カテゴリ:富士山( 24 )

静岡県富士山世界遺産センター

 2月13日(火)
 建国記念の日を挟んだ三連休が終わったのを待って、富士宮市にある「静岡県富士山世界遺産センター」へ行ってきました。連休中はかなりの混みようだったそうですが、職がない気楽な身ですから、すいている時にゆっくり見学できました。

 昨年オープンしたばかりで、逆さ富士を象徴した斬新な建物です。
d0164761_08551673.jpg

 このセンターが建てられている場所は「富士山本宮浅間大社」に隣接しています。
d0164761_08552478.jpg

 通勤渋滞を考えて早朝に家を出たので、9時の開館まで浅間大社内を散策することにしました。

 境内にある富士山の伏流水の「涌玉池」は神秘的でした。
d0164761_08553131.jpg

 境内からは富士山の展望も素晴らしかった。
d0164761_08560908.jpg

 そろそろ開館時間になるので、センターの前に戻ってみると・・・
 センター前面の湧水を引き込んだ水盤に映った逆さ富士が見事でした。
d0164761_08554013.jpg

 いよいよセンターに入ります。ありがたいことに私達高齢者は無料で見学できます。

 ちょっとうす暗い中、擬似登山体験をイメージしたらせんスロープを歩いて行きます。
d0164761_08561902.jpg

 山登りの気分を味わいながら屋上テラスに出ると、この素晴らしい富士山が待っていました。
d0164761_08562667.jpg

 下りは富士山に関する資料がたくさんあり、ゆっくり見ているとかなり時間がかかります。
 センターの中からでもこんなに素晴らしい富士山を見ることができます。
d0164761_08563407.jpg

 ここまで来たのだから、水ヶ塚まで車を走らせることにしました。
 駐車場はご覧のように一面の雪です。
d0164761_08564177.jpg

 ここからは凛とした真冬の富士山ってすごい迫力ですね。
d0164761_08564997.jpg

 「静岡県富士山世界遺産センター」、富士山大好きな方は是非行ってみてください。
 富士山のご機嫌の良い日に行くことがいいでしょうね。
 富士山を見ていると、優しく背中を押してもらえるような気持になります。
 


 
 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-02-14 10:07 | 富士山 | Comments(9)

新春の薩埵峠(さったとうげ)

 私の住む静岡市では、大晦日から正月三が日は穏やかなよい天気に恵まれましたが、今日はまた冬将軍様のお出ましで寒いです。
 
 暖かい日差しに誘われて、二日には薩埵峠に行ってきました。
 ここは一足先に春を感じることができる場所です。

    ちらほらと咲き出した寒桜と光る海が穏やかな気持ちにさせてくれます。
d0164761_09023243.jpg

    薩埵峠と言えばこの景色ですね。 椿も咲き出しています。
d0164761_09024074.jpg

  寒桜も1、2分咲きですが、まだメジロは見かけませんでした。
d0164761_09024714.jpg

    満開の水仙は素晴らしい!!
d0164761_09025606.jpg

   今年も楽しく歩きながら、山の花、町の花を愛でていきたいと思います。

[PR]
by miyamayoshi | 2018-01-04 09:29 | 富士山 | Comments(6)

やっと雪化粧した富士山!

 暖冬だった日本列島に、冬将軍様がとうとうお出でになりました。
 雪が降るといつも都心は大混乱になりますね。
 今朝の静岡市は晴れてはいても風が強くて厳しい寒さでした。
 家の前からわずかに見える富士山が真っ白です。
 やっと雪化粧した富士山を見に行かなくてはと日本平に行ってきました。
 日本平の山頂は気温が3度、風が強くて飛ばされそうでした。

 雪煙の富士山は凛としています。
d0164761_13574983.jpg

 この寒さの中でも梅の花が咲き出していました。
d0164761_1402775.jpg








 
[PR]
by miyamayoshi | 2016-01-19 14:01 | 富士山

さった峠&日本平

 我が家の恒例の一つは、新春のさった峠の富士山を見にいくことです。
 家の前から少しだけ見える富士山の様子で「行こうか~」というわけで行ってきました。

d0164761_8401438.jpg



 暖かい日差しの中で、元気に咲いている水仙が出迎えてくれました。








 さった峠の寒桜は? こんな状態でした。
d0164761_8444453.jpg

d0164761_8475023.jpg

 タンポポに似た黄色の花がたくさん咲いているのですが、名前がよくわかりません。







 水仙は今が見頃です。
d0164761_849445.jpg

d0164761_850959.jpg


 この道を通るのが大好きです。








 さった峠と言えば、この富士山です。
d0164761_8515168.jpg

d0164761_8523999.jpg

 日本平にも寄ってみました。
 日本平ホテルの前からの清水港と富士山。
d0164761_85453100.jpg

 ここではもう梅の花が咲いていました。
d0164761_8575289.jpg

 





 
[PR]
by miyamayoshi | 2015-01-09 09:03 | 富士山 | Comments(8)

秀麗富士山

 予報通り急に冷え込んできました。
 いよいよ冬ですね。
 寒さは苦手でも寒さと共に富士山が美しくなってくるので、何だかワクワクしてきます。

 家の前から見える富士山はほんのちょっとだけです。
 でも、真っ白に化粧したのがよくわかります。
 こんな時は夫唱婦随(婦唱夫随)で「さあ、さった峠に行こう」ということになるのです。


 薩埵峠からの富士山!!
d0164761_914347.jpg

 富士山の美しさと共に、青く澄んだ海に立つ白波も美しい!!
d0164761_9143212.jpg

こんなに美しい富士山が見える場所で、10月6日に関東甲信を横断した台風18号による土砂崩れが起こり、その下を通っているJR東海道線はかなりの間不通になっていました。
 今も工事が行われています。
 
d0164761_9271618.jpg

 東名高速、国1バイパス、JR東海道線と富士山は定番です。
d0164761_9391027.jpg

 みかんと富士山、静岡らしいね。
d0164761_9412872.jpg

 薩埵峠は暖かい所なので、お花も早く咲き出します。

 スイセン(ちらほら咲いていました)         椿(蕾もかなり膨らんでいました)
d0164761_9454419.jpgd0164761_9455850.jpg

   ビワ(たくさんのビワの木があります)            ムラサキカタバミ
d0164761_94931.jpgd0164761_949173.jpg

 冬空の中に凛と立つ富士山を望みながら、「寒さなんかに負けないよ」と思いました。





 
[PR]
by miyamayoshi | 2014-12-03 10:01 | 富士山 | Comments(8)

金冠山・達磨山・大観山

 3月8日、この冬最初で最後の雪遊びに出かけるつもりでしたが、行きたい方面はまたまた大雪で、道路情報などから諦め、お気楽に伊豆・箱根のドライブに出かけてきました。
 と、言っても行った所はやっぱり山ですが、ちょこっと歩いて富士山の展望を満喫してきました。

 2月11日に開通した伊豆縦貫自動車道の一部の東駿河湾環状道路(沼津岡宮ICから函南塚本ICまで)を通ってみました。伊豆縦貫自動車道とは、沼津市から下田市に至る延長約60kmで計画されている国道の自動車専用道路のことですが、全線が開通すれば伊豆の大渋滞も解消されそうですね。

  
 まずは、「修善寺虹の里」の横を通って「達磨山高原レストハウス」へ。 
 道には雪も少し残っていましたが難なく通行できました。

 「達磨山高原レストハウス」から富士山を望みます。
d0164761_9294040.jpg

 d0164761_9312653.jpg

 今度は「金冠山」へ向かいます。

 ここから「伊豆山稜線歩道」のスタートで、「天城峠」までを結ぶ自然歩道は富士山の展望が抜群です。




 金冠山(816m)からの富士山
d0164761_9351717.jpg

 d0164761_936023.jpg

 
 眼下には「戸田港」も見えます。










 金冠山から達磨山までは縦走できますが、車を達磨山の登山口に移動します。
d0164761_9392597.jpg

 達磨山の頂上までは階段です。(私が数えたのは約340段でした)
d0164761_9413356.jpg

d0164761_9431970.jpg


 少し雪道もありました。
 1週間前はかなりの雪だったとか。






 達磨山(981.8m)からの富士山
d0164761_9471412.jpg

d0164761_9472845.jpg

 夫の「箱根に行こう」と提案に同意し、箱根へ。
 箱根の街もまだまだ雪が残っていました。
d0164761_9533519.jpg

 箱根の「大観山」に向かいました。
 ここは「オートバイ乗り」の聖地です。たぶんオフ会でしょう。
d0164761_9553422.jpg

 芦ノ湖と富士山の展望が抜群の大観山(1011m)ですが、富士山はお隠れです。
d0164761_1001438.jpg


 そんなこんなで伊豆と箱根を車で走って、ちょこっと歩いてきました。
 いつか富士山を眺めながら伊豆山稜線歩道を歩いてみたいです。

 諸事情で今はちょっと忙しいですが、4月の半ば過ぎ(あるいは5月)になれば楽しく山に行けそうです。
 
 
 
 





 

 


  
[PR]
by miyamayoshi | 2014-03-10 10:23 | 富士山 | Comments(10)

大雪の後は...

 2月8日は関東甲信越に記録的な大雪が降りました。雪がほとんど降ったことのない静岡市にも雪が降るかもしれないと言うので、大人も子供も内心は「降るかなあ」とちょっと期待していましたが、山奥の方ではかなり降ったようでも、市街地は全く降りませんでした。

 昨日(2月9日)は、いつも冬に行く山梨県の「竜ケ岳」へ行く予定でした。前日に雪が降ったから、真っ白な新雪の上を歩けるとワクワクとしていたのです。

 車にはアイゼンもスノーシューもワカンもピッケルも入れて、更に長靴もスコップも入れて雪対策はOKと早朝に出発しました。

d0164761_1312051.jpg
 西富士道路に入るとこんな雪景色です。

 スタッドレスタイヤを履いていても、ちょっと心配でした。

 温度はー1℃です。
 暖かいです



 最初は裾だけ見えていた富士山が顔を出してくれました。
d0164761_1317412.jpg

 「朝霧道の駅」は除雪がしてなくて、やっと車を止める場所を探しました。
 とにかくここで登山靴やスパッツを着け「竜ヶ岳」の駐車場を目指しました。

 山梨県に入るとさらに雪の量が多くなっていました。
d0164761_13241779.jpg

 本栖湖畔の駐車場に来てびっくりです。
 入口は雪が高く積み重なっていてどうにもこうにも入れないのです。
 道路はなんとか通れるし、富士山も迎えてくれたのに...
d0164761_13313643.jpg

 それでは「パノラマ台」はどうかなと思って精進湖へ車を進めました。
 ここも全く同じで車を止める場所はありません。
 ほとんど全面が凍りついた精進湖は先月末に行った時とは全く違っていました。 
d0164761_1335788.jpg

 ここまで来て、雪に無縁な私達の持っている雪への考えが、いかに甘かったかと深く反省しました。それでも富士山は美しく出てくれているので、「富士四湖巡り」をすることにしました。

 西湖の上に聳える富士山
d0164761_13584134.jpg

 河口湖の上に聳える富士山
d0164761_142565.jpg

d0164761_1423729.jpg

 夏には地続きになっていた河口湖の六角堂も今は水の上でした。
d0164761_14459.jpg

 ここまでの写真は、車から容易に下りることができなかったので、走っている車の中から撮りました。

 明るい太陽が顔を出し始めてきたら、あちこちの家で雪かきをしている光景を目にしました。子供も大人も若者もお年寄りもスコップを持っているのです。実際に見て「雪が降ることは大変なことなんだ」と実感しました。

 
 「白糸の滝に行こう」と夫が言うのです。最近manさんが行った写真を見たからかしらね。ここは駐車場の一部が除雪してあってなんとか車を止められました。(駐車料金が500円もするのだから除雪はちゃんとしてもらわないとね)

 音止めの滝
d0164761_14211768.jpg

 白糸の滝
d0164761_14214984.jpg

 さすが「世界遺産」、こんな日でも観光客がいました。
d0164761_14224838.jpg


 雪山には登ることができなかったけれど、本栖湖、精進湖、西湖、河口湖と富士四湖巡りと素晴らしい富士山を堪能することができました。大雪が降った後は、雪遊びなんてとんでもないこともわかりました。雪の降る地方の人達のご苦労もわかりました。

   【おまけ】 
 カップ麺やおにぎりがザックに入っています。どこかで食べて行こうと思い、「岩本山」(静岡県富士市)の駐車場に行きました。なんとたくさんの車が駐車しているのです。小さな子供がソリを持っています。立派なカメラを持っている人も多いのです。子供は積もった雪でソリ遊びをカメラマンは梅の花の撮影です。

 物置にしまってあるソリを引っ張り出して岩本山に行こう!!
 雪山よりこっちの方が楽しいかもね。
d0164761_14352647.jpg
 
d0164761_14354594.jpg

d0164761_14365139.jpg

 もう「梅まつり」がはじまったようです。
 見頃はいつかな...







 
[PR]
by miyamayoshi | 2014-02-10 14:48 | 富士山 | Comments(12)

新春のさった峠(静岡市清水区)

 いよいよ年末年始のお休みが終わり、1月6日は大方の人の仕事始めになりました。
 「Sunday 毎日」族は、普通の生活が戻ってきてほっとする日です。

 さてさて、天気もいいし、車でさっと行けるさった峠に、富士山を見に行くことにしました。

 一番早く咲く桜(寒緋桜と思っていましたが薄寒桜のようです)はまだ蕾でした。
 今年はちょっと遅いようです。開花すればメジロが飛び交っているのですが残念。
d0164761_8424647.jpg

d0164761_8451334.jpg


 それでも、2輪だけ咲いていました。









 マユミのピンク色の実がまだ残っていました。
d0164761_8463222.jpg

 椿は咲き始めでたくさんの蕾をつけていました。
d0164761_8474813.jpg

 海もきれいで、伊豆半島もよく見えました。
d0164761_8485312.jpg

 さった峠と言えば、やっぱりこの富士山です。(JR東海道線、国1パイパス、東名高速)
d0164761_8511736.jpg

 峠は春のように暖かいので、水仙ももう満開でした。
d0164761_853355.jpg

d0164761_8532476.jpg

 水仙もたくさんの種類がありますが、ニホンズイセンと言われるこの花が清楚でいいですね。






 1月の半ばから後半には寒緋桜も咲き、梅の花も咲きだし、メジロが飛び交う光景や、秀麗な富士山を見ることができるでしょう。そうしたらまた行ってみたいですね。
 
[PR]
by miyamayoshi | 2014-01-09 09:10 | 富士山 | Comments(12)

富士山が見たい!!

 寒さには弱いのですが、寒くなってくると富士山がどんどんきれいになってくるのを楽しみにしています。今日は天気も良く、雑用を早々に終わらせて、家から一番近くて富士山の展望が素晴らしい所に行ってきました。

 歩いて行っても1時間はかからないかもしれないけれど、ちょこっと車ででかけました。

 静岡市を流れる安倍川の西側の小高い山の中腹にある「円山花木園」からの眺めは、静岡市街地、安倍奥の山々、箱根方面、伊豆半島、駿河湾をぐるっと見渡せ、その上に聳える富士山の素晴らしさには、しばし見入ってしまう程です。
d0164761_15445223.jpg

  みかんと富士山は静岡らしい
d0164761_15472614.jpg

  すっかり雪を被った安倍奥の山々
d0164761_15475296.jpg

  パノラマ写真を撮ってみたけれど...(あまり迫力が伝わりませんね) click してみて
d0164761_1552487.jpg

  富士山の力ってすごいですね。じっと眺めているだけで笑顔と元気になりました。

 ここはとても暖かい場所で、名残りのコスモスと菜の花が咲いていました。
d0164761_1663347.jpgd0164761_1665378.jpg


 さて、帰り道のことです。
 オートバイ乗りのお兄さん達がなんとサンタさんでした。
 周りの人に手を振ってご機嫌でした。
d0164761_163206.jpg

 サンタクロースの恰好で富士山を眺めながら走るって楽しいでしょうね。
d0164761_165373.jpg


 
[PR]
by miyamayoshi | 2013-12-22 15:54 | 富士山 | Comments(10)

さった峠と桜エビ干し

 本格的な冬を前に、急に冷え込んだり寒が緩んだりと天気が変わるこの頃です。

 11月16日は、3泊4日でお出でになった冬将軍様がお帰りになり、気持よい暖かい日でした。家の前からは富士山の裾野がちょっとだけ見えるのですが、真っ白な雪でした。「富士山がきれいだよ、さった峠に行こう!」と言うわけです。

 登山口に近い所で、満開の桜の木を発見しました。その見事さにびっくりしました。
d0164761_8443933.jpg

 峠から見える「光る海」が美しい!!
d0164761_8475678.jpg

 JR東海道線と国1バイパスと東名高速道路上に聳える定番の富士山!! 
d0164761_8513615.jpg

 さった峠は暖かい所で、お花もいろいろ咲いています。
 ツワブキがとてもきれいでした。
d0164761_8571870.jpg

 海を渡るという蝶のアサギマダラがとまって...
d0164761_9151.jpg

 アサギマダラの寿命は4~5か月で、その中で2000キロを移動するというのですからびっくりです。東京から北京まで2100キロですから、ただただ驚きです。

    2013年11月15日の朝日新聞の夕刊にこんな記事がありました。
d0164761_97297.jpg

 この写真には富士山は隠れていますが、天気がよければバックは富士山です。
 夫は「行きたい所がある」と言って家とは反対方面に車を走らせるのです。
 この桜エビ干しを見たいと言うので、即同意。

 着いた時間が11時過ぎ、すでに干し終えていて片づけの段階でした。
 富士山と桜エビのコントラストを見るには朝早く来ないとダメだとわかりました。
d0164761_9125131.jpg


 富士川の河川敷にはサギが飛んでいたり、桜も1輪咲いていました。
d0164761_9181946.jpg
d0164761_9183478.jpg
[PR]
by miyamayoshi | 2013-11-19 09:22 | 富士山 | Comments(12)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧