アルプス4大名峰(1) (ピッツベルニナ)

 「感動のスイス4大名峰と氷河特急の旅」というのが私達のツアーでした。
4大名峰とは ピッツベルニナマッターホルンモンブランユングフラウです。
 いずれも4000m級の山で、この強く、優しく、美しい名峰を眺めることが、この旅での一番の楽しみでした。

 7月16日 まず、ディアヴォレッツァ展望台(2978m)からベルニナ連峰の大パノラマを見渡しました。展望台へはロープウェイで行きます。

  デーンとこの景色です。
      モンテラッチ氷河とベルニナ連峰(中央がピッツベルニナ)
 
d0164761_10493758.jpg

 レストランとホテルもあります。
 
d0164761_10522152.jpg

 この建物の窓はになっています。 鏡に向かって自分を撮る夫と私
 
d0164761_10545095.jpg

 景色を堪能した後、サンモリッツまでベルニナ鉄道に乗りました。
2008年に世界遺産に登録されただけあってすばらしい景観の中を走ります。

  夏はオープン車両もあり、自転車専用車両もあります。d0164761_1114579.jpgd0164761_1122235.jpg


 スイスは日本人の観光客が多いのでこんな標識もありました。
 d0164761_1173731.jpg
                                でも、みんな線路を横切っていましたよ。
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-29 11:13 | | Comments(8)

梅干(土用干し)

 スイスから帰って来て、資料の整理や写真の整理もさることながら、
私にはやらねばならない大事な仕事が待っていました。
 22日に帰ってきたら梅雨はすっかり明けて、猛暑続きの毎日...
旅の疲れと加齢も加えて何をやるにも億劫でした。

 でも、この灼熱の太陽にシソ漬けしてある梅を干さなければなりません。
梅干にとっては今年は「すばらしい天気」です。
 8キロの梅を エッチラオッチラ と2階の物干しまで運んで(汗がタラタラ)
ザルに広げます。シソも瓶の中の梅酢も太陽さんにお披露目です。

 
d0164761_8573944.jpg


 こうして三日間干します。
 夜干しをすると梅がしっとりと柔らかくなるのですが、この時期のこと
いつ雨が降ってくるのかもしれず、寝る前にはしまってしまいました。
(夜中にあわてて起きてしまったことが何度もあるのです。)

 梅のいい匂いが漂ってきて、私には梅は宝石のように見えます。
d0164761_962326.jpg


 今年は雨に遭うことなく無事干し終わりました。
 梅を瓶の中に戻して、シソで蓋をするようにして保管します。
 2ヶ月くらいしたら食べ始めます。

d0164761_9133783.jpg

 この梅干を待っていてくれる人がいるってことは幸せです。
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-28 09:19 | 暮らし

どこもかしこもお花がいっぱい!

 スイスに入って、まずびっくりしたのは「お花がいっぱい!」ということでした。
スイスに限らず、ヨーロッパの町はどこもお花を美しく飾っているそうですね。
窓飾りの花、歩道の花、お店の花、色鮮やかなお花でいっぱいでした。

 窓飾りの花は牧場に近くなる場所になるほど、量が多くなるのです。
我がツァーの優秀な添乗員さんの説明によれば、花の種類は「ゼラニウム」が多く、
ちょっとくせのある匂いを出すため、虫が近づきにくく、「虫除け」の意味で昔の人の知恵
が現在まで続いているとのことです。
 (立派なホテルでもエアコンがないので、ハエが飛んでいましたっけ。)

  「スイスアルプスの女王」と言われているマッターホルンに近い町のツェルマットではホテルやお店の窓飾りに圧倒されました。
d0164761_15455530.jpg
d0164761_15461332.jpg

 古い「ネズミ返しの小屋」にもきれいなお花が
d0164761_15485612.jpg


  こんな美しく可愛いお花を見るとニコニコしてしまいますね
d0164761_155358.jpg
d0164761_15534979.jpg


d0164761_15555366.jpg
d0164761_1556188.jpg


   
d0164761_1558362.jpg


  ハイキングで出会った山の花もたくさんありますが、名前等を整理してからUPします。
  毎日続く暑さの中でも、お花の写真をみているとほっとします。
  お花さん、ありがとうネ!!!
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-26 16:10 | 町の花 | Comments(6)

氷河特急

 24日の朝、スイスの氷河特急の事故のニュースが流れました。
ただただびっくりで、最初は声も出ませんでした。
17日に私達もあの列車に乗ったのです。
「氷河特急」はスイスの代表的観光列車です。
私もこの列車に乗るのが楽しみでした。

 特急と言っても、270kmを8時間で走るのですから平均時速は34km。
私達は中間地点のアンデルマットからツェマットまでの乗車でした。
雄大なアルプスの峰々、断崖絶壁の渓谷、緑豊かな山麓や氷河の近くを通るので
景色を満喫するようにゆっくりと走っているのです。

  列車は左右にカーブしながら走ります。(後方車から前方車を撮る)
d0164761_9452624.jpg


 車窓から見た緑豊かな山麓の風景
d0164761_945414.jpg

d0164761_9455874.jpg


 断崖絶壁のそばも通ります。
d0164761_9464673.jpg


 氷河のすぐそばも走ります。
d0164761_9473397.jpg


 旅の思い出の中では非常に印象深いものでした。

 お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
 そして、負傷された方々が一日も早くお元気になられますようお祈りいたします。
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-25 09:58 | 驚き

夢のような1週間(スイスの旅)

 7月15日から22日までスイスに行ってきました。
ずっと晴天が続き、スイスアルプスを眺めながらハイキングを楽しみました。

 帰国したらこの暑さにびっくりしています。
旅を振り返れば、山の名前も町の名前もごちゃまぜになってしまっています。

 夢のような1週間を簡単に振り返ってみます。

 カペル橋 (ルツェルン)
d0164761_15202117.jpg

 モンテラッチ氷河
d0164761_15241861.jpg

 美しき村
d0164761_15245820.jpg

 ツェルマットの町は日本人で大賑わい
d0164761_15315069.jpg

 ゴルナーグラード展望台(3090mの展望台 正面にマッターホルンが見える)
d0164761_15332495.jpg

 逆さマッターホルン
d0164761_15345547.jpg

 時計塔(スイスの首都ベルン 旧市街は世界遺産)
d0164761_15374855.jpg

 アイガー(3970m)メンヒ(4099m)ユングフラウ(4158m)の三山
d0164761_164440.jpg


スイスは九州とほぼ同じ大きさで、雄大なアルプスに抱かれた、おとぎのような国です。
スイス国民は古い歴史を愛し、自然を愛し、花を愛し、ゆったりとした時間を楽しんでいるようです。
「山」のこと、「花」のことなどゆっくりと整理してからUPします。

 これ以上ないと言うほどの晴天に恵まれました。
 スイスの人はこんな天気を「夢のような日」と言うそうです。
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-23 16:06 | おでかけ | Comments(10)

朝の楽しみ

 朝の楽しみは朝顔の花の数を数えることです。
6月28日から毎日咲いてくれています。
今日までに86も咲いてくれました。
d0164761_934568.jpg
d0164761_941341.jpg


ポーチュラカもたくさん咲くようになりました。
ありがたいことに、この花は10月頃まで咲いてくれるんですね。
d0164761_953385.jpg


この鬱陶しい梅雨空の下で、健気に咲いてくれるお花さん、ありがとうね。

 7月15日から22日まで、夫の退職記念の旅行に行ってきます。
私にとっては初めての海外旅行です。
帰ってくる頃には梅雨明けしているでしょうか。
しばらくblogはお休みします。
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-11 09:19 | 町の花

歌の力

 私はごく普通に音楽が大好きです。
自分で演奏したり、歌ったりはダメですが、聴くことは大好きです。
一応、クラシックもニューミュージックも...

 中でも大好きなのは「中島みゆきさん」です。
彼女の歌に何度励まされてきたことでしょうか。
でも、彼女の歌は「暗くて、重い」とよく言われます。
それなのに、辛い時、哀しい時、ずっとずっと聴いていました。
自分がその暗さの中に深く沈み込んでしまうのですが...

 でも、ここからが「中島みゆき」の世界です。
ふっと涙の目を明けて前を見ると、何かが見えてくるのです。
一筋の光というか、出口が見えてくるのです。

 ほかの事は我慢してもCDもビデオもDVDもほとんど買いました。
コンサートのチケットがほしくて「ファンクラブ」にも入会しました。

 このCDやビデオやVDVはお友達です         
d0164761_158526.jpg


 ファンクラブ会員だけがいただくバースディカード
d0164761_15123120.jpg


 「中島みゆき」を語るには時間がいくらあっても足りません。
あの歌によって「再び立ち上がる力」がわいてくるのです。
 
 人には「大好きな歌」や「思い出の歌」が必ずあると思います。
そして、その歌があったからこそ今があるという方もいると思います。

 「歌の力」は目には見えませんが、大きな大きなものではないでしょうか。
昨年の「紅白歌合戦」も『歌の力』をテーマにしていたと思います。

 また、私には、音楽を通してお友達になった人がいます。(富山県在住) 
彼女は主に子供さんにピアノや歌を教えているのですが、長年「女性コーラス」の指揮者として、
地域の人達と「歌の力」で結ばれているのです。
(私とは中学生の時からのペンフレンドです。メールではなく手紙を交換していましたよ)
 
d0164761_1530981.jpg

                                         中日北陸新聞より

 
[PR]
# by miyamayoshi | 2010-07-07 16:07 | 暮らし | Comments(8)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧