カテゴリ:暮らし( 196 )

11月の朝顔

 11月6日
 秋も深まってきました。
 朝早く庭に出てみると何と朝顔が1輪咲いているのです。
 冬越しもするという「琉球朝顔」ではありません。
 夏の間次から次へと咲いてくれた朝顔の種が自然に落ちて、再び芽を出し咲いてくれたのです。
 自然に種が落ちて芽を出す朝顔もいくつかありましたが、花が咲いてくれるまで育つのは滅多ないです。

 とってもいい色に咲いてくれてありがとうね!!
d0164761_13554933.jpg
 
 今日は母の誕生日です。
 母が亡くなってからもう12年もたちました。
 今でもきっと私を見守ってくれている母にこの朝顔をプレゼントします。


[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-06 14:49 | 暮らし

ピンクがお似合いですね!

 退職をした頃から、病院通いが多くなってきますよね。
 勤めていた頃はちょっと具合が悪くても、病院に行く時間を取るのは大変でした。
 加齢と共に、体に異常が出てくるのは致し方ありません。
 内科、眼下、耳鼻科、整形外科等と定期的に通っている方も多いですね。
 私も内科医院で毎月診ていただいています。
 ある数値がちょっと高いのです。

 私のかかりつけの先生は、気さくで優しくて何でも相談できる方です。
 診察室に入るとまず先生の着ている診察着の色を確認します。
 何しろ診察着の色は18種類もあるのです。(以前はみんな白衣でしたよね)
 昨日はきれいなピンク色でした。

 「先生、ピンクがお似合いですね!」と私。
 「今週はピンク系です」
 「来週はブルー系です」
 「なかなか評判がいいのが赤系です」と先生。

          「お医者様と言えば白衣でしたよね」
          「でも、白衣を見るとちょっと緊張しました」と私。
  「白衣は患者さんを押さえてしまう色らしいです」と先生。d0164761_14461170.gif





 
こんな話を自然にしてくださる先生に診ていただいていて本当によかったと思います。
むやみに薬も出されません。
診察室には「何でも相談してください」と書かれています。
「家族のことでも結構です」とも書かれています。
だから、みなさんゆったりした気持ちで診察に来ているようです。

「先生、最近やることがスローになってきてしまったのですが」と私。
「スローで結構じゃないですか、スローでいいですよ」と先生。
 この一言でほっとした私です。

いい先生にめぐり会えてつくづくよかったと思っています。



 
 

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-10-18 15:10 | 暮らし

夏かな?秋かな?

 8月半ばからずっとはっきりしない天気です。
 あの猛暑も影をひそめて涼しい日が続いていました。
 でも、まだ夏が終わったようでもありません。
 花壇の花はまだまだ夏の花が勢いよく咲いています。
d0164761_08515491.jpg

 昨日は天気もイマイチだったし、自治会のお祭りの手伝いがあったりで遠出はできなかったけれど、大好きな「身延饅頭」を買いにちょこっとドライブを楽しんできました。
 静岡市は曇空で時々ぱらっと雨も落ちてきたりしていましたが、山梨県に入ると青空です。黄色のジュータンが目に飛び込んできました。稲刈りの準備をしているようでした。この風景はやっぱり秋ですね。日本の穏やかな秋の風景です。
d0164761_08520985.jpg

d0164761_08522582.jpg

 中学生や高校生の年代は、時には子供で時には大人で扱いが大変なことがあります。季節もそうですね、今の時期は夏だったり秋だったりと体が途惑いますね。そこをうまくクリアしていくことが大切ですね。

 夏生まれの私は夏も好き、美味しい物がたくさん出回る秋も大好きです。

[PR]
by miyamayoshi | 2018-09-17 09:15 | 暮らし | Comments(6)

左利き

 猛暑、台風、地震...日本列島は何故こんなに痛めつけられているのでしょうか?
 お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りし、被災された方々へお見舞い申し上げます。

 天気も相変わらず安定していません。
 山に行きたい人達も残念ながら足止めされていますね。
 山小屋関係の方々も台風の被害やキャンセル続きで大変なようですね。

 私もブログの更新がなかなかできません。
 ひと月前に山に行ってからどこにも出かけられません。

 ひと月前の山小屋での話ですが、こんなことがありました。
 新穂高温泉から小池新道を歩いて鏡平山荘に一泊しました。
 
d0164761_08234511.jpg
                      鏡平山荘のHPより

 山小屋の楽しみは夕飯です。
 鏡平山荘の夕飯はびっくりするくらいの大きなコロッケがメインで、おいしかったです。
d0164761_08241437.jpg

 この日は「山の日」で宿泊者は激混みで、狭い小屋の食堂は定員オーバーです。
 当然隣の人と手がぶつかったりします。
 すると、隣に座った男性が「私は左利きなのでごめんなさい」と言うのです。
 箸を持つ左手と右利き人の右手が当たりやすいのですね。
 そこで私は「私も左利きです。でも、食べるのは右手ですが」と...
  
 そうなんです。箸を持つのと字を書くのは小学校に入る時にかなり強制的に直されました。右手でできることはそれだけで、あとは左手でなければできません。特に女は箸を左手で持つことは見苦しいこととされていた時代です。字だって左で書いたらもっとうまかったかもしれません。絵は習って描くものではないから左でなければ絶対に描けませんし、考えてみればいろいろ苦労がありましたね。
 今はいい時代ですね。「サウスポーはかっこいい」なんて言われるものね。でも、この男性もきっと「あんたの左手がじゃまになるよ」なんて言われることがあったのでしょうね。「私も左利きです」と言った時はにこっといいお顔をされました。

     鏡平山荘の食堂です。混雑時はここにぎっしりと人が入ります。(山荘HPより)
d0164761_08240065.jpg

    私はスリムなので山小屋で布団1枚に二人と言われても狭い場所でもOKです。
d0164761_08242497.jpg

 どんな世の中でも少数派はやっぱり多少がまんが必要なことがあります。
 でも、「ぎっちょの人は器用だね」なんて言われるけれど、右手ではできないけれど、左用の道具があまりないから右手もなんとか使うように努力しなければならないからです。
 (ぎっちょと言う言葉は差別用語と扱われるそうですが、私は何とも思いません。)
 
 
 
 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-09-10 09:23 | 暮らし | Comments(8)

夏の疲れがでました(パソコンも熱中症?)

今日は暑さも一休みですが、とにかく今年の夏は暑過ぎです。
私の取り得は元気なのですが、夏の終わりになってこの元気が失せてきました。
夏の疲れが出てしまいました。

元気ぶっていてもこの暑さは辛かったです。
d0164761_16221657.gif


 



毎朝こんなこともやって頑張っていたつもりでしたが...
d0164761_16214425.gif
 これを飲まないと食欲が出ないと言っては毎晩飲んじゃいました。
 ビールの空き缶が溜まり過ぎです。
d0164761_16220152.gif






  実は一昨日、私のパソコンが動かなくなってしまいました。
  暑い部屋の中で熱中症にかかってしまったらしいです。
  仲良し友人のパソコンも同じ時期に「うん」とも「すん」とも言わなくなったと電話あり。
  エアコンを入れて一晩休ませてあげたら次の朝は機嫌よくなりました。

  私も日々の生活をもう少しきちんとしたいと思っています。
  そして、またまた台風が近づいています。
  どうぞ被害がなく通り過ぎてくれますようにと祈ります。
  

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-09-02 16:43 | 暮らし

軽トラのように

 7月の暑さの厳しさに心身共に疲れてしまいました。
 昨日7月31日は私の誕生日でした。
 そして今日からもう8月。
 いよいよ夏の季節というより、夏も終盤かしらと思ってしまいます。

 8月1日は母の命日です。
  優しくて強い人でした。   d0164761_10161961.gif

   大正3年生まれですから、生きていれば104才です。
  あの当時の女の人としては珍しく運転免許証を持っていました。
  乗っている車は仕事の関係で軽トラでした。
  よく働いてくれた母でした。

 私は母に似ているということで、母が亡くなってから叔母たちは「姉ちゃん(母のこと)と話しているみたい」と言われたものです。
 そして、昨日は妹からのおめでとうの電話をもらいましたが、「細い体でも軽トラのようによく動くじゃん」と言われました。
 高級車でなくても軽トラでいいです。
 これからも軽トラのように一生懸命生きていきたいと思います。
d0164761_10163211.jpg

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-08-01 10:18 | 暮らし

穏やかな朝なのに...

 私の地域も梅雨明けを迎えました。
 セミの鳴き声が賑やかです。

 朝顔がたくさん咲いて静かな朝です。
d0164761_15123152.jpg

  夫が丹精しているナスも実をつけています。
d0164761_15124828.jpg

  夏の青空にはサルスベリが似合っています。
d0164761_15130367.jpg

 こんなに穏やかな朝の爽やかさを私は味わっているのに、西日本豪雨の被害に遭われた方々を思うと申し訳ない気持ちで一杯です。
 被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。


[PR]
by miyamayoshi | 2018-07-10 15:33 | 暮らし

好きな数字は「3」

 誰にも好きな数字があるのではないでしょうか?
 私は「3」が大好きです。
 小学校の1年から6年まで、ずっと3組でした。
 中学1年は13組だった。(団塊の世代だから14組までありました)
 兄が二人で私と妹の4人兄弟の三番目。
 誕生日も31日だから3がついているよね。
 結婚記念日も確か23日だった。
 性格も派手ではないから1番手や2番手ではなく3番手以降ですね。
 とにかく「3」が好きです。
 
 そして何よりの楽しみは三人組の山行きです。
 兄と夫と私の三人組です。
 私の友人はブログに兄が出てこないと「お兄さん元気?」なんて聞いてくるのです。

 山での三人組写真はあまりないです。
 誰かに撮っていただかないとないですよね。
 以前の写真を整理していたら出てきた写真がありました。

    頑張って行ってきました剱岳です。(2007年8月)
d0164761_09574344.jpg

   私のたった一度の外国旅行です。スイス(アイガー、メンヒ、ユングフラウを望みながら)
                                    2010年7月
d0164761_09575538.jpg

  1回目は大雨で何もみえなかった五竜岳、リベンジ登山でした。 2013年8月 
d0164761_09580496.jpg

  また今週末は雨の予報です。
  三人組で今年も北アルプスに行く予定ですが、トレーニングがなかなかできません。
  

[PR]
by miyamayoshi | 2018-06-13 10:09 | 暮らし

夏が始まるよ

 ずっと肌寒い日が続いていたのに、急に暑い日の到来です。
 槇原敬之さんの『冬がはじまるよ』という歌がありますが、静岡市ではまさに『夏が始まるよ』です。
 静岡市は冬が終わると、穏やかな春の季節はあっと言う間に過ぎて、暑い夏が長~く続きます。
 今朝は買い物のついでに「常磐公園」を歩いてみました。
 太陽が燦々と降り注ぎ、日傘なしでは歩けません。

 華やかな色の「マツバギク」が見事です。
d0164761_13473713.jpg

 「こんなに大きな木があったのね」と見上げて見れば、何とまあ形の良い木です。
  葉が茂り、夏の暑さをシャットアウトしてくれるのももうすぐですね。
d0164761_13474598.jpg

 寒い時期に始めた残り毛糸で編む「ドミノ編み」のひざ掛け、まだまだここまでしか...
 とにかく完成するまで「頑張るぞ」と箱の奥の奥にしまいました。
                    (どなたかのブログを参考にさせてもらっています)
d0164761_13475152.jpg

        今年も猛暑が続くようです。
        皆様どうぞお体ご自愛くださいませ。
  
        5月20日でこのブログも満8年になります。
        これからもどうぞよろしくお願いいたします。
        いつもありがとうございます。(*^_^*)
  
  
  

 

 
 


[PR]
by miyamayoshi | 2018-05-16 14:15 | 暮らし | Comments(4)

春なのに...

  今年の桜の開花はかなり早かったですね。      
  春爛漫の中でお花見を楽しんだ人達の笑顔が浮かんできます。       
  そう、春なんですね。        
  でも、春って少し寂しさもあるのですね。
     
  春の歌と言えば、私にはやっぱりこの歌です。      
  中島みゆきの「春なのに」です。      
  今は特にこの歌が私の心の中をぐるぐる駆け回っています。            

     春なのに お別れですか               
     春なのに 涙がこぼれます            
     春なのに 春なのに               
     ため息またひとつ       

 この歌は失恋の歌なので、私とはちょっと違いますが、3月27日、兄が亡くなりました。        
 突然でした。最近は体が少し弱くなってきてはいましたが、突然でした。         
 兄弟姉妹の一人がいなくなることは辛いものです。 
 時折涙がこぼれそうになります。 

      12年前に亡くなった母からもらったエビネの花が咲きました。
d0164761_14293839.jpg

  お母さ~ん、兄さんともう会うことができましたか?
  兄さんはね、満開の桜の花に送られてお母さんの所に旅立ったよ。
  どうぞ楽しいおしゃべりをたくさんしてくださいね。

  いい奥さんといい子供達と可愛い孫に恵まれて幸せな人生だったね、兄さん。
  私達が山に行くようになった切っ掛けを作ってくれたのは兄さんでしたね。
  いつもの三人組の兄さんはまだまだ元気だから、私もまだまだ山歩きするよ。

  春なのに、お別れですね。

  
  
  
[PR]
by miyamayoshi | 2018-04-05 14:42 | 暮らし

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧