カテゴリ:暮らし( 202 )

がんばって~~(2019静岡マラソン)

 2月24日(日)
 静岡マラソンの日です。
 暖かくて風もなく富士山も顔を出してくれました。
 今年は公務員ランナーとして有名な「川内優輝さん」が参加です。
 我が家のすぐ近くを走るのですから、楽しみ倍増でした。

 「8時20分スタートしました」という広報があり、今か今かと待っていました。
 9時頃です、川内さんがトップで走ってくるのが見えてきました。
d0164761_10484256.jpg

 そして私の目の前をあっと言う間に駆け抜けていきました。
d0164761_10485066.jpg
 

 トップが走り過ぎた後もまだまだランナーが続きます。
 フルマラソンに参加した人は、1万685人というのですから、すべての人が通り過ぎるのには大変なことでした。応援部隊は「がんばって~~」の声を大にしての1時間30分でした。
d0164761_10490807.jpg
  
 
5キロとか10キロマラソンと違って、仮装して走る人はないのですが応援部隊にはいましたよ。
可愛い「まる子ちゃん」でした。
まる子ちゃんを見たランナーは、更に元気に走ることができたでしょうね。
まる子ちゃん、写真撮らせてくれてありがとう。ブログも許可してくれました。
d0164761_10490098.jpg

  静岡マラソンとともに、春がやってきます。
  ランナーの皆さん、楽しませていただきましたよ、ありがとう!!
  
 
 

by miyamayoshi | 2019-02-25 11:20 | 暮らし

寒中お見舞い申し上げます


 今年は暖冬だと言われています。
 でも、私はすっかり寒さに弱くなってしまいました。
 雪のない所に住んでいるので、スノーシューで雪原を歩くのが楽しみでしたが、今年はなかなか出かけられません。
 加齢を口実にはしたくないのですが、やっぱり体力・気力の低下はありますね。
 でも↓のこんな写真を見ると、出かけたいなと思えてきます。
 この年は雪が多くて大変でしたが、素晴らしい景色を見ることができ、とても楽しかったです。
 こんな天気の良い日に雪上歩きをしたい気持ちになりました。

 今が一番寒い時、皆さんどうぞご自愛くださいね。

    2013.1.19 竜ヶ岳にて
d0164761_08460603.jpg
 
 

by miyamayoshi | 2019-01-22 10:10 | 暮らし | Comments(7)

今年もよろしくお願いいたします。

 2019年、新しい年になりました。
 平成最後の年です。
 お健やかに新年をお迎えのことと思います。

 あけましておめでとうございます。

 わらで作ったジャンポ干支(島田市大代地区) 6回目の私の干支です。
d0164761_13582503.jpg

 今年もゆっくり楽しく山に行きたいと思っています。
 昨年の登り納め(12月30日)は満観峰でした。
 凛とした富士山がすばらしかったです。
d0164761_13584053.jpg

  今年もよろしくお願いいたします。
  
 

by miyamayoshi | 2019-01-01 14:10 | 暮らし | Comments(6)

よいお年をお迎えください

年末寒波の影響で、日本海側は大雪で大変ですね。
太平洋側でも晴れてはいますがかなり寒いです。
新聞の天気予報欄を見ていると、最高気温が10℃以上の所は沖縄と静岡とのことで、私は何と恵まれた所に住んでいるのだろうと再認識しました。本当にありがたく感謝しています。 

 温暖な所では紅葉の速度も遅いです。我が家のモミジは今が見頃なんです。
d0164761_12424496.jpg

d0164761_12403384.jpg

    10月にチューリップの球根を植えましたが、
    今はこんな具合です。







 
この辺ではどの家の花壇にもパンジーが咲き誇っています。
d0164761_12404178.jpg
 
 富山のN子さ~ん、車の運転気をつけてくださいね。
 御主人様、雪おろし気をつけてくださいね。
 ママのお里の山形に帰ったsyuちゃん、寒くて泣いていないかな。

 私の兄夫婦も豪雪地帯に住んでいたことがありました。
 新婚さんだったのに、雪国は淋しいからと言って私を呼び寄せたこともありました。
 
 雪を知らない私達は、雪の美しさばかり思ってしまうけれど、その中で生活するって大変なことですね。今年もあとわずかになりました。雪による被害に遭いませんように、よいお年をお迎えください。

 いつも暖かく応援してくださる皆様、ありがとうございます。
 どうぞよいお年をお迎えくださいね。


by miyamayoshi | 2018-12-29 13:12 | 暮らし

梅ヶ島の梅の木剪定

 12月7日(土)晴れ
 平成30年度葵区魅了づくり事業「梅の木剪定」のお手伝いをしてきました。
 この事業は今年で5回目だそうですが、私達は今回で3回目の参加です。
 急に寒さの到来で、寒さ対策も万全にして行きましたが、風もなく暖かい陽が射しこんで楽しく作業ができました。
 12月2日には静岡市の防災訓練があり、この日も自治会関係のお手伝いですが、少しでもお役にたつことができればと思います。

 梅の木剪定と言っても私のような者は大したことはできません。
 切り落とされた枝をまとめたり、木の幹に付いているコケをタワシでこすり落とします。
 簡単なようですが、なかなか力がいる作業です。
d0164761_10111694.jpg

 高い所の剪定などは、地元の人達がやってくれます。
 こういう場面を見せてもらえるのもいいものです。
d0164761_10112724.jpg

  木の幹には寄生植物の葉もしっかりと育っていました。
d0164761_10113534.jpg

 梅ヶ島の広い場所にたくさんある梅の木を地元の人だけで剪定するのはとても大変なことで、「お互い様精神」で葵区の人達が助け合う事業もすっかり根付いたように思えました。今回は約80名の人が参加しました。
 


 

by miyamayoshi | 2018-12-12 10:26 | 暮らし

炊き出し(防災訓練)

 12月2日(日)
 静岡市は12月の第一日曜日が防災訓練の日です。
 私の住む自治会でも毎年大勢の人が参加して訓練を実施しています。
 そして私が所属する婦人部は炊き出しを受け持ちます。
 訓練が終わった後に、参加者約80名の人達にご飯とみそ汁を食べてもらうのです。
 
 ご飯を炊くお釜も味噌汁を作るお鍋の用意もできました。
d0164761_16114658.jpg

  いよいよお釜に火を点けます、「うまく炊けるかな」と少し緊張します。
d0164761_16115533.jpg

まきが燃え上がって火が大きくなるまでが大変ですが、ようやくOKです。(2升が2釜)
d0164761_16120466.jpg

 お釜の中の水が沸騰するまでは強火で、ブツブツと音がして水が引けてきたら、燃え上がっているまきを外に出して、ごく弱火にします。この間、ふたを開けないとは言うものの、心配で何度も何度も「ちょっとだけよ~」と言っては開けてしまいました。
 おこげが美味しいからと言っても、後のお釜洗いが非常に大変ですから、おこげは作らないようにごくごく弱火にします。
 表面にぶつぶつと穴が開いていたら炊き上がりです。その後20分から30分蒸らします。

 ご飯も炊けて、味噌汁も美味しくできて、いつでもたべることができるようになっていますが、まだ訓練が終わりません。
d0164761_16121681.jpg

 我が自治会は本当に真面目でまとまりがいいです。訓練終了後はみんな「美味しい」と言って食べてくれました。

 今年の訓練のテーマは「災害時ケガの応急処置」でした。

by miyamayoshi | 2018-12-05 16:41 | 暮らし | Comments(6)

11月の朝顔

 11月6日
 秋も深まってきました。
 朝早く庭に出てみると何と朝顔が1輪咲いているのです。
 冬越しもするという「琉球朝顔」ではありません。
 夏の間次から次へと咲いてくれた朝顔の種が自然に落ちて、再び芽を出し咲いてくれたのです。
 自然に種が落ちて芽を出す朝顔もいくつかありましたが、花が咲いてくれるまで育つのは滅多ないです。

 とってもいい色に咲いてくれてありがとうね!!
d0164761_13554933.jpg
 
 今日は母の誕生日です。
 母が亡くなってからもう12年もたちました。
 今でもきっと私を見守ってくれている母にこの朝顔をプレゼントします。


by miyamayoshi | 2018-11-06 14:49 | 暮らし

ピンクがお似合いですね!

 退職をした頃から、病院通いが多くなってきますよね。
 勤めていた頃はちょっと具合が悪くても、病院に行く時間を取るのは大変でした。
 加齢と共に、体に異常が出てくるのは致し方ありません。
 内科、眼下、耳鼻科、整形外科等と定期的に通っている方も多いですね。
 私も内科医院で毎月診ていただいています。
 ある数値がちょっと高いのです。

 私のかかりつけの先生は、気さくで優しくて何でも相談できる方です。
 診察室に入るとまず先生の着ている診察着の色を確認します。
 何しろ診察着の色は18種類もあるのです。(以前はみんな白衣でしたよね)
 昨日はきれいなピンク色でした。

 「先生、ピンクがお似合いですね!」と私。
 「今週はピンク系です」
 「来週はブルー系です」
 「なかなか評判がいいのが赤系です」と先生。

          「お医者様と言えば白衣でしたよね」
          「でも、白衣を見るとちょっと緊張しました」と私。
  「白衣は患者さんを押さえてしまう色らしいです」と先生。d0164761_14461170.gif





 
こんな話を自然にしてくださる先生に診ていただいていて本当によかったと思います。
むやみに薬も出されません。
診察室には「何でも相談してください」と書かれています。
「家族のことでも結構です」とも書かれています。
だから、みなさんゆったりした気持ちで診察に来ているようです。

「先生、最近やることがスローになってきてしまったのですが」と私。
「スローで結構じゃないですか、スローでいいですよ」と先生。
 この一言でほっとした私です。

いい先生にめぐり会えてつくづくよかったと思っています。



 
 

 

by miyamayoshi | 2018-10-18 15:10 | 暮らし

夏かな?秋かな?

 8月半ばからずっとはっきりしない天気です。
 あの猛暑も影をひそめて涼しい日が続いていました。
 でも、まだ夏が終わったようでもありません。
 花壇の花はまだまだ夏の花が勢いよく咲いています。
d0164761_08515491.jpg

 昨日は天気もイマイチだったし、自治会のお祭りの手伝いがあったりで遠出はできなかったけれど、大好きな「身延饅頭」を買いにちょこっとドライブを楽しんできました。
 静岡市は曇空で時々ぱらっと雨も落ちてきたりしていましたが、山梨県に入ると青空です。黄色のジュータンが目に飛び込んできました。稲刈りの準備をしているようでした。この風景はやっぱり秋ですね。日本の穏やかな秋の風景です。
d0164761_08520985.jpg

d0164761_08522582.jpg

 中学生や高校生の年代は、時には子供で時には大人で扱いが大変なことがあります。季節もそうですね、今の時期は夏だったり秋だったりと体が途惑いますね。そこをうまくクリアしていくことが大切ですね。

 夏生まれの私は夏も好き、美味しい物がたくさん出回る秋も大好きです。

by miyamayoshi | 2018-09-17 09:15 | 暮らし | Comments(6)

左利き

 猛暑、台風、地震...日本列島は何故こんなに痛めつけられているのでしょうか?
 お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、被災された方々へお見舞い申し上げます。

 天気も相変わらず安定していません。
 山に行きたい人達も残念ながら足止めされていますね。
 山小屋関係の方々も台風の被害やキャンセル続きで大変なようですね。

 私もブログの更新がなかなかできません。
 ひと月前に山に行ってからどこにも出かけられません。

 ひと月前の山小屋での話ですが、こんなことがありました。
 新穂高温泉から小池新道を歩いて鏡平山荘に一泊しました。
 
d0164761_08234511.jpg
                      鏡平山荘のHPより

 山小屋の楽しみは夕飯です。
 鏡平山荘の夕飯はびっくりするくらいの大きなコロッケがメインで、おいしかったです。
d0164761_08241437.jpg

 この日は「山の日」で宿泊者は激混みで、狭い小屋の食堂は定員オーバーです。
 当然隣の人と手がぶつかったりします。
 すると、隣に座った男性が「私は左利きなのでごめんなさい」と言うのです。
 箸を持つ左手と右利き人の右手が当たりやすいのですね。
 そこで私は「私も左利きです。でも、食べるのは右手ですが」と...
  
 そうなんです。箸を持つのと字を書くのは小学校に入る時にかなり強制的に直されました。右手でできることはそれだけで、あとは左手でなければできません。特に女は箸を左手で持つことは見苦しいこととされていた時代です。字だって左で書いたらもっとうまかったかもしれません。絵は習って描くものではないから左でなければ絶対に描けませんし、考えてみればいろいろ苦労がありましたね。
 今はいい時代ですね。「サウスポーはかっこいい」なんて言われるものね。でも、この男性もきっと「あんたの左手がじゃまになるよ」なんて言われることがあったのでしょうね。「私も左利きです」と言った時はにこっといいお顔をされました。

     鏡平山荘の食堂です。混雑時はここにぎっしりと人が入ります。(山荘HPより)
d0164761_08240065.jpg

    私はスリムなので山小屋で布団1枚に二人と言われても狭い場所でもOKです。
d0164761_08242497.jpg

 どんな世の中でも少数派はやっぱり多少がまんが必要なことがあります。
 でも、「ぎっちょの人は器用だね」なんて言われるけれど、右手ではできないけれど、左用の道具があまりないから右手もなんとか使うように努力しなければならないからです。
 (ぎっちょと言う言葉は差別用語と扱われるそうですが、私は何とも思いません。)
 
 
 
 

by miyamayoshi | 2018-09-10 09:23 | 暮らし | Comments(8)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る