.jpg

  天気が良いのですが、上空には真っ白な雲が出ていて残念ながらアルプスは望めません。
美ヶ原トレッキング_d0164761_14053337.jpg

  王ケ鼻からはホテルのある道の下側を通って駐車場に戻りますが、その道は「アルプス展望コース」と言われています。でも、残念ながらアルプスの雄大な姿は見ることができませんでした。
美ヶ原トレッキング_d0164761_14054082.jpg

      ゆっくりと約3時間のトレッキングでした。
      どこまでも続く広い高原に体も心も癒されました。
      高山のお花たちにたくさん会えたこともうれしかったです。
      お花のまとめは次回アップします。
      
      
  

  


 
 

タグ:
by miyamayoshi | 2019-08-13 14:31 | | Comments(6)

梅雨の晴れ間の満観峰

 6月16日(日)
 前日の雨がすっかり上がって、文句なしの天気です。
 満観峰に出かけました。

 この日のコースは  花沢の里ーー日本坂峠ーー頂上ーー鞍掛峠ーー花沢の里  

       風情のある花沢の里を歩いて行きます。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_11573936.jpg

        色とりどりの紫陽花が見頃です。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_11574902.jpg
       
          山道には白いホタルブクロが咲いています。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13301768.jpg

         美味しそうに見えるヘビイチゴですがお味は?ですね。
         ヘビが食べるから、そういう名前が付いたというのですから...
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13302770.jpg

  日本坂峠からの尾根道歩きでは素晴らしい景色を見ることができました。
  富士山の頂上に雪があるように見えますが、実はは白い雲がかかっていました。
  雪はほとんど融けて、夏の富士山になっていました。
  大きくカーブしている道路は「東名高速道路」です。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13303465.jpg

  海を眺めてみると、昨日降った雨の影響で安倍川の河口は濁っているのがわかります。
  伊豆半島は白い雲で覆われていました。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13304158.jpg

       2時間くらいで頂上につきました。
       富士山とさつきのコラボもいいですね。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13304934.jpg

   どこでも見ることができる「ムラサキカタバミ」も山の中では一際輝いて見えます。
梅雨の晴れ間の満観峰_d0164761_13305737.jpg

  夫の膝痛の様子を見ながら3時間半の山歩きでした。
  ショートコースのゆっくり歩きなので痛むことはなかったようです。


  新潟・山形に大きな地震がありました。
  被災された方々にお見舞い申し上げます。
  来る来ると言われている私達の所には大きなものは全く来ていません。
  でも、油断大敵です。
  備え等、しっかりやっておきたいと思っています。
  

   

by miyamayoshi | 2019-06-20 14:02 | | Comments(6)

水ヶ塚から双子山

 6月1日(土)
 令和になってひと月が過ぎました。
 季節はもう初夏です。
 と言っても、山はやっと春になったところでしょうか。
 膝痛で山にいけなかった夫が「花を見に行こう」と言い出しました。
 「どこへ行くの?」と問えば「双子山」という答えが。
 あの花を見に行きたいとすぐわかりました。
 私にとっても2か月ぶりの山歩きです。
 
 水ヶ塚の駐車場からスタートです。
 車から下りたら富士山には雲がかかっていました。
 とにかく1枚撮り終えたらもう雲に隠れてしまって、その後も顔を出してはくれませんでした。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14284766.jpg

  歩き始めてすぐ「ツルシロカネソウ」が迎えてくれました。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14285384.jpg

 「シロバナヘビイチゴ」も咲いていますが、いつもより数が少ないです。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14290021.jpg

  面白い木を見つけました。このコブはどうしてできたのでしょうか?
水ヶ塚から双子山_d0164761_14291069.jpg

  新緑の中は気持ちよく歩けます。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14291778.jpg

 歩いている道は「富士山須山口登山歩道」です。ちょっと霧が出てきています。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14292778.jpg

  宝永山と御殿場口新五合目との分岐の御殿庭(下)に到着。
  私達はゆっくり歩いて1時間40分でした。
  双子山は御殿場口新五合目方面に歩いて行きます。(ここを右折します)
水ヶ塚から双子山_d0164761_14293571.jpg

  膝痛が心配の夫は、膝への負担が少ないように初めてストックを使って歩いています。
水ヶ塚から双子山_d0164761_14294546.jpg

  霧がかかって遠くの景色は見えませんが、カラマツの新緑が美しい!!
水ヶ塚から双子山_d0164761_15004853.jpg

  霧がかかった中を歩くのはちょっと不安です。
水ヶ塚から双子山_d0164761_15005562.jpg

  時々明るくなると花も見えてきます。「フジハタザオ」です。
水ヶ塚から双子山_d0164761_15010412.jpg

  下双子山に到着。本当は上双子山、宝永山、富士山が三重になって見えるのですが...(残念)
水ヶ塚から双子山_d0164761_15011234.jpg

  私の好きな場所の四辻からも富士山はみることができませんでした。
水ヶ塚から双子山_d0164761_15012380.jpg

  さて、帰り道であの花に会えたらうれしいと思っていました。
  しかも丁度見頃のいい状態で見ることができました。
  「ヤマシャクヤク」の花です。
水ヶ塚から双子山_d0164761_15013122.jpg

 
水ヶ塚から双子山_d0164761_15014047.jpg

水ヶ塚から双子山_d0164761_15015097.jpg

  歩いた時間は5時間半でした。
  心配した夫の膝痛もなんとか大丈夫のようでした。私の体力もなんとか大丈夫でした。
  天気も雨が降らなければ「よし」ですね。
  会いたかった「ヤマシャクヤク」に会えて疲れも吹っ飛びました。
  

 
  

タグ:
by miyamayoshi | 2019-06-05 15:23 | | Comments(6)

飯盛山 ~雪景色にびっくり~

 3月31日(日)
 長野県の飯盛山に行ってきました。
 まさかの雪景色の中を歩いてきました。
 今年はスノーシュー歩きもできなかったし、雪も見ることもできなかったのに、桜の咲くこの時期に美しい雪景色を見ることができたなんて、神様の贈り物かしらとうれしくなりました。

 あいにくの曇り空でしたが八ヶ岳が少し顔を出してくれました。(野辺山高原駐車場) 
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09564820.jpg

   歩き始めから雪道です。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09565501.jpg

  昨夜雪が降ったようでびっくりするような雪景色です。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09570398.jpg

  更に美しい景色が広がり気持がどんどん高ぶります。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09571035.jpg

  40分程歩くと雪を被った飯盛山が見えてきました。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09571797.jpg

  雪道歩きなのに飯盛山を目指していつもより軽やかに歩けます。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09572402.jpg

  更にこの景色にはびっくりします。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09573433.jpg

  頂上に近くなると雪が舞ってきて風も出てきて寒いです。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_09574104.jpg

  まわりの山もはっきり見えません。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10103146.jpg

  頂上を踏んだだけで即下山ですが、太陽が顔を出してくれたのです。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10103982.jpg

  この美しい雪の華を見ながら歩ける幸せをかみしめました。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10104756.jpg

  昨夜降ったばかりの雪なので、陽が出ればどんどん融けてきました。
  アイゼンは使わずに歩けましたが、下りは凍結した場所があり少し難儀しました。
  下山口近くで見る青空の下の八ヶ岳にはまだ霧がかかっていました。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10105870.jpg

  何度も登っている飯盛山ですが、今回のこの景色は本当に素晴らしかったです。
  春の雪ですから、寒さもあまり感じなかったです。
  今年の冬は思うように山に行けなかったので、神様の贈り物のように思えました。


 【お ま け】
  飯盛山からの帰りは桜見物を楽しんできました。
  
  山梨県韮崎市の「わに塚の一本桜」です。五分咲きでした。
  樹齢320年、高さ17m  八ヶ岳はまだ雲の下でした。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10203320.jpg

  桜の木の下はこんなにきれいなお花畑です。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10204529.jpg

  山梨県南部町の「原間のイト桜」を初めて見てきました。
  細い枝のしだれ桜で、丁度見頃ですばらしかったです。
飯盛山 ~雪景色にびっくり~_d0164761_10205446.jpg

   雪景色と桜、いい一日でした。
   そして5月からは「令和」です。
   今年はいい年になる予感がしました。

  帰り道の国道52号線沿いの道は桜が満開でした。
  我が町静岡市は4月になってもまだ満開ではないです。
  小学校の入学式(5日)には満開になるかしら。
  今年は桜の木の下で新しいランドセル姿で写真が撮れるといいですね。

 


  
  
 
  

  


タグ:
by miyamayoshi | 2019-04-03 10:54 | | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る