富士山 御中道(おちゅうどう)

 今年も富士登山をした人は、かなりの人数だったそうですね。
ステキな服装の山ガールと呼ばれる若い女性や、家族連れや、中高年のグループ
など、様々な人達が登ったようですが、もともとは立山、白山と共に「三霊山」と言われ、
信仰の山として修練の場であったそうです。
 
 富士山の中腹2300m~2800mを通って一周する約25キロの道は
御中道(おちゅうどう)と呼ばれています。
 その昔、富士山を3回以上登った者のみの許された、最上級の修練の道
だったそうです。(現在「大沢崩れ」は通行禁止ですから、一周はできません。)

 富士山スバルラインの奥庭駐車場(五合目駐車場手前)から大沢崩れまでの3.9キロの
道は、夏はシャクナゲや高山植物が咲き、秋は紅葉の美しい素晴らしいハイキングコースです。
(富士山を上に登るのではなく、横に歩くのですから無理なく歩けます。片道1時間半)

 10月14日、紅葉を見たくて居ても立ってもいられず、2000円のスバルラインの通行料も
なんのそのと、行ってきました。

    苔が美しい山の中                   雲海の上に南アルプスが...
d0164761_92581.jpg
d0164761_9253937.jpg

 歩き始めはこんな景色です
d0164761_928683.jpg

 落ち葉の道
d0164761_9294081.jpg

 いろいろな紅葉と出会います
d0164761_9313556.jpg
d0164761_9315626.jpg
 

    大沢崩れ(覗き込むと足がすくみました)
d0164761_935541.jpg

     初めは薄曇だった天気も青空が見えてきました
d0164761_9372111.jpg
d0164761_9373989.jpg

 御中道から見る富士山の頂上はこんなです(傘雲がかかっています)
d0164761_9404015.jpg

   こんな素晴らしい紅葉が見られてよかった、よかった!!
d0164761_9443279.jpg
  
 平日のため全く静寂の中で紅葉を堪能させてもらいました。
紅葉を愛でながらのコーヒータイムや昼食は、「ありがたい年金生活者」の
至福のひとときでした。ありがとうございました。

    来年も来ますからね、待っていてね、富士さ~ん。
d0164761_955458.jpg

# by miyamayoshi | 2010-10-16 10:06 | 富士山 | Comments(10)

コスモス

 秋の花はどれも控えめな感じで可憐で趣がありますね。
中でもコスモスは私の大好きな花です。

 富士山をバックに、コスモスの花が揺れている最高のロケーションがあるのです。
静岡県富士市、岩本山の麓の「かりがね堤」に2キロに渡ってコスモスが咲いています。
地元の人達がプランターで栽培してくれているのです。
 
d0164761_10522871.jpg

 
d0164761_10594768.jpg

 この日は10月半ばなのに「夏日」の陽気、蝶もミツバチも飛び回っていました。
d0164761_1122726.jpgd0164761_1124131.jpg

 名カメラマンさんたちはこんな具合に撮影していました。(ナイショ話(迷)かもしれませんね。)
d0164761_115132.jpg

# by miyamayoshi | 2010-10-12 11:11 | 町の花 | Comments(10)

東京美術館巡り

 昨日、東京へ行ってきました。
ひょんなことから、東京へ行くことになったのですが、
それなら見たいと思っていた「上村松園展」に行こうと思っていると、
夫が「ゴッホ展」に行きたいと言い出し、結局二人で美術館巡りとなりました。

 東京駅に着いたのは9時頃、美術館の開館までは時間があるので、皇居外苑に寄り、
「二重橋」の見学となりました。小学校の修学旅行以来のことで、実に半世紀ぶりでした。
 びっくりしたのは警備の警察官の多さと、すれ違う人はほとんどが外国人ということでした。
 
d0164761_10482771.jpg

     外国人で賑わっています                 松(クロマツ)が美しい
 d0164761_10505269.jpg
d0164761_10511958.jpg

 さて、いよいよ「上村松園展」の「東京国立近代美術館」です。(二重橋から歩いて10分くらい)
私と同じくらいの年代の女性の方が、とても多かったです。
d0164761_10584761.jpg

 美しく繊細な美人画にうっとりし、また作品数の多さに大満足でした。

 上村松園展 ← クリック

 感動も覚めやらぬ内に今度は「ゴッホ展」の「国立新美術館」に行きました。
d0164761_1110155.jpg

 まず、建物の素晴らしさに驚きました。
 ゴッホと言う名前は、絵に興味がない方や小学生でも知っていますが、
あの独特の画法に至るまでは苦しみの連続のようでした。

 ゴッホ展 ←クリック

 予定の美術館を二ヶ所、ゆっくりと鑑賞させていただきました。
それではくつろいで、お茶など飲みましょうなどと柔なことは決して言いません、わが夫クンは。

 歩くのが大好きなので、六本木に行き、「東京ミッドタウン」の見学です。
 ここは「働くこと」「住まうこと」「遊ぶこと」「憩うこと」のすべてが一体となった複合都市だそうです。オフィスあり、ホテルあり、公園あり、美術館などなんでもありの場所です。
  
  ミッドタウンタワー(248m)
 d0164761_11285028.jpg
 d0164761_1129564.jpg

 その後はまだ歩きます。六本木ヒルズの「森美術館」で現代アートを鑑賞し、展望台から東京の街を眺めました。東京タワーとスカイツリーを一緒に見ることができました。
 
d0164761_11385184.jpg

 上野の近くにあるという「かっぱ橋道具街」に行くのだと言う夫クンについてまたまた歩きました。ここは専門の道具を売る店がずらりと並んでいます。
 普通の家庭ではあまり買うものはありませんが、見ていて楽しかったです。

 穏やかな初秋の日の、見て歩き回った一日でした。
 
d0164761_11475527.jpg

# by miyamayoshi | 2010-10-08 11:51 | おでかけ | Comments(10)

今はもう秋...

 10月です。
 もう、秋ですね。
 小さな秋を探してきました。

 いつもより1,2週間遅く咲き出したヒガンバナもそろそろ終わりに近づきました。
d0164761_8262547.jpg

 キバナコスモスは優しい花です。             お茶の花も咲き始めました。
d0164761_8311592.jpg
d0164761_828445.jpg

 澄みわたる秋の空は何故か子供の頃を思い出します。
d0164761_8334726.jpg


 9月26日に行った白駒池はようやく紅葉が始まったばかりでしたが、見事に色づいてきました。
  
    白駒池 ←クリックしてください
# by miyamayoshi | 2010-10-04 08:10 | 町の花

アロエジュース

 今年の猛暑からようやく解放された季節になりました。
過ぎてみれば、なんだか懐かしいあの暑さですね。

 先日、ご近所の仲良しさんから、アロエをたくさんいただきました。
アロエは「医者いらず」と言われているだけあって、どの家庭にも1鉢や2鉢はありますね。
でも案外使い道がなくて、増えすぎて困ってしまったという方も多いようです。
 
 私はアロエでジュースを作って常備しています。
胃によし、便秘によしですので、よく飲みます。

 アロエジュースの作り方をネットで調べてみると、とげを取ったりミキサーを使ったりと
なかなか面倒なことが書いてありますが、私の作り方は簡単で美味しくできるのです。
 これは、いつもアロエジュースを作って飲んでいた祖母から教わったものです。

 アロエの葉をきれいに洗って乾かします。
d0164761_8182661.jpg

 水気が取れたら、2cmくらいに切ります。
d0164761_8203075.jpg

 アロエと砂糖(三温糖、白砂糖などなんでも可)を交互にビンに詰める。
 砂糖はアロエの重さの60パーセントくらいいれると常温でも保存できて美味しい。
 (少し甘いという意見もあって、後日、50%で作りましたがOKでした)
d0164761_8254950.jpg

                           (アロエ2㎏と三温糖1.2㎏が入ったところ)

 夏場なら、翌日にはこんなに水が上がってくる。
 2キロのアロエの葉から2リットルのジュースができる。
d0164761_8305627.jpg


 今回はたくさんアロエを頂いたので、大瓶で大量に作りましたが、いつもは小さなビンで
少しず作ります。強い力があるので、飲みすぎは禁物です。
 私は20ccくらいのアロエジュースを2~3倍に薄めて飲んでいます。

 夏場なら1週間くらい(冬場なら2~3週間くらい)で葉を捨てます。
d0164761_843828.jpg

            これは8月に作ったものですが、色の濃いのは三温糖、
            薄い方は白砂糖で漬けたものです。
            やっぱり、三温糖のほうが美味しいです。

 保存しておくものを作るのには、容器などをきれいにして(煮沸消毒や焼酎等でふいておく)
おくことが大事だと思います。
 
            
# by miyamayoshi | 2010-10-01 08:55 | 暮らし | Comments(8)

白駒池~高見石~中山~にゅう(北八ヶ岳)

 9月26日、北八ヶ岳の白駒池の紅葉を見に行ってきました。
ここは2151m、2000m以上の高地では一番大きな池です。
池の周りのドウダンツツジの紅葉はとても早く、毎年9月末から始まります。
昨年は27日に行ったのですが、それはそれは見事でした。
 紅葉見物だけではもったいないので、高見石~中山~にゅう と歩いてきました。

 今年の紅葉は、この夏の猛暑で1週間くらい遅く、やっと色づいた葉が少しあるだけで、
少し残念でしたが、観光客や登山者で賑わっていました。

 白 駒 池―――高 見 石―――中  山―――に ゅ う―――白駒池
 2151m     2249m      2496m     2351m

 R299(メルヘン街道)の駐車場に車をおいて出発
       白駒池への入口                  北八ツらしい苔むした原生林が続く
d0164761_14295347.jpg
d0164761_14301030.jpg

 白駒池を横にちょっと眺めて高見石まで歩きますが、紅葉は「あっ、まだ一寸早いなあ」
d0164761_1436248.jpg

                                    木道
                                 d0164761_14435087.jpg  


 山道はどこも歩きにくい所ばかり、               
その上ぬかるんでいるので慎重に慎重に...







        大きな石の道                        木の根道
d0164761_14473237.jpg  
d0164761_14475083.jpg 
 
 白駒池から高見石までは50分、大きな石をよじ登ると眼下に白駒池の素晴らしい展望が... 
 d0164761_14551887.jpg
d0164761_14554082.jpg

 高見石から約1時間で中山展望台、北アルプスまで望める大パノラマが...
d0164761_14583950.jpg

 山の中はゴゼンタチバナの赤い実が美しい          ひたすら林の中を歩く
d0164761_1521972.jpg
d0164761_1524919.jpg

岩が切り立った所が変わった名前の「にゅう」、ここからの展望も素晴らしいのだが霧が出てきた。
d0164761_1554583.jpg

 「にゅう」から白駒池までは、またまた歩きにくい道の連続です。
 池の周りは木道になっていて、ぐるっと一回りできます。
 ようやく色づきはじめた紅葉
d0164761_1512979.jpg
d0164761_15122143.jpg

 もやがかかって幻想的な白駒池
d0164761_15141784.jpg


  旬の紅葉を見ることができなくて少し残念でしたが、きれいな空気の中で、今年最初の      
 紅葉見物ができました。
  1週間後なら下の駐車整理券のようなすばらしい紅葉が見られるはずです。
  静岡から往復400キロ、車に乗っている時間は7時間、山歩きの時間は5時間でした。
   
d0164761_15221382.jpg

# by miyamayoshi | 2010-09-27 15:29 | | Comments(8)

ようやく秋の気配が...

 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、昨日も猛暑日でした。
静岡では、いつもなら9月になれば芽を出す彼岸花が、ちっとも出てきませんでした。
ラジオの「お便りコーナー」でもそんな話題が出ていました。

 それでも、ようやく秋の気配がしてきましたね。
駿府公園の彼岸花も咲き出しましたよ。(まだ蕾のほうが多いね)
 
d0164761_9415034.jpg


 そして、昨夜は満月でした。(ウサギさんの姿ははっきり見えませんが...)
 
d0164761_947436.jpg


 秋はいいなあ!
 お米も、お芋も、果物も美味しいものがたくさん!
 大好きな「紅葉」の写真をたくさん撮ろう!
# by miyamayoshi | 2010-09-23 09:58 | 町の花

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る