タグ:富士山 ( 174 ) タグの人気記事

身延山(紅葉散策)

 11月17日(土)晴れ
 今年の紅葉はいつもより少し早いようですね。
 身延山もやっぱり終盤に近かったです。
 毎回参道を歩いて奥ノ院まで行っていましたが、今回は初めてロープウェイで行きました。
 自分の年齢を考えてみれば、時には身も心もゆったりしなければと思ったのです。
 2時間半の参道歩きもロープウェイなら何と7分です。(片道760円)
 
 山門裏側の駐車場からロープウェイ駅までは、紅葉を愛でながらゆっくり歩いて行きます。
 立派な三門です。裏側に廻ると紅葉が素晴らしかった!!
d0164761_10124867.jpg

  山門のすぐ近くにある「竹之坊」の紅葉は燃えるようでした。
d0164761_10125690.jpg

 西谷の坊付近の紅葉は終盤でした。
 斜行エレベーターで身延山久遠寺の境内まで行きます。
 立派な五重塔を見上げます。
d0164761_10130536.jpg

  まだ朝早い静かな境内に「冬桜」が咲いていました。
  枝垂れ桜のように華やかではありませんが、青空の下で冬桜は凛としていました。
d0164761_10131299.jpg

   
d0164761_10132650.jpg

  8時40分の始発のロープウェイに乗りました。
  身延山山頂の標高は1,153m、その高低差は763mと全国6位の高低差を7分です。
  途中で富士山が見える場所がありますが、ほとんどこんな山の中を走っています。
d0164761_10133439.jpg

  ロープウエイを下りた所にある展望台からの富士山の眺めは素晴らしいです。
d0164761_10134352.jpg

 日蓮が父母を偲んで建立したと言われる奥之院思親閣を参拝し、身延山山頂からは南アルプスを眺め、いよいよ紅葉散策です。
 ハイキング西コースは下り約2時間半で、三門まで歩きます。
 たしかに今年は台風の被害で枝葉が落ちてしまっているようでしたが、終盤とは言え美しい紅葉を見ることができました。
 下にあるお寺の境内には、台風通過後には山から落ちてきた枝葉が山のように積み重なっていたそうです。

 美しい紅葉を堪能してきました。
d0164761_10135527.jpg

d0164761_10140431.jpg

d0164761_10141275.jpg
d0164761_10142112.jpg

d0164761_10143396.jpg

d0164761_10144349.jpg

  眼下に久遠寺が見えてきました。
  あの大きなお寺の広い境内も山から見れば狭いように見えました。  
d0164761_10145242.jpg

   今年も楽しく身延山の紅葉巡りができました。
   ありがとうございました。

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-20 11:22 | おでかけ | Comments(6)

竜ヶ岳

 11月11日(日)
 紅葉たけなわのシーズンです。
 今年も山梨県の竜ヶ岳に出かけました。
 天気予報では晴れマークでしたが、お日様はなかなか出てくれなかったです。

 キャンプ場の駐車場から出発です。            7:40
 キャンプのテントがたくさん張られていました。
d0164761_10021799.jpg

 今回も端足峠(はしたとうげ)経由です。
 本栖湖を見ながら林道を歩いていきます。
 林道沿いの紅葉は終盤を迎えていましたが、それでも十分に楽しませてくれました。
d0164761_10022591.jpg

d0164761_10023260.jpg

  30分程の林道歩きで登山口です。
  標識にはここから竜ヶ岳までは2時間という表示です。
d0164761_10024117.jpg

 端足峠までの登山道の紅葉、黄葉は素晴らしかったです。
d0164761_10024970.jpg

 
d0164761_10025840.jpg

 キャンプ場からの登山道は渋滞が発生するほど人気の竜ヶ岳ですが、端足峠から登る人はごく少数なので、静かでゆったりと歩くことができます。
 
d0164761_10030777.jpg

 峠から見える富士山を期待していたのですが、どんよりと曇っていて残念です。
 ちょっとの差で私は見ることができなかったのですが、一瞬顔を出してくれたのを連れが撮ってくれました。
d0164761_10031535.jpg

峠から竜ヶ岳までの道は晴れていれば、富士山と南アルプスが望めるのですが、この日はどちらもダメでした。ちょっと歩き難い道もあったのですが、今回はよく補修されていて感謝です。
d0164761_10032799.jpg

  竜ヶ岳の頂上はかなり賑わっていました。    10:20
  正面に大きく富士山が見えるはずですが残念。
d0164761_14250405.jpg

  でもありがたいことに一瞬だけ顔を出してくれたのです。
d0164761_14251562.jpg

  陽が出ないので気温が低く早々の下山です。
  山を下りながら見る富士山も雲の下です。
d0164761_14253272.jpg

 私の大好きな景色が現れてくると少し陽がさしてきました。
d0164761_14254444.jpg

 本栖湖が美しく見えるこの場所は、登りでも下りでも一休み。
d0164761_14255554.jpg

   湖を見て振り返れば富士山がまたちょっと顔を出してくれました。
d0164761_14270952.jpg

  下山   12:10

  駐車場で昼食を摂り、帰り道は国道300号を走りました。
  300号線沿いの紅葉は本当に素晴らしかったです。
  ほぼ終盤の紅葉でしたが、十分に楽しませてくれました。
  走る車の中からの写真撮りはなかなか大変でした。
d0164761_14272226.jpg

d0164761_14273031.jpg

d0164761_14273995.jpg

[PR]
by miyamayoshi | 2018-11-14 14:52 | | Comments(12)

水ヶ塚から双子山

 10月21日(日)
 10月になっても不安定な天気が続いていましたが、この日は文句なしの秋晴れでした。
 今年もきれいな紅葉を見ることができたらいいなと思いながら、富士山の中腹の双子山まで行ってきました。

 まずは水ヶ塚駐車から須山口登山歩道を歩いて御殿庭下まで登ります。
 駐車場から見える富士山は凛とした姿でとても美しかった。
d0164761_13512432.jpg

  紅葉を期待したものの、歩き始めはなかなか現れてくれません。
d0164761_13513143.jpg

  時折ちらっと見える紅葉もありました。
d0164761_13513803.jpg

  かなり登って来ると、赤い実をつけた木々が現れました。
d0164761_13514603.jpg

  ミヤマハナゴケも見ることができました。
d0164761_13515581.jpg

  御殿庭下から御殿庭入口まで下っていきます。
  黄葉したカラマツ林を通るのが楽しみですがもう終盤のようでした。
d0164761_13520955.jpg

  天気はこれ以上ないほどの秋晴れです。伊豆の島まではっきりと見えました。
d0164761_13521826.jpg

 御殿庭入口の川原のような砂地に下りてくると宝永山が現れてきます。
 私の大好きな場所です。
d0164761_13522654.jpg

ここからは四辻を目指して歩いていきますが双子山が見えてきました。この景色も大好きです。
d0164761_13523751.jpg

  そして私の好きな場所、四辻です。
d0164761_13524688.jpg

今回は息子と一緒に歩いています。
一緒と言っても私とは歩く速さが全く違います。
いよいよ私が双子山に登る段になると、彼は上双子山へどんどん登って行くのです。
どうしても登ったことがない上へ行きたかったそうです。
以前私も登ったことがあるのですが、あまりにも急登でもう絶対にいやでした。
と言うわけでいつもと同じの下双子山へ登ったのですが、強風で長くはいられなかったです。

  下双子山からは富士山頂、宝永山、上双子山の素晴らしい景色が望めます。
d0164761_14233854.jpg

 そして、上双子山からは富士山頂と宝永山です。この景色を見た人は少ないと思います。
d0164761_14235152.jpg

 上双子山から下双子山にいる私達を撮ってくれました。(ドローンで撮影したみたい)
d0164761_14240884.jpg

  私は下双子山から下山している息子を撮ってみました。
d0164761_14241994.jpg

  四辻からは須山口下山歩道を歩いて御胎内で昼食です。そこで可愛いキノコをみつけました。
d0164761_14243246.jpg

 水ヶ塚までの帰り道では紅葉も楽しむことができました。
d0164761_14352261.jpg

d0164761_14371082.jpg

d0164761_14382469.jpg

  ぐるっと廻って5時間半、駐車場に着いてみると富士山の雪は少し薄くなっていましたね。
  素晴らしい秋晴れの中で、とてもステキな山歩きでした。
d0164761_14404835.jpg

  

  

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-10-24 14:47 | | Comments(6)

満観峰

 9月24日(月、祝日)
 8月11~12日に鏡平小屋まで行ったきり、山歩きは天候不順等のため全くできませんでした。それに夫の膝の具合もあるので、近場の山ならということで、久しぶりに焼津市の「満観峰」に行って来ました。

  花沢の里の駐車場ーー法華寺ーー日本坂峠ーー満観峰ーー鞍掛峠ーー花沢の里ーー駐車場

 なぜか鳥居のある法華寺です。
 日本人は神様も仏様ももともとは同じだと考えていたのでしょうか?
 神社とお寺が一緒になっていた時代もあったのですね。
d0164761_16075686.jpg

         あの「ぐち聞き地蔵尊」が鎮座している前を通ります。
d0164761_16080536.jpg

      お寺の横から登り始めると、「タマアジサイ」が咲いていました。
      玉のつぼみと咲き出した花です。
d0164761_16081246.jpg

  青空と秋の雲の下に高草山が見えます。いつもは高草山とセットで登るのですが...
d0164761_16081938.jpg

日本坂峠までは林の中の曲がりくねった道をを歩いていきます。
 最近「乙女坂」という名前がついた標識が立てられています。
 なんで乙女坂?と言うと、「18曲り」ですって。娘18と言いますからね。
 私も曲がり角を数えてみましたが、20あったような気がします。
 名前は優しいけれど、この坂の上り下りは結構大変です。
d0164761_16082839.jpg

  駐車場から歩いて1時間で日本坂峠に到着。
  ここからは、花沢山と満観峰を結ぶ尾根歩きです。「ハナマンオネ」というそうです。
  この尾根道は天気がよければ富士山の展望が素晴らしい場所が3,4か所あります。
  「日本一の展望地」と書かれた場所には「家康ベンチ」があります。
  このベンチに座って一休みです。
  この時は富士山は見ることができなかったけれど、なかなかいい景色です。
d0164761_16092040.jpg

  頂上に近づいてくると、手入れを放棄した茶畑がありますが、花はちゃんと咲いていました。
d0164761_16092963.jpg

  駐車場から2時間かかって頂上到着です。
  ラッキーなことに富士山がうっすらと姿を現してくれました。
  デ~ンと見える富士山もいいけれど、こんな控え目な富士山も趣がありますね。
d0164761_16093922.jpg

  まだ朝早い時間なので、登ってくる人は少なかったです。
d0164761_16094517.jpg

下りの道では、これから登ってくる人が多く「こんにちは~」の声があちこちで聞こえました。
この日は夏に戻った暑さの中を、鞍掛峠から花沢の里まで一気に下りました。
大きく育ったみかんを見て、自然に顔がほころびました。
青いみかんが黄色に色づいて、山が華やかになるのももうすぐですね。
d0164761_16095226.jpg

  ひと月半ぶりの短時間の山歩きでしたが楽しかったです。
  花もたくさん咲いていましたが、私の撮り方ではうまく撮れませんでした。

 
  

[PR]
by miyamayoshi | 2018-09-26 11:13 | | Comments(6)

夏の越前岳(1504m)

 7月15日 
 例年より早く梅雨が明けたと思ったら、あまりの暑さの到来です。
 とにかく暑い、暑いです。
 1000m以上の山なら、少しは涼しいかと越前岳にでかけました。

  私の苦手な階段歩きからスタートです。この暑さの中、登山者は少なかった。
d0164761_14565368.jpg

   階段を登り切れば真正面に大きな富士山が待っています。
d0164761_14570004.jpg

   快適な高原歩きがしばらく続きます。涼しい風が吹いています。
d0164761_14570663.jpg

  越前岳は、高原あり、急登あり、岩場あり、木の根道ありの変化に富んだ山です。
  花もたくさんある所ですが、今の時期はちょっと少ないですね。

  ヤマタイミンガサが大きくなっていました。
d0164761_14571272.jpg

  富士山もいろんな顔を見せてくれます。ピンクのヤマボウシと富士山もいいね。
d0164761_14571825.jpg

    ノリウツギ
d0164761_14573014.jpg

   富士山に背中を押されて登っているように見えますよね。登る本人は全く気付かずです。
d0164761_14573672.jpg

  春に登った時よりも20分も遅れて頂上です。
  富士山もこの後は雲の中に隠れていきました。
d0164761_14574449.jpg

夏の越前岳の楽しみはオオナンバンギセルに会うことですが何とか見つけることができました。
d0164761_14574958.jpg

  コウリンカにも会いたいと思っていましたが、まだ咲き始めてはいませんでした。

  高原の風は爽やかでしたが、夏の登山はやっぱり暑いし、水分補給も大切でした。
  
  
    



[PR]
by miyamayoshi | 2018-07-18 15:38 | | Comments(8)

高草山~満観峰

6月25日(月)
梅雨の最中の山行きは予定がなかなか立てられません。
久しぶりに月曜日に暇ができたので、近場の山に行ってきました。
この日はとにかく暑い日でした。

まず高草山までですが、背中に太陽を背負って登るので、暑さは半端ではなく汗びっしょりです。
天気は薄曇り、景色も霞んでしまっています。
そんな中、ムラサキカタバミの可憐な姿を見ながら歩きました。
d0164761_11062219.jpg

 汗をふきふき高草山の頂上まで来ると、富士山がうっすらと見えました。
d0164761_11062935.jpg

 高草から鞍掛峠までは林の中なので暑さは少し楽になり、満観峰まで一頑張りです。
 満観峰の広い頂上は、平日ですが中高年の人達で賑わっていました。
 でも、富士山はお休みで残念です。(頭だけちょと出ています)
d0164761_11063718.jpg

 ここでコーヒーを飲みながら一休みしてから、日本坂峠に下ります。
 鳥の鳴き声が響き、私の好きな稜線歩きです。
 最近、素晴らしいベンチができました。
 その名も「家康ベンチ」です。
d0164761_11064880.jpg

 富士山を望めれば本当に日本一の展望地です。(このベンチに座ってゆっくり昼食) 
d0164761_11065408.jpg

 日本坂峠から法華寺に下りて来ると、こんな優しいお地蔵さんが...
d0164761_11070035.jpg

  何でもぐちを聞いてくれるそうです。  
d0164761_11070986.jpg
ぐるっと廻って5時間、蒸し暑さにヘトヘトになりながらも、大汗をかくとすっきりしますね。
特許許可局(トッキョキョカキョク)と鳴くホトトギスの声も楽しげでしたし、ムラサキカタバミの花はどこにも咲いていて、あまり注目されない花ですが、よく見るととてもきれいで癒されました。


  

  




[PR]
by miyamayoshi | 2018-06-27 11:52 | | Comments(4)

乾徳山(2031m)

 6月3日(日)晴れ 
 ひと月ぶりに山に行ってきました。 
 山梨県山梨市にある標高2,031mの乾徳山です。 
 標高差約1200m、往復の歩行距離は約10Kmで、標準タイムで約7時間です。 
 岩場の難所もかなりある山なので、気持を奮い立たせて行ってきました。
 2004年に登っているのですが、政治家と同じように「あまり記憶がございません」 
 4時半に自宅を出発し、塩山の「すき家」で朝食、徳和の駐車場に7時ちょっと過ぎに到着。

     穏やかな懐かしいような景色を眺めながら歩き始めました。
d0164761_11084903.jpg

    駐車場から登山口までは20分くらいかかります。
d0164761_11085760.jpg

   樹林帯を歩いて行きますが、フタリシズカの大群生にはびっくりです。
d0164761_11090671.jpg

     名前のとおりのフタリシズカですね。
d0164761_11091326.jpg

 美しい新緑を見ながら1時間半程歩くと「国師ケ原」です。広~い!!
 遠くに見える山が目指す「乾徳山」です。
d0164761_11092181.jpg

  高原の中を何匹かの鹿がゆっくりと歩いていて、時々私達を見ています。
d0164761_11093032.jpg

  登山者は中高年よりは若者達が大勢で賑やかです。富士山の展望も素晴らしい。
d0164761_11093828.jpg

  国師ケ原から40分くらいで「月見石」に出ました。でっかい岩です。
  岩の裏側からは簡単に登れるので私も登ってみました。ここから月を眺めるのかな。
d0164761_11094690.jpg

    ここは「扇平」です。草原エリアです。頂上までは後1時間くらい。
d0164761_11095867.jpg

  この日は素晴らしい富士山を所々で見ることができました。
d0164761_11100507.jpg

    いよいよ岩場が始まりました。覚悟を決めて歩きます。
d0164761_12344874.jpg

 カミナリ岩です。主な岩には名前がついていますが必死で登るので標識なんか見えません。
d0164761_12354780.jpg

  岩と岩の間にはハシゴがかかっている所もあります。
d0164761_12350062.jpg

     ツルツルした岩です。滑りそうで怖い~
d0164761_12361030.jpg

     こんな岩の端っこに立っている人がいますが怖くないの?  富士山最高!!
d0164761_12362385.jpg

  最後の難関の鳳岩(おおとりいわ)です。
  20mのほぼ垂直の岩です。古希の私ですが登りました。
  岩の割れ目(クラック)に足を置けば大丈夫でした。
  14年前(2004年)に登っているのですが、50代より今回の方が楽でした。
d0164761_12363736.jpg

   難関を突破したら、乾徳山の頂上です。バンザ~イ ヽ(^。^)ノ
d0164761_12365643.jpg

  天気がよかったので、素晴らしい景色を眺めながら、スリルを味わいながらも標準タイムより少し早く楽しく登ることができました。頂上は大勢の人で賑わっていました。360度の展望を楽しみながらのコーヒーは格別でした。でもゆっくりはしていられません。下山が待っています。これが想定外の大変さでした。

 さて、下山は上りルートとは違う道を選びました。
 この道がガレ場の急坂で、地図によると上りも下りも同じタイム、ということは下りはかなり大変なんですね。私にとってはあの岩場登りより大変だったのです。
d0164761_13342284.jpg

 この道を利用する人はほとんどいないようで淋しい感じの道でした。国師ケ原までは1時間半の予定です。こんな看板が出てきたのでほっとしました。 
d0164761_13355407.jpg

 20分くらいよりもう少し歩いてやっと国師ケ原に到着。またまた鹿さんに会いました。
 ここからは道満尾根を歩いて徳和の登山口に下りました。
 途中「道満山」の標識が出てきたので、「2座登ったね」ということになりました。
d0164761_13360444.jpg


   道満山から40分くらいでやっと下山口へつきました。
   徳和の集落を歩いていると、こんな看板が...
   うれしかったです。のどが渇いていたので本当に美味しい水でした。
   ありがとうございました。
d0164761_13362107.jpg

乾徳山は魅力一杯の山です。
樹林エリア、草原エリア、岩峰エリアと変化に富んだ山です。
私が標準タイムで登れたことで、夏に予定している北アルプス登山への不安も少し薄らぎました。
乾徳山さん、ありがとうございました。
 
 
 
   

   


 




   


    


   
[PR]
by miyamayoshi | 2018-06-06 13:57 | | Comments(10)

八紘嶺の春

 5月5日(土)子供の日
 兄と夫と私の3人組で「シロヤシオの花を見たいね」ということで、八紘嶺に行ってきました。
 梅ヶ島温泉から安倍峠への開通して間もない林道は、新緑が美しかったですが、冬の間に起こった土砂崩れの後もありました。
 天気もいいので八紘嶺登山口の駐車場には、たくさんの車が並んでいました。

 登山口を出発するとミツバツツジがあちこちに咲き誇っています。
d0164761_15164314.jpg

 しばらくするとシロヤシオの花も見えてきました。
d0164761_15165152.jpg

 シロヤシオはゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも言われて、愛子様の御印ですね。
d0164761_15170185.jpg

  安倍峠と八紘嶺の分岐を過ぎるとこんな「木の根道」があります。
d0164761_15171074.jpg

 私の足では歩き始めて40分で富士見台に到着です。
 春の富士山は霞がかかってちょっと残念です。(凛とした富士山が見えるのは冬ですね)
d0164761_15172086.jpg

  富士見台から見えるこの景色も大好きです。
d0164761_15181267.jpg

  富士見台を過ぎるとロープや鎖があるかなり険しい山道が続きます。
  最後の急登を過ぎ、尾根道に出ると富士山の展望の素晴らしい場所があります。
d0164761_15182448.jpg

私が勝手に「miyamaの木」と名付けたこの場所での写真撮影では、必ず兄のじゃまが入ります。
d0164761_15183161.jpg

  小さなアップダウンを何度か繰り返すと、この大好きな景色を眺める場所に出てきます。
d0164761_15542736.jpg

    この景色は「八紘嶺の頂上はもうすぐだよ」と教えてくれています。
d0164761_15543629.jpg

  今回はちょっとゆっくり歩きでしたが2時間で頂上です。南アもきれいに見えています。
d0164761_15544690.jpg

   連休中なので、福井県から来たという方もいらっしゃいました。
   静岡の山を気に入ってくれればうれしいですね。
   お昼は駐車場に着いてからなので、コーヒーを飲んだら下山です。

   帰り道では朝より少しはっきりと富士山を見ることができました。
d0164761_15545712.jpg

  山を下りている途中で思いがけないうれしいことがありました。
  いつもコメントをくださるmanさんに偶然お会いしたのです。
  今年はこれで2回目なんです。
  ちょっと時間がずれれば会うことは難しいですよね。
  でも、ばったりと会うなんてラッキーでした。
  今年は何回お会いできるか楽しみですね。

  シロヤシオの旬の花を見ることができた上に、コイワザクラも見ることができ幸運でした。
  岩に張り付いているから、この名前がついたのかしら。
d0164761_15550970.jpg

 
d0164761_15551952.jpg

   帰り道では鮮やかなミツバツツジがより一層輝いて見えました。
d0164761_15552828.jpg

 シロヤシオとミツバツツジのコラボレーションがステキでした。
d0164761_15564181.jpg

 私の大好きな八紘嶺は正に春でした。
 残雪残る南アルプスを望み、芽吹いたばかりの木々を仰ぎ、楽しい小鳥の声を聞き、そんなに大変ではないけれど、ちょっと大変なこの山が大好きです。春の八紘嶺もよし、秋の八紘嶺もまたよしです。

[PR]
by miyamayoshi | 2018-05-07 16:37 | | Comments(10)

越前岳(1504m) 静岡県裾野市

 今年のゴールデンウィークの前半は良い天気に恵まれました。
 「毎日が日曜日」とは言っても、カレンダーを見ればどこかへ出かけたくなります。
 出かけると言っても山に行くのですが...

 4月29日(日)昭和の日
 まだ雪を被っている富士山がどか~んと見える山越前岳に行くことになりました。今年は花の開花が早いから、もしかしたらアシタカツツジも咲いているかしらと思いましたが、木々の芽吹きが始まったばかりで、他の花も少なかったです。

 登り始めのこの階段が歩き難くて私は苦手です。
d0164761_14141142.jpg

  階段を登り詰め十里木高原展望台にでると、この景色です。
d0164761_14141929.jpg

  美しい木々の芽吹きを眺めながら歩いていきます。
d0164761_14142560.jpg

   たった1輪だけでしたが、珍しい花を見つけました。コイワザクラです。
d0164761_14143305.jpg

 連休の前半と言うことでこの日は登山者がとても多かったです。いつもならゆっくりとあちことを眺めながら歩くのですが、後ろから小学校の4年生くらいの男の子がどんどん接近してきます。元気のいい子で急坂でもぴょんぴょんと飛んだり跳ねたりしています。ご両親は後で「途中で待っていて」と言うだけです。荷物は親御さんが全部持っていて元気が有り余っている子は空身です。
 私はちょっと「意地悪ばあさん」になってしまいました。絶対にこの子を私の前には行かせたくないと思って必死で歩きました。だって、一応1000m以上の山だし、山って何があるかわからないですから、自分の食べるお弁当や飲み水は自分で背負って行かなければと思います。と言うわけで、男の子には先を譲らずに頂上まで登り切りました。いつもよりかなり早いタイムでした。

  富士山も顔を出していて、頂上も大賑わいでした。
d0164761_14144097.jpg

  早々に下山です。登る時には気がつかなかったのですが、富士桜がたくさん咲いていました。
d0164761_14150015.jpg

  富士桜と富士山、素晴らしかった!!
d0164761_14144701.jpg

ヤブレガサと思っていましたが、これはモミジガサでしょうか?(どなたか教えてください)
manさんが「ヤマタイミンガサ」ではないでしょうか?と教えてくれました。ありがとう
d0164761_14150831.jpg

  ミツバツツジもきれいでした。
d0164761_14151430.jpg

  展望台まで戻ってきて、もう一度富士山の展望を楽しみました。
d0164761_14152210.jpg

 とにかく富士山が素晴らしかったです。
 山の中は芽吹いたばかりだったので、下山中は木々の間からずっと富士山を眺めることができました。私、ちょっと意地悪ばあさんだったかな。親御さんにももう少し子供を注意してほしかったし、子供さんにももう少し落ち着いた山の歩き方をしてほしかったです。
  

 
 

 

[PR]
by miyamayoshi | 2018-05-01 15:50 | | Comments(8)

富士山と湖を見ながら歩く

 4月22日(日)晴れ
 久しぶりに三人組で歩くことになりました。
 どこへ行こうか?
 「ちょっと遠くて、あまり大変ではなくて、富士山が見えて、季節の花にも会いたいね」
 と、言うことで、御坂山塊の稜線歩きをしてきました。

 木々が芽吹き始めたばかりの中を歩き始めます。
d0164761_14493063.jpg

  空を見上げるとこんなにきれいです。
d0164761_14493737.jpg

 久しぶりに兄と夫と私の三人組歩きです。
d0164761_14494441.jpg

 1時間半歩いて稜線に出ると、この富士山が出迎えてくれました。
d0164761_14495292.jpg

 太陽が燦々と降り注ぐ中の尾根道歩きは初夏のようでルンルン気分です。
d0164761_14500179.jpg

 富士山と河口湖を眺めながら歩くなんて最高です!!
d0164761_14500882.jpg

 今年はどの花も開花が早いから、もう見ることができないかもしれないと思っていた花にあえました。山道に自然に咲いているカタクリです。特に保護されているようではありません。数は多くありませんが、あっちに1輪こっちに2輪といった感じで咲いていました。 
d0164761_14501888.jpg

  陽が当たらないと花びらが開きません。中の模様がきれいですが写しにくいですね。 
d0164761_14503257.jpg

 シロバナエンレイソウも1輪だけ見ることができました。
d0164761_14505267.jpg

 ハシリドコロはたくさん咲いていました。
d0164761_14505843.jpg

 この日は歩き始めの朝の温度は12度でしたが、気温がどんどん上がって下山してきたら27度になっていました。暑さに慣れていない体にはちょっと大変でした。


 


[PR]
by miyamayoshi | 2018-04-24 15:27 | | Comments(11)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る