炊き出し(防災訓練)

 12月2日(日)
 静岡市は12月の第一日曜日が防災訓練の日です。
 私の住む自治会でも毎年大勢の人が参加して訓練を実施しています。
 そして私が所属する婦人部は炊き出しを受け持ちます。
 訓練が終わった後に、参加者約80名の人達にご飯とみそ汁を食べてもらうのです。
 
 ご飯を炊くお釜も味噌汁を作るお鍋の用意もできました。
d0164761_16114658.jpg

  いよいよお釜に火を点けます、「うまく炊けるかな」と少し緊張します。
d0164761_16115533.jpg

まきが燃え上がって火が大きくなるまでが大変ですが、ようやくOKです。(2升が2釜)
d0164761_16120466.jpg

 お釜の中の水が沸騰するまでは強火で、ブツブツと音がして水が引けてきたら、燃え上がっているまきを外に出して、ごく弱火にします。この間、ふたを開けないとは言うものの、心配で何度も何度も「ちょっとだけよ~」と言っては開けてしまいました。
 おこげが美味しいからと言っても、後のお釜洗いが非常に大変ですから、おこげは作らないようにごくごく弱火にします。
 表面にぶつぶつと穴が開いていたら炊き上がりです。その後20分から30分蒸らします。

 ご飯も炊けて、味噌汁も美味しくできて、いつでもたべることができるようになっていますが、まだ訓練が終わりません。
d0164761_16121681.jpg

 我が自治会は本当に真面目でまとまりがいいです。訓練終了後はみんな「美味しい」と言って食べてくれました。

 今年の訓練のテーマは「災害時ケガの応急処置」でした。

# by miyamayoshi | 2018-12-05 16:41 | 暮らし | Comments(6)

晩秋の鎌倉散策

 11月25日(日)晴れ
 晩秋の鎌倉散策も今年で4回目になりました。
 前回までは12月になってから行っていました。
 12月でも鎌倉の紅葉は素晴らしく、今回も紅葉巡りを楽しみに出かけました。
 ところが、今年は何処を歩いても美しい紅葉は見ることができませんでした。
 台風による塩害でしょうか、紅葉する前に枯れてしまったようです。
 
 自宅を5時半に出て東名高速の足柄SAで朝食です。
 朝7時、富士山と月のコラボレーションを見ることができました。
d0164761_09553874.jpg

 江の島の駐車場に車を置きます。
 昨年は「江ノ島大橋」を渡って真っ直ぐ行き「江島神社」を参拝しましたが、今年は橋を渡って左側の「ヨットハーバー」を散策しました。この日は大会があるということで、ずらりとヨットが並んでいました。 
d0164761_14364465.jpg
 
d0164761_09555404.jpg
 オブティミスト級?何だろうと思って調べました。
 【日本オブティミストディンギー協会のHPより】  
 『オプティミスト』とは英語のOptimistでその意味は“楽天家 ”。
 全長2.31m、全幅1.13mの小さなヨットでOPの愛称で世界中の人々に親しまれているヨットです。現在、国際セーリング連盟(World Sailing)が承認する最も小さなクラスであり、国際的に15歳までの子供達にだけ許されたこのOPは、毎年世界選手権大会を始め、多くの大陸選手権が行われている、活動の活発なヨット種目でもあります。

 とにかくすごい人出でした。子供さんのレースだから保護者が大勢いましたね。
 江の島から江ノ電で鎌倉まで、駅前からバスで十二所(じゅうにそ)でおり散策開始です。
 今年は「塩の道」と呼ばれていた金沢街道を歩きました。
 
光触寺(こうそくじ)、開基は一遍上人と伝えられている。境内だけ見ることができました。
d0164761_09560280.jpg

 明王院(みょうおういん)  
 山門は質素な冠木門(かぶきもん)冠木門とは、柱と横木だけで造られた屋根のない門。
d0164761_09561016.jpg

   浄明寺(じょうみょうじ) 
   鎌倉五山第五位の格式あるお寺。境内にはレストランや抹茶が飲める茶室もありました。
d0164761_09562068.jpg

  庭には紅葉した木がわずかにありました。
d0164761_09562884.jpg

  報国寺(ほうこくじ)
  約20000本の孟宗竹が有名で「竹の寺」と言われている。
d0164761_09563644.jpg

 
d0164761_09564661.jpg

  お庭も趣がありました。
d0164761_09565876.jpg

  旧華頂宮邸(きゅうかちょうのみやてい)
  昭和4年に華頂博信侯爵邸として建てられた。庭園にはバラの香りが漂っていました。
d0164761_09570685.jpg

  鎌倉のお寺は京都と比べて規模も小さく、拝観料もなしか、あっても200円くらいです。
  寺院内部の拝観ができないので、ささっと廻ります。
  このへんでお昼です。行列ができるという店(佐可井)に並んで、あなご丼を食べました。
d0164761_09571563.jpg

  美味しい食事を済ませて、午後の部です。

  杉本寺(すぎもとでら)鎌倉最古の寺 
             鎌倉幕府が開かれる約500年前の奈良時代に創建されたそうです。
             たくさんの白い奉納旗がなびいていました。
d0164761_11263828.jpg

  仁王門では運慶作と言われる仁王像が出迎えです。
d0164761_11264949.jpg

 
d0164761_11265966.jpg

 本堂(観音堂)は茅葺屋根で秘仏が見られます。内部を拝観できたのはここだけでした。
d0164761_11270932.jpg

  杉本寺の一番の見どころは、苔むした石階段です。
  すり減った石階段が苔で覆われています。もちろん通ることはできません。
d0164761_11272296.jpg

  静かな趣のある金沢街道の散策でした。
  京都と違って拝観料がないか、会っても200円くらいなので気持ちも楽になりますね。
  紅葉巡りをしたくて来たのですが、全くダメでした。
  帰り道、八幡宮近くに来ると人、人、人で歩くのも大変でした。
  こんな晩秋の時期でも、江の島海岸には大勢の人で賑やかでした。
  冬の京都と同じように、また何度か訪れたい鎌倉でした。

  

  


  


  




  

 


# by miyamayoshi | 2018-11-28 13:46 | おでかけ | Comments(6)

鎌倉に行ってきました

昨日は鎌倉に行ってきました。
鎌倉時代に塩の道と知られた金沢街道沿いには、歴史あるお寺がたくさんあります。
写真を整理してからゆっくりアップします。

 「報国寺」は竹の寺と言われていますが、美しい竹林でした。
d0164761_10080220.jpg

# by miyamayoshi | 2018-11-26 10:09 | おでかけ

身延山(紅葉散策)

 11月17日(土)晴れ
 今年の紅葉はいつもより少し早いようですね。
 身延山もやっぱり終盤に近かったです。
 毎回参道を歩いて奥ノ院まで行っていましたが、今回は初めてロープウェイで行きました。
 自分の年齢を考えてみれば、時には身も心もゆったりしなければと思ったのです。
 2時間半の参道歩きもロープウェイなら何と7分です。(片道760円)
 
 山門裏側の駐車場からロープウェイ駅までは、紅葉を愛でながらゆっくり歩いて行きます。
 立派な三門です。裏側に廻ると紅葉が素晴らしかった!!
d0164761_10124867.jpg

  山門のすぐ近くにある「竹之坊」の紅葉は燃えるようでした。
d0164761_10125690.jpg

 西谷の坊付近の紅葉は終盤でした。
 斜行エレベーターで身延山久遠寺の境内まで行きます。
 立派な五重塔を見上げます。
d0164761_10130536.jpg

  まだ朝早い静かな境内に「冬桜」が咲いていました。
  枝垂れ桜のように華やかではありませんが、青空の下で冬桜は凛としていました。
d0164761_10131299.jpg

   
d0164761_10132650.jpg

  8時40分の始発のロープウェイに乗りました。
  身延山山頂の標高は1,153m、その高低差は763mと全国6位の高低差を7分です。
  途中で富士山が見える場所がありますが、ほとんどこんな山の中を走っています。
d0164761_10133439.jpg

  ロープウエイを下りた所にある展望台からの富士山の眺めは素晴らしいです。
d0164761_10134352.jpg

 日蓮が父母を偲んで建立したと言われる奥之院思親閣を参拝し、身延山山頂からは南アルプスを眺め、いよいよ紅葉散策です。
 ハイキング西コースは下り約2時間半で、三門まで歩きます。
 たしかに今年は台風の被害で枝葉が落ちてしまっているようでしたが、終盤とは言え美しい紅葉を見ることができました。
 下にあるお寺の境内には、台風通過後には山から落ちてきた枝葉が山のように積み重なっていたそうです。

 美しい紅葉を堪能してきました。
d0164761_10135527.jpg

d0164761_10140431.jpg

d0164761_10141275.jpg
d0164761_10142112.jpg

d0164761_10143396.jpg

d0164761_10144349.jpg

  眼下に久遠寺が見えてきました。
  あの大きなお寺の広い境内も山から見れば狭いように見えました。  
d0164761_10145242.jpg

   今年も楽しく身延山の紅葉巡りができました。
   ありがとうございました。

 

# by miyamayoshi | 2018-11-20 11:22 | おでかけ | Comments(6)

竜ヶ岳

 11月11日(日)
 紅葉たけなわのシーズンです。
 今年も山梨県の竜ヶ岳に出かけました。
 天気予報では晴れマークでしたが、お日様はなかなか出てくれなかったです。

 キャンプ場の駐車場から出発です。            7:40
 キャンプのテントがたくさん張られていました。
d0164761_10021799.jpg

 今回も端足峠(はしたとうげ)経由です。
 本栖湖を見ながら林道を歩いていきます。
 林道沿いの紅葉は終盤を迎えていましたが、それでも十分に楽しませてくれました。
d0164761_10022591.jpg

d0164761_10023260.jpg

  30分程の林道歩きで登山口です。
  標識にはここから竜ヶ岳までは2時間という表示です。
d0164761_10024117.jpg

 端足峠までの登山道の紅葉、黄葉は素晴らしかったです。
d0164761_10024970.jpg

 
d0164761_10025840.jpg

 キャンプ場からの登山道は渋滞が発生するほど人気の竜ヶ岳ですが、端足峠から登る人はごく少数なので、静かでゆったりと歩くことができます。
 
d0164761_10030777.jpg

 峠から見える富士山を期待していたのですが、どんよりと曇っていて残念です。
 ちょっとの差で私は見ることができなかったのですが、一瞬顔を出してくれたのを連れが撮ってくれました。
d0164761_10031535.jpg

峠から竜ヶ岳までの道は晴れていれば、富士山と南アルプスが望めるのですが、この日はどちらもダメでした。ちょっと歩き難い道もあったのですが、今回はよく補修されていて感謝です。
d0164761_10032799.jpg

  竜ヶ岳の頂上はかなり賑わっていました。    10:20
  正面に大きく富士山が見えるはずですが残念。
d0164761_14250405.jpg

  でもありがたいことに一瞬だけ顔を出してくれたのです。
d0164761_14251562.jpg

  陽が出ないので気温が低く早々の下山です。
  山を下りながら見る富士山も雲の下です。
d0164761_14253272.jpg

 私の大好きな景色が現れてくると少し陽がさしてきました。
d0164761_14254444.jpg

 本栖湖が美しく見えるこの場所は、登りでも下りでも一休み。
d0164761_14255554.jpg

   湖を見て振り返れば富士山がまたちょっと顔を出してくれました。
d0164761_14270952.jpg

  下山   12:10

  駐車場で昼食を摂り、帰り道は国道300号を走りました。
  300号線沿いの紅葉は本当に素晴らしかったです。
  ほぼ終盤の紅葉でしたが、十分に楽しませてくれました。
  走る車の中からの写真撮りはなかなか大変でした。
d0164761_14272226.jpg

d0164761_14273031.jpg

d0164761_14273995.jpg

# by miyamayoshi | 2018-11-14 14:52 | | Comments(12)

11月の朝顔

 11月6日
 秋も深まってきました。
 朝早く庭に出てみると何と朝顔が1輪咲いているのです。
 冬越しもするという「琉球朝顔」ではありません。
 夏の間次から次へと咲いてくれた朝顔の種が自然に落ちて、再び芽を出し咲いてくれたのです。
 自然に種が落ちて芽を出す朝顔もいくつかありましたが、花が咲いてくれるまで育つのは滅多ないです。

 とってもいい色に咲いてくれてありがとうね!!
d0164761_13554933.jpg
 
 今日は母の誕生日です。
 母が亡くなってからもう12年もたちました。
 今でもきっと私を見守ってくれている母にこの朝顔をプレゼントします。


# by miyamayoshi | 2018-11-06 14:49 | 暮らし

鳳来寺山(愛知県新城市)

 10月28日(日)晴れ
 鳳来寺山は1300年前に開山したという霊山で、古刹鳳来寺があり、紅葉の名所として名高く、「ブッポウソ~」(仏法僧)と鳴くコノハズクが生息していることで有名です。
 紅葉の追っかけが大好きな我が家ですが、鳳来寺山の紅葉はまだ2週間程早いのは承知で行ってきました。旬の紅葉の時期の混みあいを避けたので、「自然の宝庫」と言われている山の中を、ゆっくりと歩くことができました。
 表参道から歩いて行きました。表参道には若山牧水や松尾芭蕉などのオブジェがあったり、「鳳来寺山自然科学博物館」や硯石のお店があったりで、なかなか楽しく歩けました。

 有料駐車場(500円)に車を置き、まだ暗い中を出発  7:30
d0164761_14072661.jpg

  1425段で有名な階段を歩き始めてすぐ「仁王門」です。
d0164761_14073475.jpg

  しばらく行くと樹齢800年高さ60mの「傘すぎ」が現れます。
  山の中はまだ朝日が差し込まなくて暗い、この写真は帰りに撮りました。
d0164761_14074155.jpg

1425段の階段はこんなです。登りも下りも大変でした。
源頼朝の時代に造ったと言うのですから石を運びすべて人力で造った人達の苦労が伝わりますね。
d0164761_14074900.jpg

 階段を登り切れば「鳳来寺本堂」です。まだ誰もいませんでした。
d0164761_14075762.jpg

 本堂前からの眺望は素晴らしかった!!
d0164761_14080563.jpg

 本堂から奥之院に行き、瑠璃山、鳳来寺山山頂、鷹打場、東照宮と廻って本堂に戻るコースを予定していましたが、先日の台風による被害が大きくて、奥之院までは通行止めでした。それならば東照宮から瑠璃山まで行き、同じ道を戻るコースに変更です。

 「鳳来山東照宮」は日光、久能山とともに日本三大東照宮です。
d0164761_14081355.jpg

  東照宮から20分程歩くと「鷹打場」です。見晴らしのとてもよい場所です。
d0164761_14082569.jpg

  ここで「ヤマラッキョウ」の花がひっそりと咲いているのを見つけました。
  なかなか見ることができない花だったのでうれしかっった。
d0164761_14083325.jpg

鳳来寺山の山頂を目指して歩いて行きますが、所々色づき始めた木々を見ることができました。
d0164761_15252703.jpg

 
d0164761_15253702.jpg

  鳳来寺山山頂(684m)
d0164761_15255062.jpg

 こんな道も歩きました。ちょっと滑るようで怖いよ。馬の背と言うらしいです。
d0164761_15255912.jpg

 鳳来寺山の最高峰の瑠璃山です。(695m)小さな岩山なので見過ごし易いです。
d0164761_15261315.jpg

 天気がよくて、紅葉の旬の時期をはずしたので歩き易かったです。
 家族連れのハイキングコースと言われていますが、岩山なので歩き難い所が多々ありました。
 実は、20年前にも歩いたのですが、東照宮の前で写真を撮ったという記憶しかなく、1425段の階段歩きも忘れてしまっていました。  駐車場着(12:45)


  【お ま け】
  帰り道は新城市の「四谷千枚田」に寄ってきました。
  田植えの時期や稲刈りの時期の素晴らしさはありませんでしたが、美しい景色でした。
d0164761_15262568.jpg

d0164761_15263388.jpg




  

  
 


 

 

# by miyamayoshi | 2018-10-31 15:48 | | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る