カテゴリ:おでかけ( 163 )

晩秋の鎌倉散策

 11月25日(日)晴れ
 晩秋の鎌倉散策も今年で4回目になりました。
 前回までは12月になってから行っていました。
 12月でも鎌倉の紅葉は素晴らしく、今回も紅葉巡りを楽しみに出かけました。
 ところが、今年は何処を歩いても美しい紅葉は見ることができませんでした。
 台風による塩害でしょうか、紅葉する前に枯れてしまったようです。
 
 自宅を5時半に出て東名高速の足柄SAで朝食です。
 朝7時、富士山と月のコラボレーションを見ることができました。
d0164761_09553874.jpg

 江の島の駐車場に車を置きます。
 昨年は「江ノ島大橋」を渡って真っ直ぐ行き「江島神社」を参拝しましたが、今年は橋を渡って左側の「ヨットハーバー」を散策しました。この日は大会があるということで、ずらりとヨットが並んでいました。 
d0164761_14364465.jpg
 
d0164761_09555404.jpg
 オブティミスト級?何だろうと思って調べました。
 【日本オブティミストディンギー協会のHPより】  
 『オプティミスト』とは英語のOptimistでその意味は“楽天家 ”。
 全長2.31m、全幅1.13mの小さなヨットでOPの愛称で世界中の人々に親しまれているヨットです。現在、国際セーリング連盟(World Sailing)が承認する最も小さなクラスであり、国際的に15歳までの子供達にだけ許されたこのOPは、毎年世界選手権大会を始め、多くの大陸選手権が行われている、活動の活発なヨット種目でもあります。

 とにかくすごい人出でした。子供さんのレースだから保護者が大勢いましたね。
 江の島から江ノ電で鎌倉まで、駅前からバスで十二所(じゅうにそ)でおり散策開始です。
 今年は「塩の道」と呼ばれていた金沢街道を歩きました。
 
光触寺(こうそくじ)、開基は一遍上人と伝えられている。境内だけ見ることができました。
d0164761_09560280.jpg

 明王院(みょうおういん)  
 山門は質素な冠木門(かぶきもん)冠木門とは、柱と横木だけで造られた屋根のない門。
d0164761_09561016.jpg

   浄明寺(じょうみょうじ) 
   鎌倉五山第五位の格式あるお寺。境内にはレストランや抹茶が飲める茶室もありました。
d0164761_09562068.jpg

  庭には紅葉した木がわずかにありました。
d0164761_09562884.jpg

  報国寺(ほうこくじ)
  約20000本の孟宗竹が有名で「竹の寺」と言われている。
d0164761_09563644.jpg

 
d0164761_09564661.jpg

  お庭も趣がありました。
d0164761_09565876.jpg

  旧華頂宮邸(きゅうかちょうのみやてい)
  昭和4年に華頂博信侯爵邸として建てられた。庭園にはバラの香りが漂っていました。
d0164761_09570685.jpg

  鎌倉のお寺は京都と比べて規模も小さく、拝観料もなしか、あっても200円くらいです。
  寺院内部の拝観ができないので、ささっと廻ります。
  このへんでお昼です。行列ができるという店(佐可井)に並んで、あなご丼を食べました。
d0164761_09571563.jpg

  美味しい食事を済ませて、午後の部です。

  杉本寺(すぎもとでら)鎌倉最古の寺 
             鎌倉幕府が開かれる約500年前の奈良時代に創建されたそうです。
             たくさんの白い奉納旗がなびいていました。
d0164761_11263828.jpg

  仁王門では運慶作と言われる仁王像が出迎えです。
d0164761_11264949.jpg

 
d0164761_11265966.jpg

 本堂(観音堂)は茅葺屋根で秘仏が見られます。内部を拝観できたのはここだけでした。
d0164761_11270932.jpg

  杉本寺の一番の見どころは、苔むした石階段です。
  すり減った石階段が苔で覆われています。もちろん通ることはできません。
d0164761_11272296.jpg

  静かな趣のある金沢街道の散策でした。
  京都と違って拝観料がないか、会っても200円くらいなので気持ちも楽になりますね。
  紅葉巡りをしたくて来たのですが、全くダメでした。
  帰り道、八幡宮近くに来ると人、人、人で歩くのも大変でした。
  こんな晩秋の時期でも、江の島海岸には大勢の人で賑やかでした。
  冬の京都と同じように、また何度か訪れたい鎌倉でした。

  

  


  


  




  

 


[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-28 13:46 | おでかけ | Comments(6)

鎌倉に行ってきました

昨日は鎌倉に行ってきました。
鎌倉時代に塩の道と知られた金沢街道沿いには、歴史あるお寺がたくさんあります。
写真を整理してからゆっくりアップします。

 「報国寺」は竹の寺と言われていますが、美しい竹林でした。
d0164761_10080220.jpg

[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-26 10:09 | おでかけ

身延山(紅葉散策)

 11月17日(土)晴れ
 今年の紅葉はいつもより少し早いようですね。
 身延山もやっぱり終盤に近かったです。
 毎回参道を歩いて奥ノ院まで行っていましたが、今回は初めてロープウェイで行きました。
 自分の年齢を考えてみれば、時には身も心もゆったりしなければと思ったのです。
 2時間半の参道歩きもロープウェイなら何と7分です。(片道760円)
 
 山門裏側の駐車場からロープウェイ駅までは、紅葉を愛でながらゆっくり歩いて行きます。
 立派な三門です。裏側に廻ると紅葉が素晴らしかった!!
d0164761_10124867.jpg

  山門のすぐ近くにある「竹之坊」の紅葉は燃えるようでした。
d0164761_10125690.jpg

 西谷の坊付近の紅葉は終盤でした。
 斜行エレベーターで身延山久遠寺の境内まで行きます。
 立派な五重塔を見上げます。
d0164761_10130536.jpg

  まだ朝早い静かな境内に「冬桜」が咲いていました。
  枝垂れ桜のように華やかではありませんが、青空の下で冬桜は凛としていました。
d0164761_10131299.jpg

   
d0164761_10132650.jpg

  8時40分の始発のロープウェイに乗りました。
  身延山山頂の標高は1,153m、その高低差は763mと全国6位の高低差を7分です。
  途中で富士山が見える場所がありますが、ほとんどこんな山の中を走っています。
d0164761_10133439.jpg

  ロープウエイを下りた所にある展望台からの富士山の眺めは素晴らしいです。
d0164761_10134352.jpg

 日蓮が父母を偲んで建立したと言われる奥之院思親閣を参拝し、身延山山頂からは南アルプスを眺め、いよいよ紅葉散策です。
 ハイキング西コースは下り約2時間半で、三門まで歩きます。
 たしかに今年は台風の被害で枝葉が落ちてしまっているようでしたが、終盤とは言え美しい紅葉を見ることができました。
 下にあるお寺の境内には、台風通過後には山から落ちてきた枝葉が山のように積み重なっていたそうです。

 美しい紅葉を堪能してきました。
d0164761_10135527.jpg

d0164761_10140431.jpg

d0164761_10141275.jpg
d0164761_10142112.jpg

d0164761_10143396.jpg

d0164761_10144349.jpg

  眼下に久遠寺が見えてきました。
  あの大きなお寺の広い境内も山から見れば狭いように見えました。  
d0164761_10145242.jpg

   今年も楽しく身延山の紅葉巡りができました。
   ありがとうございました。

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-20 11:22 | おでかけ | Comments(6)

初秋のさった峠

 秋のお彼岸の時期になると、秋を思わせる涼しい風が吹くようになってきました。
 そんな中、短時間でしたがさった峠を散策してきました。

     9月23日(日)
     出かけたのは午後3時頃でした。
     涼しい風がとても気持ちよく吹いていました。
     遅い時間なので人もほとんどいません。
     いつも見ていた景色と違っていました。 
     お花もたくさん咲いていました。

      ツルボ   優しい花ですね。
d0164761_13555773.jpg

    ハギ  秋の七草の中で最初に思い出す花ですね。
d0164761_13560408.jpg

    クズ  初めて見ることができました。(*^_^*) クズも秋の七草ですね。
d0164761_13561387.jpg

    ヒガンバナ  たくさん咲いていましたが、終盤の花が多かった。
d0164761_13574268.jpg

 ネムノキ いつどこからきたのでしょうか?夏に咲く花だと思っていましたが...
      まだ背丈も低かったけれど、花はたくさんきれいにさいていました。
d0164761_13575150.jpg

  カラスウリ  可愛い!!  
d0164761_13582449.jpg

  柿  渋柿でしょうかね。
d0164761_13583215.jpg

  みかん はやく無人販売が始まるといいね。
d0164761_13583937.jpg

  さった峠といえばこの景色ですが、富士山がお隠れで残念ですね。
d0164761_13584961.jpg

  よく行く場所でも、時期や時間が変われば新しい発見があるものですね。
  秋が深まった頃にまた行きたいです。 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-09-28 16:19 | おでかけ | Comments(6)

横須賀軍港めぐりと横浜中華街

 5月27日(日)
 今年も恒例の婦人部のバス旅行に行ってきました。
 私は今回は幹事の一人なので、いくつかのプランを旅行会社に出していただいた中で、「YOKOSUKA軍港巡りと横浜中華街オーダーバイキング」を選びました。
 
 公式サイトによれば、
 横須賀港は今から約160年前に米国ペリー艦隊が上陸して以来、海軍港として発展してきました。アメリカ海軍施設(横須賀本港)と海上自衛隊の司令部(長浦港)が置かれた港として広く知られており、これらの港を船でめぐるご当地クルーズ「YOKOSUKA軍港めぐり」を毎日運航しています。
YOKOSUKA軍港めぐりは、アメリカ海軍や海上自衛隊の艦船を間近で見ることができる、日本で唯一のクルージングツアーです。

 軍港めぐりの船は1階と2階があり2階はこんな感じで心地良い風に吹かれて艦船見学です。
d0164761_13433729.jpg

 海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」大きいです。全長248m
d0164761_13434696.jpg

 視界に入ってくる船の色はどの船もグレーなんです。
 この日は多くの船が停泊していてラッキーのようでしたが、見る船の色がすべてグレーなので、ちょっと楽しい気持ちにはなれませんでした。船の色は海の色と同じ色にしているそうです。相手(敵)から見えにくくするためなんですね。アメリカの海の方が日本の海より少し明るい色なので、船の色もアメリカと日本では少し違っていました。

 と、いうわけでいろいろな船をみましたが、飛行機や船には全く無知な私には名前等よくわかりませんでした。もちろん船内では案内人がよく説明をしてくれるのですが...

 とくかく大きな船がで~んと並んでいました。
d0164761_13435409.jpg

d0164761_13440118.jpg

d0164761_13441056.jpg

   これは潜水艦です。船がひっくり返っているのかと思ってしまいました。
   潜水艦の母港は横須賀と呉だけなのでなかなかみることができないとか。
   自衛隊の潜水艦だけは米軍基地に停泊しているそうです。
d0164761_13442821.jpg

  45分の軍港めぐりの後は、すぐそばにあるバラ園の散策です。
d0164761_14363173.jpg
 

d0164761_14374212.jpg

d0164761_14374970.jpg
















  美しい花を見た後は、いよいよ横浜中華街です。
  オーダーバイキングというから張り切っていたのですが、たくさんは食べられない年齢になってしまいました。 

d0164761_14375803.jpg

  中華街は激混みでした。とにかく大賑わいでした。
  占い屋さんが多かったのにはびっくりしました。
  わが町の婦人部恒例のバス旅行、今年も無事に楽しく終わることができました。 


[PR]
by miyamayoshi | 2018-05-29 14:51 | おでかけ | Comments(6)

玉露の里(静岡県藤枝市岡部町)

 5月20日(日)
 諸々の事情で今月は山には行けません。
 日曜日の午後、ちょっと時間が空いたので、「玉露の里」までドライブしてきました。
 藤枝市の朝比奈地区は、京都の宇治、福岡の八女と並んで「玉露」の三大産地です。
 静かな自然が残るこの地区に「道の駅 玉露の里」があります。
 ここでは玉露や抹茶を気軽に飲むことができるお茶室もあります。
 すぐそばを流れる朝比奈川は子供達に大人気の遊び場です。

    私はこの景色が時々見たくなるのです。
d0164761_13342357.jpg

    お茶室では美味しい玉露を飲んでいるのでしょうか?
d0164761_13343056.jpg

    美しい鯉たちがゆったりと泳いでいます。
d0164761_13350130.jpg

    子供達の歓声が聞こえてきますね。
d0164761_13351034.jpg

  爽やかな初夏の風が吹く中の「玉露の里」の散策でリフレッシュすることができました。


 
 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-05-22 13:46 | おでかけ

岩本山公園の桜 (富士市)

 4月になりました。
 静岡市では3月31日、4月1日は「静岡祭り」で大賑わいでした。 市内は何処も満開の桜で、祭りを盛り上げてくれたようです。
 私はと言えば、諸事情で祭り見学もできませんでしたが、桜追っかけマニアとしてはどうしても岩本山の桜は見に行きたいと思い、昨日なんとか時間を作り、短時間で行ってきました。

岩本山の麓にある実相寺からのハイキングコースを20分程歩くと満開の桜が迎えてくれました。
d0164761_14582706.jpg

     芝桜もきれいです。
d0164761_14583624.jpg

     お~!!富士山と桜、日本の春だね。
d0164761_14584761.jpg

    芝生大広場ではコンサートも行われていました。
d0164761_14585511.jpg

  この最高の景色の中を子供達の声が響き渡っています。
d0164761_14590325.jpg

  ミツバツツジはこんない美しい色なんですね。
d0164761_14591174.jpg

    ここではもうシャクナゲも咲いていました。
d0164761_14591980.jpg

   帰り道はこの景色を見たくて「富士川かりがね堤」に寄ってみました。
d0164761_14592747.jpg

  
d0164761_14593411.jpg

 今年の桜は本当に美しく咲いてくれましたね。
 あの寒かった冬があったからでしょうか。
 入学式にはもう散ってしまうのですが、子供達の春休みを楽しいものにしてくれたようですね。
   
 しばらくコメント欄を閉じさせていただいています。

   

 


 

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-04-02 15:24 | おでかけ

身延山の枝垂れ桜

 今年の桜の開花は、かなり早いです。
 いつも行っている身延山の枝垂れ桜も、20日頃には開花したという情報がありました。
 とにかく今年も行ってみなければと、3月26日に自宅を5時に出て行ってきました。

 3月26日(月)晴れ
 せいしん駐車場から斜行エレベーターで久遠寺境内まで登っていきます。
d0164761_10224475.jpg


    エレベーターの中から眼下をみれば、朝日を浴びて輝く桜がきれいでした。
d0164761_10225663.jpg

    ほぼ満開の枝垂れ桜が、まだ冷たさの残る境内に凛として咲いていました。
d0164761_10230543.jpg

d0164761_10231218.jpg

d0164761_10231979.jpg

 早朝(午前7時頃)の静かな境内で、ゆっくりと枝垂れ桜を堪能してから菩提悌と呼ばれる287段ある石段を山門まで下りていきました。何しろこの石段は段差がとても大きくて、登るのも下りるのもかなり大変です。

    宿坊がたくさん並ぶ西谷参道の桜も見事でした。

d0164761_10232708.jpg

d0164761_10233488.jpg

  一本桜もすばらしかった!!
d0164761_10234205.jpg


  【おまけ】
 一回りして駐車場に戻るとまだ9時前なので、韮崎の「わに塚の桜」の様子を見に行くことにしました。見事な一本桜で有名ですが、まだ開花はしていませんでした。例年見頃は身延の桜より10日は遅いようです。

  八ヶ岳とのコラボレーションが素晴らしいです。
d0164761_10234959.jpg

 28日頃開花し始めたようです。

   
  

   

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-03-29 11:03 | おでかけ

桜、もう満開?そだね~

 今年の桜の開花はびっくりするくらい早いですね。
 寒い冬から急に暖かくなったので、飛び起きてしまったようですね。
 家の近くの駿府城公園付近を歩いてきました。

      ほぼ満開だ!!
d0164761_14342296.jpg

    この景色、県庁の展望台から見てみたいね。
d0164761_14343053.jpg

    満開の桜の下でする宴会ならさぞかし楽しいでしょうね。
d0164761_14343748.jpg

   この景色、やっぱり素晴らしい!!!
d0164761_14344988.jpg

    お堀にかかる桜もいいですね。
d0164761_14345646.jpg

  
d0164761_14350430.jpg
 
 今年も桜を追っかけて行けたらうれしいです。
 桜、心が躍る花ですね。




[PR]
by miyamayoshi | 2018-03-26 14:48 | おでかけ

冬の京都(非公開文化財特別公開)

 京都の二日目です。

 2月25日(日)
 昨日はとてもよい天気でしたがこの日は曇空です。
 でも、雨の心配はなさそうなので一安心です。

 毎年必ず行く場所があります。それは北野天満宮です。
 2月25日は「梅花祭」で大賑わいの日です。
 その人混みをさけるには、とにかく早朝に出かけました。
 早朝でもかなりの人でした。
d0164761_13391406.jpg

 梅の花は満開に近い木もありましたが、全体的には三分咲きくらいでした。
d0164761_13392284.jpg

 天満宮の周りはたくさんの出店があり、古着、器、アンティーク玩具、茶道具などいろいろな掘り出し物が並んでいます。それらを眺めながら歩くのも楽しいものです。

 いよいよ「非公開文化財特別公開」のお寺巡りです。
 まずは「宝鏡寺(ほうきょうじ)」です。代々皇女が住職を務めたことから「百々(とど)の御所」と呼ばれ、「人形の寺」としても親しまれているそうです。徳川14代将軍家茂に降嫁した皇女和宮が遊んだ場所であり、兄の孝明天皇の遺愛の御所人形などが特別展示されているので、是非見てみたいと思ったのです。

 宝鏡寺の大玄関
d0164761_13392933.jpg

 「人形の寺」と言われているので可愛い「人形塚」がありました。
d0164761_13393955.jpg

 本堂や書院には素晴らしい「襖絵」「杉戸絵」「小壁画」がありますが、写真撮影はダメです。
 唯一撮影していい場所はここだけでした。
d0164761_13394893.jpg

 今年の「京の冬の旅」のテーマが「明治維新150年記念」ということなので、皇女和宮は江戸城無血開城に尽力されたと言われていますから、今回この宝鏡寺が公開されたのですね。

 さて、次は相国寺の塔頭の「林光院(りんこういん)」です。
 まずは相国寺の法堂の前を通ります。
d0164761_14375846.jpg

 さて、林光院ですが、写真撮影はすべてダメということでした。
 薩摩・島津家とのゆかりが深い寺院で、薩摩藩士の墓所があり、今年のテーマに合っているのでしょうね。
 本堂・書院には、藤井涌泉さんが4年がかりで描かれた見事な襖絵が飾られていて、それはほんとうに見事でした。昨年完成したばかりで、涌泉さんは中国の方ですが、日本に来て25年くらいで、まだ50代の若い方だそうです。
 「京の冬の旅」のパンフレットの表紙を飾っているのが、この襖絵の虎です。
d0164761_14391273.jpg

 三条でお昼を食べてから、京都の風情ある路地裏通りを通りながら八坂の塔まで歩きました。
 先斗町です。こんな所でランチでもしたいけれど、お高いでしょうね。
d0164761_14392428.jpg

 八坂の塔  ここも毎年来ている場所です。
d0164761_14393349.jpg

 次は「泉涌寺(せんにゅうじ)」です。ここも写真撮影はできません。
d0164761_14394343.jpg

 泉涌寺は皇室と関連が深く、御寺と言われています。
 公明天皇や皇女和宮ゆかりの寺宝も展示されいました。
 重要文化財の「楊貴妃観音像」があり、その美しさはさすがでした。

 最後は「東福寺」です。禅堂と経蔵を公開していました。
 東福寺の通天橋です。京都の紅葉の名所として大人気の所ですね。でも今は...
d0164761_14395355.jpg

 私、実は通天橋の燃えるような紅葉を、2012年11月21日に見ましたよ。
d0164761_14400613.jpg

一度に400人以上の僧が修行していたという「禅道」の広さにびっくりしました。写真ダメです。
そして経蔵には、1000余りの経典を納めた八角形の回転式輪蔵が据えられていました。
d0164761_14401525.jpg

 非公開文化財をみることができるのは本当にラッキーなことです。
 説明してくださる方がいらっしゃるのもうれしいです。
 たぶん来年も冬の京都に行きたくなるでしょうね。

  
d0164761_14402588.jpg
 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-03-05 16:08 | おでかけ | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る