人気ブログランキング |

タグ:山 ( 226 ) タグの人気記事

梅雨の晴れ間の満観峰

 6月16日(日)
 前日の雨がすっかり上がって、文句なしの天気です。
 満観峰に出かけました。

 この日のコースは  花沢の里ーー日本坂峠ーー頂上ーー鞍掛峠ーー花沢の里  

       風情のある花沢の里を歩いて行きます。
d0164761_11573936.jpg

        色とりどりの紫陽花が見頃です。
d0164761_11574902.jpg
       
          山道には白いホタルブクロが咲いています。
d0164761_13301768.jpg

         美味しそうに見えるヘビイチゴですがお味は?ですね。
         ヘビが食べるから、そういう名前が付いたというのですから...
d0164761_13302770.jpg

  日本坂峠からの尾根道歩きでは素晴らしい景色を見ることができました。
  富士山の頂上に雪があるように見えますが、実はは白い雲がかかっていました。
  雪はほとんど融けて、夏の富士山になっていました。
  大きくカーブしている道路は「東名高速道路」です。
d0164761_13303465.jpg

  海を眺めてみると、昨日降った雨の影響で安倍川の河口は濁っているのがわかります。
  伊豆半島は白い雲で覆われていました。
d0164761_13304158.jpg

       2時間くらいで頂上につきました。
       富士山とさつきのコラボもいいですね。
d0164761_13304934.jpg

   どこでも見ることができる「ムラサキカタバミ」も山の中では一際輝いて見えます。
d0164761_13305737.jpg

  夫の膝痛の様子を見ながら3時間半の山歩きでした。
  ショートコースのゆっくり歩きなので痛むことはなかったようです。


  新潟・山形に大きな地震がありました。
  被災された方々にお見舞い申し上げます。
  来る来ると言われている私達の所には大きなものは全く来ていません。
  でも、油断大敵です。
  備え等、しっかりやっておきたいと思っています。
  

   

by miyamayoshi | 2019-06-20 14:02 | | Comments(6)

水ヶ塚から双子山

 6月1日(土)
 令和になってひと月が過ぎました。
 季節はもう初夏です。
 と言っても、山はやっと春になったところでしょうか。
 膝痛で山にいけなかった夫が「花を見に行こう」と言い出しました。
 「どこへ行くの?」と問えば「双子山」という答えが。
 あの花を見に行きたいとすぐわかりました。
 私にとっても2か月ぶりの山歩きです。
 
 水ヶ塚の駐車場からスタートです。
 車から下りたら富士山には雲がかかっていました。
 とにかく1枚撮り終えたらもう雲に隠れてしまって、その後も顔を出してはくれませんでした。
d0164761_14284766.jpg

  歩き始めてすぐ「ツルシロカネソウ」が迎えてくれました。
d0164761_14285384.jpg

 「シロバナヘビイチゴ」も咲いていますが、いつもより数が少ないです。
d0164761_14290021.jpg

  面白い木を見つけました。このコブはどうしてできたのでしょうか?
d0164761_14291069.jpg

  新緑の中は気持ちよく歩けます。
d0164761_14291778.jpg

 歩いている道は「富士山須山口登山歩道」です。ちょっと霧が出てきています。
d0164761_14292778.jpg

  宝永山と御殿場口新五合目との分岐の御殿庭(下)に到着。
  私達はゆっくり歩いて1時間40分でした。
  双子山は御殿場口新五合目方面に歩いて行きます。(ここを右折します)
d0164761_14293571.jpg

  膝痛が心配の夫は、膝への負担が少ないように初めてストックを使って歩いています。
d0164761_14294546.jpg

  霧がかかって遠くの景色は見えませんが、カラマツの新緑が美しい!!
d0164761_15004853.jpg

  霧がかかった中を歩くのはちょっと不安です。
d0164761_15005562.jpg

  時々明るくなると花も見えてきます。「フジハタザオ」です。
d0164761_15010412.jpg

  下双子山に到着。本当は上双子山、宝永山、富士山が三重になって見えるのですが...(残念)
d0164761_15011234.jpg

  私の好きな場所の四辻からも富士山はみることができませんでした。
d0164761_15012380.jpg

  さて、帰り道であの花に会えたらうれしいと思っていました。
  しかも丁度見頃のいい状態で見ることができました。
  「ヤマシャクヤク」の花です。
d0164761_15013122.jpg

 
d0164761_15014047.jpg

d0164761_15015097.jpg

  歩いた時間は5時間半でした。
  心配した夫の膝痛もなんとか大丈夫のようでした。私の体力もなんとか大丈夫でした。
  天気も雨が降らなければ「よし」ですね。
  会いたかった「ヤマシャクヤク」に会えて疲れも吹っ飛びました。
  

 
  

by miyamayoshi | 2019-06-05 15:23 | | Comments(6)

飯盛山 ~雪景色にびっくり~

 3月31日(日)
 長野県の飯盛山に行ってきました。
 まさかの雪景色の中を歩いてきました。
 今年はスノーシュー歩きもできなかったし、雪も見ることもできなかったのに、桜の咲くこの時期に美しい雪景色を見ることができたなんて、神様の贈り物かしらとうれしくなりました。

 あいにくの曇り空でしたが八ヶ岳が少し顔を出してくれました。(野辺山高原駐車場) 
d0164761_09564820.jpg

   歩き始めから雪道です。
d0164761_09565501.jpg

  昨夜雪が降ったようでびっくりするような雪景色です。
d0164761_09570398.jpg

  更に美しい景色が広がり気持がどんどん高ぶります。
d0164761_09571035.jpg

  40分程歩くと雪を被った飯盛山が見えてきました。
d0164761_09571797.jpg

  雪道歩きなのに飯盛山を目指していつもより軽やかに歩けます。
d0164761_09572402.jpg

  更にこの景色にはびっくりします。
d0164761_09573433.jpg

  頂上に近くなると雪が舞ってきて風も出てきて寒いです。
d0164761_09574104.jpg

  まわりの山もはっきり見えません。
d0164761_10103146.jpg

  頂上を踏んだだけで即下山ですが、太陽が顔を出してくれたのです。
d0164761_10103982.jpg

  この美しい雪の華を見ながら歩ける幸せをかみしめました。
d0164761_10104756.jpg

  昨夜降ったばかりの雪なので、陽が出ればどんどん融けてきました。
  アイゼンは使わずに歩けましたが、下りは凍結した場所があり少し難儀しました。
  下山口近くで見る青空の下の八ヶ岳にはまだ霧がかかっていました。
d0164761_10105870.jpg

  何度も登っている飯盛山ですが、今回のこの景色は本当に素晴らしかったです。
  春の雪ですから、寒さもあまり感じなかったです。
  今年の冬は思うように山に行けなかったので、神様の贈り物のように思えました。


 【お ま け】
  飯盛山からの帰りは桜見物を楽しんできました。
  
  山梨県韮崎市の「わに塚の一本桜」です。五分咲きでした。
  樹齢320年、高さ17m  八ヶ岳はまだ雲の下でした。
d0164761_10203320.jpg

  桜の木の下はこんなにきれいなお花畑です。
d0164761_10204529.jpg

  山梨県南部町の「原間のイト桜」を初めて見てきました。
  細い枝のしだれ桜で、丁度見頃ですばらしかったです。
d0164761_10205446.jpg

   雪景色と桜、いい一日でした。
   そして5月からは「令和」です。
   今年はいい年になる予感がしました。

  帰り道の国道52号線沿いの道は桜が満開でした。
  我が町静岡市は4月になってもまだ満開ではないです。
  小学校の入学式(5日)には満開になるかしら。
  今年は桜の木の下で新しいランドセル姿で写真が撮れるといいですね。

 


  
  
 
  

  


by miyamayoshi | 2019-04-03 10:54 | | Comments(6)

突先山~大山

 1月27日(日)晴れ
 今年一番の寒い朝でした。
 家を出た時の外気温は-1℃、駐車場の奥長島では-4℃でした。
 それでも今年は暖冬です。
 昨年の同じ時期に来た時は想定外の雪にびっくりしましたが、雪は全くなく快晴の山日和です。

 奥長島のバス停横の広場に車を置き、美しい茶畑を眺めながら登山口まで歩きます。
d0164761_15430310.jpg

 登山口は「山腹コース」と「沢コース」がありますが「沢コース」へ進みます。 8:27
d0164761_15431474.jpg

  釜石峠に向かいますが昨年とは違って雪なしの道です。
d0164761_15433047.jpg

 昨年はこんなに雪がありました。   2018.2.4
d0164761_15433880.jpg

  沢沿いの道から林の中の道に進み「おおたる滝」にちょっと寄ってみました。
d0164761_15434412.jpg

  釜石峠  9:40  
d0164761_15435526.jpg

  ここまで来たら「歯痛地蔵」のお参りです。
d0164761_15440252.jpg

  釜石峠から突先山までの道も雪がないので楽に歩けました。
d0164761_15441091.jpg

  昨年は想定外の雪にびっくりしました。  2018.2.4
d0164761_15441670.jpg

  突先山(1022m)からの富士山も雪が少ないです。    10:20
d0164761_15442507.jpg

  突先山からかなり急坂を下って日当たりの良い林道でコーヒータイムです。
  林道歩きで大山までは南アルプスと富士山を眺めて、ルンルンハイクです。
d0164761_15443909.jpg
 
d0164761_15444903.jpg

  大山(986m)到着   11:30
d0164761_15450091.jpg

  素晴らしい景色を見ながら朝ドラの「万平さんラーメン」でお昼です。
d0164761_15451060.jpg

  下り道はかなり大変な道です。
  傾斜のきつい急坂がずっと続きます。この道が「東海道自然歩道」なんですね。
  この標識が出てくれば一安心です。
  口長島に下りれば駐車場まで歩いて15分くらいでしょうか。
d0164761_15451904.jpg

  昨年はあの雪の中で大変な思いをしたけれど、今年は全く雪がありませんでした。
  ぐるっと廻って6時間、よく歩きました。
  途中に会った人はたった一人だけでした。
  いい山なのにあまり知られていないのでしょうか。
  
  
  

    

  

 
  



by miyamayoshi | 2019-02-01 16:43 | | Comments(6)

賤機山ハイキングコース(2019初歩き)

 1月6日(日)
 お正月休みの最後の日に「賤機山ハイキングコース」を歩いてきました。
 浅間神社から鯨ヶ池までのコースです。
 曇り空で富士山はお休みでしたが、風もなく楽しく歩くことができました。

   浅間神社と言えば「百段」です。
d0164761_13451741.jpg

  まずは「観音さん」と呼ばれている「静岡市戦禍犠牲者慰霊塔」まで歩きます。
d0164761_13452531.jpg

  次に目指すは「一本杉」です。
d0164761_13453334.jpg

   ここからはアップダウンの山道が続きます。「えっ、こんな所にパンダ?」
d0164761_13453945.jpg

  富士山が望めなくても、稜線からの景色は十分楽しめます。
  国道1号線のバイバスが伸びています。
d0164761_13454763.jpg

   安倍川と新東名です。
d0164761_14113989.jpg
 
  美しい茶畑です。
d0164761_13470466.jpg

  「福成神社」まできました。鯨ヶ池はもうすぐです。(ここまで私は3時間かかりました)
  ここは静かな鎮守の森です。
  かつて、武田の裏街道の宿泊所だったそうです。
d0164761_13471388.jpg

  下り道を下りきると、名残りの「ロウバイ」が待っていてくれました。
  3,4年前まではもっと大きな木だったのですが、刈り込まれて小さくなっていました。
d0164761_13472159.jpg

    今年も元気に歩きたいと思っています。
  


  

 


by miyamayoshi | 2019-01-09 14:30 | | Comments(8)

新春の伊豆 2019

 1月3日(木)晴れ
 我が家の新年の恒例行事の伊豆巡りは「金冠山」「大室山」「伊豆ベロドローム」です。

 まずは「だるま山高原レストハウス」の展望台からの富士山です。
d0164761_15103461.jpg

 ちょこっと登山は金冠山です。
 今年は暖冬なので、雪が全くないです。
 でも、いつもなら馬酔木の蕾がかなり膨らんでいて美しいのですがそれもなしでした。

 金冠山(816m)から見る富士山の美しさは定評がありますね。
d0164761_15110785.jpg

  次は伊豆高原の大室山を散策します。
  580mの山頂まではリフトで行く方法しかありません。
  お椀をふせたような柔らかな曲線のシルエットが美しい山です。
  リフトを下りると360度の素晴らしい展望が広がっています。

  やっぱり富士山は素晴らしい!!
d0164761_15113659.jpg

   山ばかりではなく海の景色も素晴らしい!! 
d0164761_15114305.jpg

  大室山は火山です。
  その火口の周りを歩く「お鉢巡り」は約1Kmです。
  この日は天気がよかったから楽しく歩けましたが、風が強かったり曇っていたら大変ですね。
d0164761_15115686.jpg

  噴火口跡はアーチェリー場になっています。  
d0164761_15120649.jpg

次は2020年東京オリンピックの自転車競技会場に決まった「伊豆ベロドローム」の見学です。
ベロドロームのベロ(Velo)はラテン語が語源のフランス語で自転車、ドローム(drome)はラテン語で競技場を意味するそうです。(ウィキペデイアより)
 
d0164761_15121919.jpg

  無料で中に入ることができ、練習を見ることができました。
d0164761_15122701.jpg


        伊豆は何度訪れても新発見がありますね。
 
 
 
 
 
 




by miyamayoshi | 2019-01-05 16:07 | おでかけ | Comments(10)

身延山(紅葉散策)

 11月17日(土)晴れ
 今年の紅葉はいつもより少し早いようですね。
 身延山もやっぱり終盤に近かったです。
 毎回参道を歩いて奥ノ院まで行っていましたが、今回は初めてロープウェイで行きました。
 自分の年齢を考えてみれば、時には身も心もゆったりしなければと思ったのです。
 2時間半の参道歩きもロープウェイなら何と7分です。(片道760円)
 
 山門裏側の駐車場からロープウェイ駅までは、紅葉を愛でながらゆっくり歩いて行きます。
 立派な三門です。裏側に廻ると紅葉が素晴らしかった!!
d0164761_10124867.jpg

  山門のすぐ近くにある「竹之坊」の紅葉は燃えるようでした。
d0164761_10125690.jpg

 西谷の坊付近の紅葉は終盤でした。
 斜行エレベーターで身延山久遠寺の境内まで行きます。
 立派な五重塔を見上げます。
d0164761_10130536.jpg

  まだ朝早い静かな境内に「冬桜」が咲いていました。
  枝垂れ桜のように華やかではありませんが、青空の下で冬桜は凛としていました。
d0164761_10131299.jpg

   
d0164761_10132650.jpg

  8時40分の始発のロープウェイに乗りました。
  身延山山頂の標高は1,153m、その高低差は763mと全国6位の高低差を7分です。
  途中で富士山が見える場所がありますが、ほとんどこんな山の中を走っています。
d0164761_10133439.jpg

  ロープウエイを下りた所にある展望台からの富士山の眺めは素晴らしいです。
d0164761_10134352.jpg

 日蓮が父母を偲んで建立したと言われる奥之院思親閣を参拝し、身延山山頂からは南アルプスを眺め、いよいよ紅葉散策です。
 ハイキング西コースは下り約2時間半で、三門まで歩きます。
 たしかに今年は台風の被害で枝葉が落ちてしまっているようでしたが、終盤とは言え美しい紅葉を見ることができました。
 下にあるお寺の境内には、台風通過後には山から落ちてきた枝葉が山のように積み重なっていたそうです。

 美しい紅葉を堪能してきました。
d0164761_10135527.jpg

d0164761_10140431.jpg

d0164761_10141275.jpg
d0164761_10142112.jpg

d0164761_10143396.jpg

d0164761_10144349.jpg

  眼下に久遠寺が見えてきました。
  あの大きなお寺の広い境内も山から見れば狭いように見えました。  
d0164761_10145242.jpg

   今年も楽しく身延山の紅葉巡りができました。
   ありがとうございました。

 

by miyamayoshi | 2018-11-20 11:22 | おでかけ | Comments(6)

竜ヶ岳

 11月11日(日)
 紅葉たけなわのシーズンです。
 今年も山梨県の竜ヶ岳に出かけました。
 天気予報では晴れマークでしたが、お日様はなかなか出てくれなかったです。

 キャンプ場の駐車場から出発です。            7:40
 キャンプのテントがたくさん張られていました。
d0164761_10021799.jpg

 今回も端足峠(はしたとうげ)経由です。
 本栖湖を見ながら林道を歩いていきます。
 林道沿いの紅葉は終盤を迎えていましたが、それでも十分に楽しませてくれました。
d0164761_10022591.jpg

d0164761_10023260.jpg

  30分程の林道歩きで登山口です。
  標識にはここから竜ヶ岳までは2時間という表示です。
d0164761_10024117.jpg

 端足峠までの登山道の紅葉、黄葉は素晴らしかったです。
d0164761_10024970.jpg

 
d0164761_10025840.jpg

 キャンプ場からの登山道は渋滞が発生するほど人気の竜ヶ岳ですが、端足峠から登る人はごく少数なので、静かでゆったりと歩くことができます。
 
d0164761_10030777.jpg

 峠から見える富士山を期待していたのですが、どんよりと曇っていて残念です。
 ちょっとの差で私は見ることができなかったのですが、一瞬顔を出してくれたのを連れが撮ってくれました。
d0164761_10031535.jpg

峠から竜ヶ岳までの道は晴れていれば、富士山と南アルプスが望めるのですが、この日はどちらもダメでした。ちょっと歩き難い道もあったのですが、今回はよく補修されていて感謝です。
d0164761_10032799.jpg

  竜ヶ岳の頂上はかなり賑わっていました。    10:20
  正面に大きく富士山が見えるはずですが残念。
d0164761_14250405.jpg

  でもありがたいことに一瞬だけ顔を出してくれたのです。
d0164761_14251562.jpg

  陽が出ないので気温が低く早々の下山です。
  山を下りながら見る富士山も雲の下です。
d0164761_14253272.jpg

 私の大好きな景色が現れてくると少し陽がさしてきました。
d0164761_14254444.jpg

 本栖湖が美しく見えるこの場所は、登りでも下りでも一休み。
d0164761_14255554.jpg

   湖を見て振り返れば富士山がまたちょっと顔を出してくれました。
d0164761_14270952.jpg

  下山   12:10

  駐車場で昼食を摂り、帰り道は国道300号を走りました。
  300号線沿いの紅葉は本当に素晴らしかったです。
  ほぼ終盤の紅葉でしたが、十分に楽しませてくれました。
  走る車の中からの写真撮りはなかなか大変でした。
d0164761_14272226.jpg

d0164761_14273031.jpg

d0164761_14273995.jpg

by miyamayoshi | 2018-11-14 14:52 | | Comments(12)

鳳来寺山(愛知県新城市)

 10月28日(日)晴れ
 鳳来寺山は1300年前に開山したという霊山で、古刹鳳来寺があり、紅葉の名所として名高く、「ブッポウソ~」(仏法僧)と鳴くコノハズクが生息していることで有名です。
 紅葉の追っかけが大好きな我が家ですが、鳳来寺山の紅葉はまだ2週間程早いのは承知で行ってきました。旬の紅葉の時期の混みあいを避けたので、「自然の宝庫」と言われている山の中を、ゆっくりと歩くことができました。
 表参道から歩いて行きました。表参道には若山牧水や松尾芭蕉などのオブジェがあったり、「鳳来寺山自然科学博物館」や硯石のお店があったりで、なかなか楽しく歩けました。

 有料駐車場(500円)に車を置き、まだ暗い中を出発  7:30
d0164761_14072661.jpg

  1425段で有名な階段を歩き始めてすぐ「仁王門」です。
d0164761_14073475.jpg

  しばらく行くと樹齢800年高さ60mの「傘すぎ」が現れます。
  山の中はまだ朝日が差し込まなくて暗い、この写真は帰りに撮りました。
d0164761_14074155.jpg

1425段の階段はこんなです。登りも下りも大変でした。
源頼朝の時代に造ったと言うのですから石を運びすべて人力で造った人達の苦労が伝わりますね。
d0164761_14074900.jpg

 階段を登り切れば「鳳来寺本堂」です。まだ誰もいませんでした。
d0164761_14075762.jpg

 本堂前からの眺望は素晴らしかった!!
d0164761_14080563.jpg

 本堂から奥之院に行き、瑠璃山、鳳来寺山山頂、鷹打場、東照宮と廻って本堂に戻るコースを予定していましたが、先日の台風による被害が大きくて、奥之院までは通行止めでした。それならば東照宮から瑠璃山まで行き、同じ道を戻るコースに変更です。

 「鳳来山東照宮」は日光、久能山とともに日本三大東照宮です。
d0164761_14081355.jpg

  東照宮から20分程歩くと「鷹打場」です。見晴らしのとてもよい場所です。
d0164761_14082569.jpg

  ここで「ヤマラッキョウ」の花がひっそりと咲いているのを見つけました。
  なかなか見ることができない花だったのでうれしかっった。
d0164761_14083325.jpg

鳳来寺山の山頂を目指して歩いて行きますが、所々色づき始めた木々を見ることができました。
d0164761_15252703.jpg

 
d0164761_15253702.jpg

  鳳来寺山山頂(684m)
d0164761_15255062.jpg

 こんな道も歩きました。ちょっと滑るようで怖いよ。馬の背と言うらしいです。
d0164761_15255912.jpg

 鳳来寺山の最高峰の瑠璃山です。(695m)小さな岩山なので見過ごし易いです。
d0164761_15261315.jpg

 天気がよくて、紅葉の旬の時期をはずしたので歩き易かったです。
 家族連れのハイキングコースと言われていますが、岩山なので歩き難い所が多々ありました。
 実は、20年前にも歩いたのですが、東照宮の前で写真を撮ったという記憶しかなく、1425段の階段歩きも忘れてしまっていました。  駐車場着(12:45)


  【お ま け】
  帰り道は新城市の「四谷千枚田」に寄ってきました。
  田植えの時期や稲刈りの時期の素晴らしさはありませんでしたが、美しい景色でした。
d0164761_15262568.jpg

d0164761_15263388.jpg




  

  
 


 

 

by miyamayoshi | 2018-10-31 15:48 | | Comments(6)

水ヶ塚から双子山

 10月21日(日)
 10月になっても不安定な天気が続いていましたが、この日は文句なしの秋晴れでした。
 今年もきれいな紅葉を見ることができたらいいなと思いながら、富士山の中腹の双子山まで行ってきました。

 まずは水ヶ塚駐車から須山口登山歩道を歩いて御殿庭下まで登ります。
 駐車場から見える富士山は凛とした姿でとても美しかった。
d0164761_13512432.jpg

  紅葉を期待したものの、歩き始めはなかなか現れてくれません。
d0164761_13513143.jpg

  時折ちらっと見える紅葉もありました。
d0164761_13513803.jpg

  かなり登って来ると、赤い実をつけた木々が現れました。
d0164761_13514603.jpg

  ミヤマハナゴケも見ることができました。
d0164761_13515581.jpg

  御殿庭下から御殿庭入口まで下っていきます。
  黄葉したカラマツ林を通るのが楽しみですがもう終盤のようでした。
d0164761_13520955.jpg

  天気はこれ以上ないほどの秋晴れです。伊豆の島まではっきりと見えました。
d0164761_13521826.jpg

 御殿庭入口の川原のような砂地に下りてくると宝永山が現れてきます。
 私の大好きな場所です。
d0164761_13522654.jpg

ここからは四辻を目指して歩いていきますが双子山が見えてきました。この景色も大好きです。
d0164761_13523751.jpg

  そして私の好きな場所、四辻です。
d0164761_13524688.jpg

今回は息子と一緒に歩いています。
一緒と言っても私とは歩く速さが全く違います。
いよいよ私が双子山に登る段になると、彼は上双子山へどんどん登って行くのです。
どうしても登ったことがない上へ行きたかったそうです。
以前私も登ったことがあるのですが、あまりにも急登でもう絶対にいやでした。
と言うわけでいつもと同じの下双子山へ登ったのですが、強風で長くはいられなかったです。

  下双子山からは富士山頂、宝永山、上双子山の素晴らしい景色が望めます。
d0164761_14233854.jpg

 そして、上双子山からは富士山頂と宝永山です。この景色を見た人は少ないと思います。
d0164761_14235152.jpg

 上双子山から下双子山にいる私達を撮ってくれました。(ドローンで撮影したみたい)
d0164761_14240884.jpg

  私は下双子山から下山している息子を撮ってみました。
d0164761_14241994.jpg

  四辻からは須山口下山歩道を歩いて御胎内で昼食です。そこで可愛いキノコをみつけました。
d0164761_14243246.jpg

 水ヶ塚までの帰り道では紅葉も楽しむことができました。
d0164761_14352261.jpg

d0164761_14371082.jpg

d0164761_14382469.jpg

  ぐるっと廻って5時間半、駐車場に着いてみると富士山の雪は少し薄くなっていましたね。
  素晴らしい秋晴れの中で、とてもステキな山歩きでした。
d0164761_14404835.jpg

  

  

 

by miyamayoshi | 2018-10-24 14:47 | | Comments(6)

山大好き!密やかに咲く山の花や、道端や花壇に咲く花にも心が癒されます。


by miyama
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る