猛暑の中を山伏の途中の蓬峠まで

 7月22日(日) 
日本列島は猛暑続きで大変なことになっています。 
8月半ばに3泊4日の北アルプス行きを予定しているので、そんな中でもトレーニングに出かけました。 無理をせずに、近場で2時間くらいで登れる山に行こうということで、「八紘嶺」に行くつもりでした。ところが、梅ヶ島温泉から登山口への林道に車を進めて行くと、何と「通行止め」の看板が...想定外でした。 
さて、どうすると考えた時、山伏(やんぶし)の頂上まではちょっと大変だから、その途中の蓬(よもぎ)峠まで行こうと話がまとまりました。登山口が近いということからだったのです。

 西日陰沢登山口の駐車場に車を置いてスタートです。
 登山口まで少し歩いていくのですが、ここは元は沢の上にかかる橋と思いますが、水があふれてどうにも渡れません。でもこんな橋をかけてくれてありました。   8:00
d0164761_14553865.jpg

  「山火事用心」の横断幕が目立つ登山口です。      8:10
d0164761_14555322.jpg

  沢沿いの登山道には、こんな木の橋もあります。
d0164761_14560426.jpg

 苔のきれいな林の中を歩きます。
d0164761_14561235.jpg

  日照り続きなのに水の量が多くて涼しい風が吹いています。
d0164761_14562376.jpg

 かつてはワサビ田だったのですね。ここまで来て仕事をするのは大変だったでしょうね。
d0164761_14563416.jpg

  「大岩」です。すごく大きいです。枝の棒などで支えているのはどこも同じですね。
d0164761_15041564.jpg

 こんな橋も渡ります。ちょっとスリルがありますね。
d0164761_15042689.jpg

 沢沿いの道で涼しい風も吹くけれど、とにかく暑い!!
 水場がたくさんあって、冷たい水を飲むことができました。
 衛生面を考えて、沢の水など決して飲まなかったけれど、この日は熱中症になっては困ると思い飲みました。冷たくて美味しい水でした。(水場写真は撮り忘れ)

 沢を渡り、岩場を歩き、ザレ場もあり、ちょっと急登もありました。
 トレーニングだからと、ザックも日帰り登山よりは重くしてきたので、大汗をかきました。

 登山口から1時間半、この日の目的地「よもぎ峠」に到着です。  9:40
 ここで、冷たい紅茶を飲みながら、まったりタイムです。
d0164761_15043744.jpg

 蓬峠は山伏までの丁度中間点です。
 異常高温の中を無理は禁物と思いここから下山です。

 山伏までは何度か登ったことがありますが、若い頃は3時間半位で登れたけれど、今は4時間はかかるかしら。涼しくなったらもう一度来ようと思いました。もちろん山伏まで行きます。

 帰り道「イケマ」の花を見つけました。
d0164761_15044789.jpg

  山伏(やんぶし)は安倍奥で一番高い山で、2014mです。(最近は2013mとか)
  蓬峠は1480mのようです。

  下山口  11:30



  





[PR]
# by miyamayoshi | 2018-07-24 15:34 | | Comments(8)

夏の越前岳(1504m)

 7月15日 
 例年より早く梅雨が明けたと思ったら、あまりの暑さの到来です。
 とにかく暑い、暑いです。
 1000m以上の山なら、少しは涼しいかと越前岳にでかけました。

  私の苦手な階段歩きからスタートです。この暑さの中、登山者は少なかった。
d0164761_14565368.jpg

   階段を登り切れば真正面に大きな富士山が待っています。
d0164761_14570004.jpg

   快適な高原歩きがしばらく続きます。涼しい風が吹いています。
d0164761_14570663.jpg

  越前岳は、高原あり、急登あり、岩場あり、木の根道ありの変化に富んだ山です。
  花もたくさんある所ですが、今の時期はちょっと少ないですね。

  ヤマタイミンガサが大きくなっていました。
d0164761_14571272.jpg

  富士山もいろんな顔を見せてくれます。ピンクのヤマボウシと富士山もいいね。
d0164761_14571825.jpg

    ノリウツギ
d0164761_14573014.jpg

   富士山に背中を押されて登っているように見えますよね。登る本人は全く気付かずです。
d0164761_14573672.jpg

  春に登った時よりも20分も遅れて頂上です。
  富士山もこの後は雲の中に隠れていきました。
d0164761_14574449.jpg

夏の越前岳の楽しみはオオナンバンギセルに会うことですが何とか見つけることができました。
d0164761_14574958.jpg

  コウリンカにも会いたいと思っていましたが、まだ咲き始めてはいませんでした。

  高原の風は爽やかでしたが、夏の登山はやっぱり暑いし、水分補給も大切でした。
  
  
    



[PR]
# by miyamayoshi | 2018-07-18 15:38 | | Comments(8)

穏やかな朝なのに...

 私の地域も梅雨明けを迎えました。
 セミの鳴き声が賑やかです。

 朝顔がたくさん咲いて静かな朝です。
d0164761_15123152.jpg

  夫が丹精しているナスも実をつけています。
d0164761_15124828.jpg

  夏の青空にはサルスベリが似合っています。
d0164761_15130367.jpg

 こんなに穏やかな朝の爽やかさを私は味わっているのに、西日本豪雨の被害に遭われた方々を思うと申し訳ない気持ちで一杯です。
 被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。


[PR]
# by miyamayoshi | 2018-07-10 15:33 | 暮らし

龍爪山(蒸し暑さの中を歩く)

 7月1日(日)曇り
 関東地方は梅雨明けしましたが、東海地方は連日蒸し暑さが続いています。
 平均年齢73才で今年も北アルプスに行くには、トレーニングが必要です。
 と、言うわけで三人組で龍爪へトレーニングに出かけてきました。

 曇り空ですが、山の中は緑が美しいです。
d0164761_14090558.jpg

 蒸し暑さと霧の中の龍爪名物階段歩きは大変~~ 
d0164761_14091344.jpg

 この日のルートは、薬師岳にも文殊岳にも行かないで、階段を登り詰めたらそのまま真っ直ぐに富士見峠に下り、キツネノカミソリ群生地を左に見ながら、穂積神社まで戻ります。

 75才の兄は元気で得意のポーズです。 
d0164761_14092050.jpg

 とにかく暑い、汗が流れ落ちてきます。
 カモシカが出てくる場所なのに、彼らも暑さに参っているようでひっそりしています。
 文殊岳の広い頂上には大勢の人がいるのでしょうが、このルートを歩く人はほとんどいません。

 晴れていれば富士山を望めるのですが...
d0164761_14092796.jpg

この葉っぱ、よく見かけるのですがこんな実をつけているところは初めてみました。これは何?
d0164761_14093564.jpg

    森の小人みたい~~可愛いキノコです。
d0164761_14094454.jpg

  コアジサイが終わり、ノリウツギがたくさん咲いていました。
d0164761_14094982.jpg

  本当に暑かったです。
  いろいろなコースがあるから、龍爪はトレーニングには最適な場所です。
  
  



[PR]
# by miyamayoshi | 2018-07-03 14:33 |

高草山~満観峰

6月25日(月)
梅雨の最中の山行きは予定がなかなか立てられません。
久しぶりに月曜日に暇ができたので、近場の山に行ってきました。
この日はとにかく暑い日でした。

まず高草山までですが、背中に太陽を背負って登るので、暑さは半端ではなく汗びっしょりです。
天気は薄曇り、景色も霞んでしまっています。
そんな中、ムラサキカタバミの可憐な姿を見ながら歩きました。
d0164761_11062219.jpg

 汗をふきふき高草山の頂上まで来ると、富士山がうっすらと見えました。
d0164761_11062935.jpg

 高草から鞍掛峠までは林の中なので暑さは少し楽になり、満観峰まで一頑張りです。
 満観峰の広い頂上は、平日ですが中高年の人達で賑わっていました。
 でも、富士山はお休みで残念です。(頭だけちょと出ています)
d0164761_11063718.jpg

 ここでコーヒーを飲みながら一休みしてから、日本坂峠に下ります。
 鳥の鳴き声が響き、私の好きな稜線歩きです。
 最近、素晴らしいベンチができました。
 その名も「家康ベンチ」です。
d0164761_11064880.jpg

 富士山を望めれば本当に日本一の展望地です。(このベンチに座ってゆっくり昼食) 
d0164761_11065408.jpg

 日本坂峠から法華寺に下りて来ると、こんな優しいお地蔵さんが...
d0164761_11070035.jpg

  何でもぐちを聞いてくれるそうです。  
d0164761_11070986.jpg
ぐるっと廻って5時間、蒸し暑さにヘトヘトになりながらも、大汗をかくとすっきりしますね。
特許許可局(トッキョキョカキョク)と鳴くホトトギスの声も楽しげでしたし、ムラサキカタバミの花はどこにも咲いていて、あまり注目されない花ですが、よく見るととてもきれいで癒されました。


  

  




[PR]
# by miyamayoshi | 2018-06-27 11:52 | | Comments(4)

双子山(富士山)

 6月17日(日)曇り時々晴れ
 富士山の双子山に行ってきました。
 雨の心配はなさそうですが、曇っていて展望も期待できそうもないから、距離の短い御殿場口から歩くことにしました。

   富士山御殿場口新五合目の登山口です。富士山へはまだ通行止めです。
d0164761_15311140.jpg

    お花が迎えてくれました。何ウツギかしら?
d0164761_15311872.jpg

   オンダテもたくさん咲いています。
d0164761_15312548.jpg

     霧が出てきました。
d0164761_15313205.jpg

    時々青空が見えて双子山が目の前に現れました。
d0164761_15314563.jpg

   霧が濃い時は、ちょっとの先も見えない時もあります。
d0164761_15315856.jpg

   1時間で下双子山の頂上ですが、展望なしで残念。
d0164761_15320600.jpg

   梅雨の最中だから雨が降らないだけもうけものと思っていると...
   何と霧が少しずつ上がっているのです。
d0164761_15442483.jpg

  しばらく待ってみると、じゃ~ん!!この景色です。上双子山、宝永山。富士山頂です。
d0164761_15443148.jpg

   双子山を下っていると、こんな爽やかな光景を見ました。
d0164761_15551437.jpg

   フジハタザオにも出会いました。
d0164761_15443955.jpg

    私の大好きな場所、四辻です。この雄大さが大~好き!!
d0164761_15444897.jpg

    この青空、この緑、初夏の富士山麓は素晴らしいです。
d0164761_15445908.jpg

   帰り道は幕岩経由です。またまた霧の中ですがハイキングの家族連れがいました。
d0164761_15450861.jpg

  ぐるっと廻って3時間のショートコースでしたが、富士山の見え隠れに一喜一憂でした。
  7月からの富士登山を前に、静かな富士山麓を歩くことができました。
  


[PR]
# by miyamayoshi | 2018-06-19 16:10 | | Comments(7)

好きな数字は「3」

 誰にも好きな数字があるのではないでしょうか?
 私は「3」が大好きです。
 小学校の1年から6年まで、ずっと3組でした。
 中学1年は13組だった。(団塊の世代だから14組までありました)
 兄が二人で私と妹の4人兄弟の三番目。
 誕生日も31日だから3がついているよね。
 結婚記念日も確か23日だった。
 性格も派手ではないから1番手や2番手ではなく3番手以降ですね。
 とにかく「3」が好きです。
 
 そして何よりの楽しみは三人組の山行きです。
 兄と夫と私の三人組です。
 私の友人はブログに兄が出てこないと「お兄さん元気?」なんて聞いてくるのです。

 山での三人組写真はあまりないです。
 誰かに撮っていただかないとないですよね。
 以前の写真を整理していたら出てきた写真がありました。

    頑張って行ってきました剱岳です。(2007年8月)
d0164761_09574344.jpg

   私のたった一度の外国旅行です。スイス(アイガー、メンヒ、ユングフラウを望みながら)
                                    2010年7月
d0164761_09575538.jpg

  1回目は大雨で何もみえなかった五竜岳、リベンジ登山でした。 2013年8月 
d0164761_09580496.jpg

  また今週末は雨の予報です。
  三人組で今年も北アルプスに行く予定ですが、トレーニングがなかなかできません。
  

[PR]
# by miyamayoshi | 2018-06-13 10:09 | 暮らし

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧