スイスの町  【グリンデルワルド】

 7月19日、20日の二日間はグリンデルワルドに宿泊しました。
ここは、アイガーとヴェッターホルンの麓にあり、ユングフラウ地方の観光拠点の町です。
d0164761_958316.jpg

 ヴェッターホルン(3701m)の岩壁が迫ってくるようです。
d0164761_9585245.jpg

 
 早朝、町の中を歩いてみました。
d0164761_9594215.jpg
d0164761_1003136.jpg 

 
  この花飾りはとってもステキ!               可愛い!!!
d0164761_1032022.jpg
d0164761_1035247.jpg


 ベルナー三山(アイガー、メンヒ、ユングフラウ)を見ながら花畑の中を歩くハイキングに
出かける人達で賑わうグリンデルワルト駅
d0164761_10175221.jpg

# by miyamayoshi | 2010-08-12 10:22 | おでかけ

スイスの町  【ベルン】

 7月19日、ツェルマットからヨーロッパの最高峰のモンブランを見学してからグリンデルワルド
に向かいましたが、途中スイスの首都「ベルン」 の市内観光をしました。

 スイスの首都と言ったら、ジュネーブを思い出してしまうけれどベルンです。
首都と言えば見上げるような高い建物が並んでいる所と思いがちですが、
静かな古きよき時代のおもかげを残している町でした。

            旧市街が一望できるバラ公園
d0164761_1031504.jpg
d0164761_10354919.jpg

      バラ公園から見たベルンの旧市街(世界遺産)  流れている川はアーレ川 
d0164761_10385044.jpg
 
1421年から5世紀もの歳月をかけて建設された大聖堂(高さ100m)
 
d0164761_10421580.jpg

 大聖堂の正面入口にある「最後の審判」の彫刻(234体の群像がある)
d0164761_10455318.jpg

 1530年から一日も休むことな時を告げている時計塔は鶏が鳴いたり、道化師や熊が行進する可愛い仕掛け時計です。驚いたことは、日本の織田信長が生まれる4年前から動いているということです。しかも、自動で動いているのではなく、時計塔を愛する人たちの手で動かされているそうです。わが国がチャンチャンバラバラの戦国時代に、もう立派な「文化都市」だったのですね。
d0164761_10583645.jpg

# by miyamayoshi | 2010-08-11 11:17 | おでかけ | Comments(6)

スイスの町  【ツェルマット】

 7月17日、サンモリッツからバスでアンデルマットへ、そこから氷河特急でツェルマットへ。

 ツェルマットは「アルプスの女王マッターホルン」をはじめ、4000m級の山々に囲まれた
スイス随一の山岳リゾートの町だから、駅を降りると、登山者や観光客で大賑わいでした。
 
d0164761_12495234.jpg

 ツェルマットはガソリン車の乗り入れを一切禁止しているので、空気が爽やかです。
電気自動車が走り、馬車が荷物を運んでいるのにはびっくりしました。
d0164761_1251260.jpg
d0164761_1344762.jpg 

 ナーベンバッハ協会                     ネズミ返しの小屋
d0164761_13125948.jpg
d0164761_13133110.jpg

 駅からしばらく行った所にマッターホルンが見える場所(橋)があります。
早朝、ここから「朝焼けのマッターホルン」を見ようと大勢の人が集まります。
なぜかほとんどが日本人で「日本人橋」と呼ばれているそうです。

    日本人橋                  残念ながらこの日は朝焼けにはなりませんでした
d0164761_13203730.jpg
d0164761_1321279.jpg


 7月18日、素晴らしいお天気の中、ハイキングをしながら最高のマッターホルンを見ることができました。逆さマッターホルンの美しさ、小さな高山の花々にも感激しました。
# by miyamayoshi | 2010-08-09 13:35 | おでかけ | Comments(8)

スイスの町  【サンモリッツ】

 7月16日、ルツェルンからバスでサンモリッツへ行きました。
サンモリッツはイタリア国境に近く、高級リゾート地だそうです。
夏はハイキング、冬はウインタースポーツで賑わい、1928年と1948年の2回、
冬季オリンピックが開かれた所です。


 ベルニナ特急の走るサンモリッツ
d0164761_88076.jpg

  さすが、高級リゾート地です。
d0164761_8103264.jpg

d0164761_810479.jpg

 サンモリッツ湖
d0164761_8265764.jpg

 サンモリッツの町をゆっくり歩くことはできなかったのですが、ホテル前の朝の散歩では、
ワレモコウやイブキトラノオ、ノコギリソウなど日本と同じ花が咲いていました。
日本の初秋といった感じでした。
d0164761_8303830.jpg

# by miyamayoshi | 2010-08-08 08:35 | おでかけ

キツネノカミソリ

 ここ何年かは毎週のように山歩きをしていたのに、今年の初めに体調を崩したり、
よく降った梅雨、スイス旅行のあとの猛暑、そんなわけで今年はあまり山歩きをしていません。
久しぶりの山歩きは「キツネノカミソリ」を見にいきました。(静岡市の山)

 キツネノカミソリはヒガンバナ科の花ですが、彼岸花のようにはなびらが反り返っていません。
咲く時期も彼岸花は9月のお彼岸の頃ですが、キツネノカミソリは8月のお盆の頃です。

 初めてキツネノカミソリと聞いた時は、面白い名前だなと思いました。
なんでも長い葉の形からカミソリを連想したとか...

 山の花は年々花の数が少なくなっているようです。温暖化やシカ等の食害のようです。
私達も写真を撮る時は、花を傷つけないよう気をつけています。
d0164761_16263674.jpg

d0164761_16273863.jpg


 今日は「かたつむりさん」にも会いました。

 ウバユリも咲いていました。ウバユリなんて失礼な名前ですよね。
花が満開になる頃、葉が枯れてなくなることが多いところから、歯のない「姥」にたとえたとか。

       かたつむりさん                       ウバユリさん
 d0164761_16321160.jpg
d0164761_16323348.jpg


 久しぶりに5時間ちかく歩いて、心地良い疲労感を味わいました。
 
# by miyamayoshi | 2010-08-06 16:43 | 山の花

スイスの町  【ルツェルン】

 7月15日の深夜にチューリッヒ空港に着きました。
ルツェルンはそこからバスで50分、初めて降り立ったスイスの町でした。

 7月16日、ルツェルン観光です。
 まず、ライオン記念碑に行きました。
 当時、スイスを支えている産業はほとんどなかったようです。
そこで、隣国からの要請があれば青年たちを傭兵として送っていたのです。
ある人はフランスへ、ある人はドイツへというように人間を輸出していたということです。

 1792年8月10日、フランス革命の折、マリーアントワネットとルイ16世一家を守るために、
スイスの傭兵786人は全滅したのです。
 スイス人でありながら、フランスのために戦った傭兵の勇敢さを、わき腹に矢が刺さった
瀕死のライオン像がよく表していると思いました。
 
d0164761_1055757.jpg
d0164761_10561997.jpg

 右手のところにはゆりの花(フランスの紋章)、頭の所の盾には白十字(スイス)です。
それにしてもこの大きな岩盤によく彫ったものです。

 スイス三大風景と言われている、カペル橋です。
花で飾られた屋根付きの橋は長さ200m、木造の橋としてはヨーロッパ最古で、
1333年に建造されたそうですが、1993年に大半が焼失する火災に遭い、
1994年に再建されたそうです。
八角形の見張り塔とともにスイスを代表する景色です。

 この日は素晴らしい天気で、めったに見ることができないピラトゥス山まではっきり見えました。
d0164761_1113773.jpg


 最初に見たスイスの町で驚いたのは、排気ガスがひどい道路でも、ゆっくりと外で食事を
している人が大勢いることでした。外での食事はどこへ行ってもそうでしたね。
d0164761_1122876.jpg

# by miyamayoshi | 2010-08-05 11:31 | おでかけ | Comments(6)

夏の花

 連日の猛暑の今年の夏、そんな中でも健気に咲いている夏の花たち。
さるすべり」は漢字で書くと「百日紅」、7月から10月初めまで本当に百日くらい咲いていますね。
ギンギラギンの太陽に向かって咲き続けるさるすべりに元気をもらいます。
d0164761_8215782.jpg

 ヒガンバナ科だから秋の花だと思っていた「タマスダレ」も咲き始めました。
 この花は何にも手入れをしなくても毎年必ず咲いてくれますね。

 夜になると閉じるけれど、太陽が当るとプランターからはみ出すように咲いてくれるポーチュラカは6月こ頃から10月頃までずっと咲いてくれます。
 
   タマスダレ                          ポーチュラカ
 d0164761_8275731.jpg
 d0164761_8281759.jpg


 我が家の前から富士山が見えるのですが、夏はほとんど顔を出してくれません。
 ところが、昨日1ヶ月ぶりに富士山を見ることができました。
 雪がない富士山はちょっと寂しい感じですが...
 町の中からの富士山もいいものですよ。
 
d0164761_8362488.jpg

# by miyamayoshi | 2010-08-04 08:40 | 町の花

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る